2017年11月13日(月) 更新

「学生時代頑張ったこと」を面接・ESで魅力的に自己PRする5つのコツ【例文あり】

就活生が思う頑張った経験

頑張った経験とはどういったものなのでしょうか?キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:自己PRの際に有効だと思うアピール経験(サークル、バイト、留学、インターンなど)は何だと思いますか?その理由と、あなたが自己PRで実際にアピールする経験内容を教えてください。

就活生の回答

有効だと考えるのは、バイトの経験だと思います。その理由は、大学生であればほとんどの方は経験があると思うからです。ほとんど経験してるからこそPRしやすい部分もあるかと思います。私の場合は、バイトでの売り上げ達成目標に向けて頑張ったこと(バイトリーダーとしての後輩育成)や自分自身の変化をわかりやすくアピールしていきたいと考えています。分かりやすく書くというのは、目標達成するまでの過程まで細かく記載することです。そうすることで、自分が入社した後にどれだけのことをやってくれるのかのイメージにもつながると思いました。

※上記は就活生から取得したアンケート回答を基に、編集部で独自に加筆した代表的な学生の声の一例です。

「学生時代に頑張ったこと」は最もよく聞かれる質問

調査方法:メールを配信して学生にアンケート 調査実施日:2017/1/18 投票数:1678

就活生を対象に1678名から集計したアンケートによると、「「学生時代に頑張ったこと」をどう伝えていいのかわからない?」という質問に対して、68.6%の人がYes、31.4%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ) 就活生の半数以上が、「学生時代に頑張ったこと」の伝え方について悩んでいるようです。しかし「学生時代に頑張ったこと」は就活中、最も聞かれる質問でもあります。しっかりと対策しておくようにしましょう。

「学生時代頑張ったこと」を面接で聞く企業側の意図とは?

面接官は自慢話が聞きたいわけではない

面接の採用担当者は、自己PRで「ただ学生時代頑張ったこと」や「自慢話」が聞きたいわけではありません。あなたが学生時代に何に情熱をもって取り組んだのか、そしてどんな困難を乗り越え、それによって何を得たのか、それを面接官は聞きたいのです。 この意図を理解していれば、より良い回答をできるようになるでしょう。「ただの自慢話」にならないように注意して下さい。

困難に対する就活生の人柄も見ている

面接官が知りたいのは、「学生時代頑張ったこと」の内容ではありません。「どんな風に考えているか?」「困難をどのように乗り越えたのか?」そして、あなたの人柄も見ているのです。一緒に働く人材を選考する上で、人柄は重要な判断材料になります。実際に人事がどのようなポイントに注目して「学生時代頑張ったこと」を質問するのか聞いてみました。是非参考にしてみて下さい。

人事の声

就活で人事が聞く質問はすべて『この子はウチで活躍出来るのか』を知ることが意図です。特に学生時代頑張ったことからは思考特性、行動特性を知りたいというのが人事の狙いですね。ですので、エピソードの特殊性は必要なく、「どんな経験」で「どんな努力」があって「何を学んだのか」を知りたいと思っています。

自己PRで「学生時代頑張ったこと」の書き方のコツ5つ

面接で「学生時代頑張ったこと」を聞かれるケースもあれば、エントリーシート(ES)や履歴書に書く場合もあるでしょう。その際には、より魅力的な回答にする書き方のコツがいくつかあります。 ここで紹介するコツをおさえておけば、ESで周りの就活生に差をつけることができるはずです。ポイントを見ていきましょう。

①:具体的なエピソードを添える

「学生時代頑張ったこと」を書く際には、「具体的なエピソードを添える」ように意識しましょう。なぜかというと、説得力が増すからです。 ただ「サークルで野球を頑張りました」とだけ書くよりも、より具体的なエピソードを添えた方が、「何を伝えたいのか」「どのような経緯で取り組んだのか」がはっきりするため、興味を持ってもらえる可能性も高まりますよ。

②:「なぜ取り組んだのか」を伝える

「学生時代頑張ったこと」を書くときは、「なぜ取り組んだのか」についても触れるようにしましょう。そうすることによって、あなたの人柄やアピールポイントが伝わりやすくなるからです。 「学生時代は留学をして、英語の勉強を頑張りました」よりも、「学生時代から英語に興味があり、現地で学んでみたいという思いから留学をしました」と答えましょう。この場合だと、「行動力がある」「向上心がある」と捉えられ、より評価されるポイントになるはずです。

③:「どのような成果を得たのか」を伝える

「どのような成果を得たのか」というのも、採用担当者が注目するポイントのひとつです。「学生時代頑張ったこと」から何を得たのかを述べると、より魅力的な回答になります。 また、どのような成果を得たのか伝えるときは、具体的な数字を述べるとより説得力が増しますよ。「他人から◯◯だと言われました」という言い回しも、客観性が増して良いエピソードになるでしょう。

④:ストーリー性のある構成にする

「学生時代頑張ったこと」について答えるときは、ストーリー性のある構成にするように意識しましょう。以下の6つの構成で物語を作ってみてください。

ストーリーの組み立て方

1.学生時代に何に取り組んだのか?(まずはリストアップする)
2.なぜそれに取り組んだのか?
3.目標は何だったか、困難があったか?
4.目標達成や困難を乗り越えるためにどうしたか?
5.結果はどうなったのか?
6.そこから何を得たのか?

この流れに沿って文章や話を構成すれば、「学生時代頑張ったこと」があなたの自己PRに早変わりします。支離滅裂な文章よりも伝わりやすいのですので、ぜひ意識して話を組立ててみて下さい。ガクチカ作成マニュアルを使えば、先輩たちの例文を見ながら作成することができますよ!

⑤:要点をひとつに絞る

就活の面接では、ゼミや部活、アルバイトなど、多くのことについて話すよりも、ひとつの話題を深く伝える方が面接の採用担当者の印象に残りやすいでしょう。 ゼミや部活など、話題にする項目の目途がついたら、そのひとつの内容をしっかり掘り下げて、「学生時代頑張ったこと」として自己PRにつなげられるよう意識して下さい。

上手にアピールするコツ

  • 具体的なエピソードを添える
  • 「なぜ取り組んだのか」を伝える
  • 「どのような成果を得たのか」を伝える
  • ストーリー性のある構成にする
  • 要点をひとつに絞る

「学生時代頑張ったこと」の例文①:アルバイト

「学生時代頑張ったこと」の例文①:アルバイト

私が学生時代に頑張ったことは、大学1年生の頃から続けていた飲食店のアルバイトです。居酒屋では幅広い年齢層の方々とコミュニケーションが取れる環境があり、そこに魅力を感じて始めたのがきっかけでした。実際にいろいろな方々のお話が聞けて、さまざまな意見や価値観を得ることができました。気配りも重要な仕事で、社会人として必要なふるまいも身についたと感じています。

「学生時代頑張ったこと」の例文②:部活・サークル

「学生時代頑張ったこと」の例文②:部活・サークル

私が学生時代に頑張ったことは、部活で取り組んでいたバレーボールです。体力面はもちろん、精神面でも非常に鍛えられました。チームワークが必要なスポーツで、メンバー全員で目標に向かった日々、心から信頼できる仲間は自分の宝物です。最後の大会では、格上だと言われていた相手に打ち勝つことができ、努力する大切さと全力を尽くす大切さを学びました。

学生時代に部活やサークルに情熱を注いだ人も多いでしょう。部活はまだしも、「サークルって就活の面接で取り上げていいの?」と不安な方もいるかもしれません。 結論からいえば、サークルも部活と一緒で、面接ではチームワークなどの面からアピールができますので、目的を持ってしっかり取り組んでいたのであれば問題ないでしょう。 また、部活やサークルでは忍耐力や協調性なども面接で自己PRできますので、「学生時代頑張ったこと」のひとつとして紹介するのは何も問題ではありません。

「学生時代頑張ったこと」の例文③:勉強

「学生時代頑張ったこと」の例文③:勉強

私が学生時代に頑張ったことは「勉強」です。具体的には、授業の予習・復讐、スケジュール管理を徹底して行い、難解でわからない問題に対しては積極的に教授へ質問したり、自分で図書館で調べたりしました。結果、日々の講義等に対して常に向上心を持って取り組むことができましたし、「自分で解決する癖」を身につけることもできました。

面接で「学生時代頑張ったこと」を聞かれたとき、勉強について自己PRする学生も少なくありません。「勉強」に関してアピールする際は、あなたが明確な目標を持ち、その達成に向けてどのように取り組んだのかを伝えるのが重要です。

「学生時代頑張ったこと」の例文④:研究室・ゼミ

「学生時代頑張ったこと」の例文④:研究室・ゼミ

私が大学生活で頑張ったことは、ゼミ活動です。ゼミの仲間と話し合いを重ね、色々な意見や価値観を交換してきました。自分がどう話せば相手に伝わりやすいのかを学べ、相手の意見を柔軟に受け入れる大切さを学ぶことができました。そうした能力は、社会人としてもとても役に立つだろうと思います。

多くの学生がゼミ・研究室に所属していますよね。あなたが1~2年をかけてゼミで頑張ったこととして、どのような事を専門的にゼミで学んだのか、その活動やゼミ内での役割などを切り口にアピールしましょう。 就活の面接では、ゼミを休まなかったことや、専門的な研究に励んだことなどを、学生時代頑張ったこととして面接で前面に押し出して下さい。

「学生時代頑張ったこと」の例文⑤:留学

「学生時代頑張ったこと」の例文⑤:留学

私が学生時代に頑張ったことは、留学です。子供の頃から海外に強い関心があり、小学校の頃から授業とは別に英語の勉強に取り組んでいました。高校生の頃はホームステイでオーストラリアへ、大学ではアメリカに留学をして、国ごとの英語の違いやコミュニケーションのとり方などを学びました。TOEICも900点まで取れるようになり、ネイティブの友人との会話に困ることもなくなりました。

海外留学は学生のうちしか経験できない貴重な体験ですので、就活の面接での自己PRでは、積極的に「学生時代頑張ったこと」としてアピールしましょう。面接官の気を引く話題になりますし、英語力というのは純粋に武器のひとつにもなります。 中には、学生時代に頑張ったことが思い浮かばない人もいるかもしれません。しかし、だからといって慌てる必要はありません!ポイントをおさえてれば、マイナスにならずに自己PRできるのです。

面接で「学生時代頑張ったこと」は要点をひとつに絞る!例文を参考に上手にアピールしよう

就活の面接で聞かれる質問のひとつ、「学生時代頑張ったこと」に焦点をあててみましたが、いかがでしたか? 学生時代に頑張ったことは、ゼミや部活、他にも探せば必ずひとつはあるはずです。就活生は今後の書類・面接試験に向けて、しっかりと対策していきましょう。アピールしたい項目は、ゼミや部活など、とにかく要点をひとつに絞り、物語構成にするのが大切です。 面接では、暗記した内容をそのまま喋るのではなく、あなたの言葉にしてしっかり話すのも大切になります。意識するだけで魅力的なエピソードに早変わりするので、しっかりと話の流れを考えて就活の面接で自己PRにつなげていきましょう!今後の就活の参考にしてみてください。

【大学3年生限定】”ガクチカ”が書けずに悩んでいませんか?【内定者の例文11選】

「学生時代に力を入れたことは何ですか?」

就活では必ずと言っていいほど聞かれる定番の質問です。就活でこの質問が重視されるのは、ポテンシャル採用と言われる日本の就活現場で、企業側が学生の入社後の姿を推し量りたいからです。
つまりこの質問に答えられなければ、選考突破は難しい。この対策マニュアルを使えば書き方、11個の例文を参考にしながら、自分らしいガクチカが完成するでしょう。一度仕上げておくとESに書けるだけでなく、面接で質問されたときも自信を持って答えられるようになります。

あなたの「ガクチカ」を作る!

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

  1. 電通/博報堂/NHK/朝日新聞社など内定者続出!広告・マスコミ業界志望者の必須の就活ツール!

    電通・博報堂・ADKなど大手広告会社への多数の進路実績と求人企業約3,000社の強力ネットワークが魅力。全国で広告業界の基礎知識から面接対策まで特別セミナーを開催。

  2. 自己PR、人事に作ってもらいませんか?特別な経験がなくても、「キミスカ」があれば大丈夫!

    自己分析にぴったりの適正診断ツールあり。インターン経験や就活実績を企業人事にアピール出来るので、自分の強みを活かせる企業からスカウトがもらえる!

  3. 大手・一流企業からオファーがもらえる!やることは・・・”質問に答える”だけ!?

    自己PRやエントリーシートは不要。質問に答えるだけでプロフィールが完成。みん就スカウト限定の特別オファーが届く。

  4. ANA・JALから内定をもらった人たちの志望動機が見放題?!人気企業に受かる志望動機を作成したいならコレで決まり!

    29,000社のリアルな企業情報が、”無料”で一度にチェック出来るのはみん就だけ。他では見られないリアルな就職情報が満載。

  5. 正しい自己分析、出来ていますか?今すぐにでも自己PRが作れる!50万人が使った適性診断ツール「AnalyzeU+」

    日清・カゴメ・旭化成など大手からベンチャーまで2170社を超える優良企業が登録中。写真や動画で自己PRが出来るため、ESや他社では表現出来ないあなたらしさを表現し、早期内定を掴もう!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【大手の実績多数】人事からフィードバックがもらえる!早期合同選考イベント@東京
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【大手の実績多数】人事からフィードバックがもらえる!早期合同選考イベント@東京

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.06.29 23:55 ...

【大手の実績多数】東京開催!人事からフィードバックがもらえる、早期合同選考イベント『JobTryout』をご紹介します。

34833 view

【採用枠100名以上!】秋採用中の優良求人を特別ルートで狙えるセミナー
  • 2018年卒
  • 就活セミナー

【採用枠100名以上!】秋採用中の優良求人を特別ルートで狙えるセミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.09.21 00:00 ...

18卒の就活生向けに、採用枠100名以上の求人を紹介するセミナーを開催!内定を狙いやすい以外にも多くのメリットも・・・

40779 view

【就活の軸をつかもう】客観的なアドバイスが嬉しい! 未来分析もできる自己分析セミナー
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【就活の軸をつかもう】客観的なアドバイスが嬉しい! 未来分析もできる自己分析セミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.09.13 12:00 ...

昨年大好評だった自己分析セミナーが今年も開催決定! 自分の軸を発見し、理想とするキャリアビジョンを描いていきましょう。

4990 view

もっと見る

おすすめの就活イベント