2020年05月22日(金) 更新

就活の志望動機で「新しく挑戦したい」姿勢をアピールする方法~伝え方次第で人事からの印象は大きく変わる!

学生の時に新しく挑戦したエピソードは就活にも活かせる

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「あなたが「新しいことに挑戦した」と感じたエピソードを教えてください」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • テーマパークスタッフ
  • ラーニングコモンズのキャスト
  • インターン
  • 大学の学祭での生放送

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたが「新しいことに挑戦した」と感じたエピソードを教えてください」

就活生の多くが、新しいことに挑戦したといえるようなエピソードを持っているようです。「テーマパークスタッフ」などの学外活動や、「大学の学祭での生放送」といった学校生活での挑戦が大事な思い出になっている人も多いでしょう。仕事をする上でも、挑戦するという姿勢は大切です。この記事では、志望動機で「新しく挑戦したい」という姿勢をアピールする方法とポイントをご紹介します。

実際に新しい挑戦をした経験を語る

実際に入社してから新しい挑戦をして会社に貢献できると思わせることができれば、就活の面接でも効果的に働きそうですね。そのために、大学時代にサークルでもアルバイトでも新しい挑戦をして、うまくいった経験を語れば説得力が出てくるのではないでしょうか。
例えば、テニスサークルで画期的な練習メニューを考案して、挑戦したらいい成績が取れた話や大学の文化祭でそれまでの伝統のメニューを辞めて新しいメニューを売り出して成功した話など、実際にあなたが、挑戦して成功した話であれば、具体的にあなたのチャレンジ精神を伝えることは可能です。

新しいことに挑戦したい姿勢を志望動機につなげる

ただ挑戦したエピソードを就活の面接で話しても意味はありません。なぜ志望した企業で新しい挑戦をしたいのか、その新しい挑戦は企業にとって、どんな利益を生み出すのかを志望動機として伝えることが就活では必要になってきます。その部分をしっかりと志望動機として、違和感なく盛りこむように意識してみてください。

志望動機では挑戦の意欲ともに、好奇心旺盛な性格も

就活で志望動機を主張する際に新しい挑戦をしたい姿勢をアピールするのであれば、あなた自身が好奇心旺盛であることが伝わると非常に説得力のある話になります。
趣味が多い、いろんな種類の友人がいる、大学以外の活動をした経験があるなど具体的なエピソードで好奇心旺盛な性格をアピールし、どんどん新しい挑戦をしていける人材というイメージを持ってもらいましょう。

就活で効果的な志望動機を考えるためには

ただやみくもに好奇心旺盛なところをアピールしても、集中力がないと思われてしまう可能性もあります。
好奇心旺盛さと同時に継続して努力できるという面をアピールしたり、好奇心旺盛な性格な自分がどうしてその企業を志望したのか、どんな挑戦をしていくたいのかが、きちんと志望動機としてまとまっている必要があります。

あなたが好奇心旺盛であることが就活の場で効果的に伝わると、新しいことに挑戦したいという志望動機にも深みが出てくるのです。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

どのように挑戦したいのか具体的なアイデアを語る

就活の志望動機で新しい挑戦をしたい姿勢をアピールするなら、その裏付けとして具体的なアイデアを語ってみましょう。そのアイデアが実現不可能なものであってもやる気のアピールや挑戦することの意欲を伝えることができます。

営業職希望ならお客さんへの効果的な商品のアピール方法、技術職ならば周りとのコミュニケーションを取るためのうまい方法などです。実際に働いているわけではないので、実質的に役に立つアイデアになるかどうかはわかりませんが、あなたの挑戦意欲を伝えるいいアピール材料にはなります。

挑戦したい志望動機を考えるなら企業研究は必須

就活の志望動機としてこういう挑戦をしたいからという内容を伝えるなら、必ず企業研究をした結果とリンクした内容にしましょう。たとえ新しいアイディアをもって挑戦したい熱意を伝えたとしても、それが企業の方針に反していたらその会社には合わないとみなされ内定をもらうことは難しくなってしまいます。

受ける企業がどのような結果を求めているかを意識し、志望動機を考えてみてください。

就活の志望動機で挑戦したい姿勢を効果的に伝えれば内定は近くなる

就活の志望動機で、新しいことに挑戦したい姿勢をアピールする方法について紹介してきました。
どこの会社も、新入社員の若いアイデアや新たなチャレンジには期待しているはずです。
就活で志望動機を語る際に新しいことに挑戦したい姿勢を伝えられれば、好印象を与えることができるでしょう。そうすれば内定までの道は近くなります。志望動機を伝える際には自分の挑戦意欲が伝わるように頑張ってみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。