2019年11月11日(月) 更新

就活で塾講師経験をより魅力的に自己PRする方法|【要点を押さえるだけで大きく変わる】そのポイントとは

塾講師の自己PRをするなら?

塾講師をしていた就活生が自己PRをするなら、どのようにおこなうのでしょうか。キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:自己PRでアピールできる能力としては何が挙げられますか?また、それを効果的に伝える方法としてどのように伝えるのがいいと思いますか?

就活生の回答

私が自己PRとしてアピールできる能力は、相手の気持ちを考えた言動ができるところです。こういった目に見えない部分をアピールするときほど、具体的な数字を用いた方がいいと考えています。私の場合だと、学生時代に塾講師をしていたので、「なかなか成績があがらない生徒に対して頭ごなしに怒るのではなく、なぜ上がらないのかやどうしたら上がるかを一緒に考えたことで学年10位以内に押し上げることができた」という感じでアピールすると思います。具体的な数値があった方が、企業側も評価しやすくなるはずですし、印象にも残るのではないでしょうか。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

塾講師の経験は就活にも活かせるポイントがたくさん

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「塾講師のアルバイト経験は就活でどう活かせると考えますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 言いたいことを明確に伝えられる
  • SPIの勉強がいらない
  • 予定管理
  • 人に教える経験をしてきたことなので他社に寄り添える、共感性は活かされると思う

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「塾講師のアルバイト経験は就活でどう活かせると考えますか?」

塾講師のアルバイト経験は、就活に活かせる点が多いようです。「人に教える経験をしてきたことなので他社に寄り添える、共感性は活かされると思う」などのように、自己アピールに活かすと効果的といえそうです。この記事では、塾講師経験を自己PRで活かすためのポイントや例文についてご紹介します。塾講師経験を通して、自分の魅力をアピールしましょう。

企業の求めている人材について研究することが大切

就活において、塾講師の経験をうまく自己PRできると、内定に近付くことができます。
ただ、塾講師をしていたというだけではアピールになりません。就活を有利に進めるのであれば、企業が求めている人材について研究し、その結果に基づいたアピールをする必要があります。

企業の求める人材を下調べする

就活において、「自分という商品をしっかりアピールして売り出す」ということが重要です。そのためには、自己PRで「企業が欲しい人材」であると採用担当者に印象付けなければなりません。
自己PRの内容を決める前に、企業が求める人材像を調べておきましょう。そして、塾講師をしていた経験の中で、最も仕事に活かせると感じられる能力を自己PRする必要があります。

自分のアピールポイントを明確にする

塾講師として働く中で身に付いた能力と、企業の求めている人材像を照らし合わせてみましょう。問題を努力や工夫で解決したエピソードや、就活が有利になりそうな能力を説明できるようにしておく必要があります。自己PRをより効果的にするために、自分の持っている能力についてよく考えていきましょう。

塾講師の経験でコミュニケーション能力を自己PRする

塾講師のアルバイトでアピールできる強みの1つに、コミュニケーション能力が挙げられるでしょう。塾講師は、生徒や生徒の保護者と常にコミュニケーションをとる必要があります。したがって、様々な年代の人と会話を交わしていくうちに、自然とコミュニケーション能力が高くなっていることがあるのです。より良い自己PRをおこなうために、コミュニケーション能力をアピールする方法についてみていきましょう。

簡潔かつ適切に伝える能力をアピール

塾講師は、限られた時間で生徒に効率よく勉強を教えなければなりません。そのため、プレゼンテーションの能力が磨かれている人も多いです。面接では、簡潔かつ適切に物事を説明することができるとアピールしましょう。面接時に、要点が分かりやすくコンパクトにまとまった発言ができると、より良い評価を得られます。

質問への対応力をアピール

塾講師として働くうちに、生徒からの質問内容や意図を即時に把握して、回答する能力が身に付いている場合があります。ポイントを踏まえて話す力が身についていれば、面接時もテキパキと質問に答えられるでしょう。無駄なく的確に質問に答えられれば、面接官から好印象を得ることができます。

目を見て話せば説得力がアップ

コミュニケーションは音声のみで行われるものではなく、その際の表情や仕草も重要です。
中でも「目を見て話す」は基本中の基本といえます。就活の面接などでは、緊張して相手の目を見れなくなる人もいるので、身に付いていれば自己PRでの心強い武器になるでしょう。

【ES・面接に完全対応】魅力的な文章が作れる自己PRジェネレータ

あなたの自己PRは自己満足になってませんか?
伝え方を間違えてしまえば、一生懸命考えた自己PRも残念ながら面接官には響きません…。そこで今回ご用意したのが穴埋め形式で文章力や論理力を完全カバーする「自己PRジェネレータ」。これを使えばロジカルに伝わる文章を素早く、かつ魅力的に作成することができるので、難関企業の書類通過率もグンと上がるはずです。

詳細はコチラ

就活で塾講師経験を自己PRできる例文

就活の面接では、実体験によるエピソードが「企業に貢献できるスキルや能力を持っている」というアピールをするためのカギになります。これから紹介する例文を参考に、効果的にアピールしていきましょう。

エピソード①人の成長に寄与する難しさと成果を自己PR

大学時代は塾講師のアルバイトをしていました。塾講師は子供が相手ですが、彼らにもそれぞれの考えや意志があり、どんな気持ちなのかを考えて接する必要があります。
子供だからという甘い考えで接するのは、かえって子供達に失礼だ実感しました。また、一人一人に個性や理解するスピードというものがあり、各々に合う接し方・教え方というのを学べる貴重な場でもありました。
それに加え、子供達の後ろには保護者の方がいらっしゃいます。私よりも当然、年上で社会人として経験も積んでこられた保護者の方と、子供達の学力の伸びや学習姿勢、進路について真剣に話す機会が多い事は、親世代の人達がどのような考えや意識をもってらっしゃるのか、塾講師だからこそ直に経験できてよかったと思っています。

エピソード②課題抽出と問題解決能力を自己PR

勉強嫌いの中学生の塾講師をしていました。
その中学生は成績が芳しくありません。そこで私は、なぜ勉強が嫌いなのかを知るところからはじめました。そして、学校の先生の話、クラスの仲間の話、クラブの話など、その中学生と話をした結果、勉強に興味を持てなくなった理由が学校の授業のスピードにあるとわかりました。自分が理解できていないのに、授業は先に進んでしまっていたのです。
そこで私は、その中学生の表情に注意しながら教えるように心がけました。少しでもわかりにくい表現をすると、表情は変わるものです。この点から私は、ただ単に解き方だけを教えるのではなく、まずは勉強に集中できる環境を作るのが大切であり、自分自身の価値観を押し付けた方法ではなく、対話の中から相手にとってベストな状況を作り出す大切さを学べました。

就活で塾講師経験を自己PRする際は「企業研究」と「成功エピソード」が効果的!

就活では、当然ながら「塾講師のアルバイトをしていました」と伝えるだけでは、効果的なアピールになりません。アルバイト経験から何を得たのか、塾講師としての能力を使ってどのように貢献できるのか、段階を踏んでしっかり自己PRしましょう。
ほぼ全ての企業が求めるコミュニケーション能力を鍛えられるのが、塾講師の良いところです。ただし、塾講師をしていたのにコミュニケーション能力が低い、という印象を与えてしまえば、大きなマイナスになる可能性もあります。しっかり準備をしていきましょう.

【面接対策におすすめ】サービス5選

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント