2019年09月20日(金) 更新

【就活で巻き髪はNG】女性が気を付けるべきヘアスタイルのマナー|ショート・ロング・ボブ

就活でパーマや巻き髪やカラーはどこまでOK?

パーマやカラーは不可

就活のヘアスタイルはストレートの黒髪が基本です。パーマや茶髪は不可です。ただ、茶髪の人が黒髪に戻すと、髪が不自然な黒になってしまうので注意しましょう。就活のために髪の色を戻したんだな、と思われてしまいます。できれば、髪の色は黒に近い茶色など自然な色にすると良いでしょう。パーマも緩めなら縛ってしまえばそれほど気になりませんが、極力ストレートな状態にしておくことをオススメします。

就活中は巻き髪もNG

コテを使って毛先の方だけ自分で髪を巻く「巻き髪」をする人もいますが、就活ではしないようにしましょう。かえってお洒落な髪型にすると、浮いてしまい、マナーが守れない印象を与えてしまいます。それよりもオンとオフを切り替えて、休日に巻き髪をした方が賢明です。

清潔感のある髪型を心がける

就活中は巻き髪、パーマ、カラーはしないようにしましょう。容認している業界や企業もありますが、ほんの一部です。就活中は清潔感のある髪型を意識しましょう。就活でカラーやパーマをしていると、不真面目な印象となる場合があるので注意が必要です。

好印象な身だしなみを考える

面接は第一印象が大切であり、身だしなみは大きな意味を持ちます。印象を良くするためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、スーツの着こなしやその他の小物選びも間違えないでしょう。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生はチェックしておきましょう。

就活中にロングヘアはどうまとめる?

サイドだけ残して垂らすのは×

就活において、就活生が目指す印象は「明るく清潔感がある人」です。そのために、髪が長い人は後ろでまとめる必要があります。サイドの髪だけ残して垂らした状態にしておく人がいますが、これは印象としてよくありません。スッキリ見せるために、後ろで一緒にまとめるか、長さが足りないなら耳にかけるなどして、耳が見える状態にしておくのがマナーです。

結ぶ位置が高すぎるとカジュアルな印象に

髪を一つにまとめるとき、結ぶ位置は意外と重要です。位置によって印象が変わってくるからです。ベストポジションは耳より下です。それより高すぎるとカジュアルなイメージになってしまうので注意してください。また、毛先がはねていたり、ボサボサしていたりするのは清潔感に欠けるので、きちんと整えておきましょう。

ショートやボブの場合は?

ショートやボブは寝癖が付きやすい

ショートヘアの人はそれだけでスッキリとしていて好印象ですね。業種によっては男性社会の職場も多々ありますから、そういったビジネスシーンにはぴったりかもしれません。しかし、寝癖がつきやすい髪型というのも事実。マナーとして無香料のスタイリング剤を使用し、寝癖はきちんと直しておきましょう。

ボブヘアはサイドの髪に気を付ける

ボブヘアは多くの人が選ぶ人気の髪型でもあります。ビジネスシーンでも無難な髪型と言えばそうなのですが、サイドが顔にかかりやすくなってしまう髪型でもあります。髪が耳にかけられれば、耳にかけますが、量が多くてサイドの髪が邪魔だと思ったら、ピンやシンプルなバレッタで留めたりしても良いでしょう。

就活中の女性の髪型は清潔感が大事!巻き髪・パーマ・カラーはマナー違反

就活では巻き髪やパーマ、カラーはマナー違反になります。また髪を巻く巻き髪も不要なオシャレですので、女性の方は就活期間中は控えるようにしましょう。ヘアスタイルのせいで落とされるなんてもったいないです。就活中はマナーを守った清潔感のあるヘアスタイルを意識しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント