面接で「短所」を答える際に好印象を与えるコツとNG例4つ〜頑固・マイペース・優柔不断・心配性をプラスに変える【例文あり】

更新 / 599994 view

目次



「短所」を面接官が質問してチェックしている項目3つ

面接

就活で苦労しがちなのが面接ですよね。面接では、採用担当者からさまざまな質問がなされます。なかでも苦手意識を持つ人の多い質問が、「あなたの短所を教えて下さい」ではないでしょうか?
面接でこの質問をされた時、何も考えずに自分の短所を答えないほうがよいでしょう。面接官の意図、良い印象を与えるポイントを知っておくべきです。まずは、面接で短所を質問された時、どのような点をチェックされているのかを見ていきます。

面接で長所・短所を質問する理由

理由①:自分を客観的に見ているか

あなたの短所は何ですか?」と質問されたとき、面接官はあなたが「自分を客観的に見ているかどうか」をチェックしています。短所がない人間など、ほぼいないといってもいいでしょう。そんな中、「自分の短所はありません」と答えるような人がいたら、それは自分を客観的に見ていないという評価が下されてもおかしくありません。
仕事において、客観的に判断できないというのは致命的です。そうならないためにも、面接で自分の短所を聞かれた場合は躊躇せずに回答しましょう。

理由②:自分と向き合えているか

面接で自分の短所を質問されたとき、スラスラと回答できない場合は「自分と向き合えていないな」と思われてしまうかもしれません。就活では自分と向き合う時間、すなわち自己分析が大切です。自分の短所を言いよどんでしまう人は、自己分析が不十分なのではないでしょうか。今の自分と向き合い、自分の欠点を認めることも就活では大切な要素になります。

理由③:問題解決能力があるのか

面接で短所を質問されたとき、ただ自分の欠点を話すだけではいけません。面接官はあなたの問題解決能力もチェックしているのです。自分が話した短所に対して、どのような対処をしているのか述べましょう。問題解決能力は仕事をする上で必要な能力のひとつです。それをしっかりとアピールできれば、面接において他の就活生に差をつけることができるでしょう

面接官がチェックする項目

・自分を客観的に見ているのか
・自分と向き合えているのか
・問題解決能力があるのか


面接官が見ているポイントを知る究極の方法

http://go.careerpark.jp/l/204462/2017-01-25/5dq1v?kijinaka-kakutoku&acq065

あなたは能力や人柄だけではなく、身だしなみ、清潔感など様々な角度から見られています。評価ポイントを知るための最短距離、現役の面接官が使っているイマすぐ読める「面接評価シート」を公開しちゃいます。どうしても行きたい会社を受ける前の必読資料です!

面接で質問される「短所」に対するNG回答4つ

短所

面接で短所を聞かれたときの回答の中には、NGとなるものがいくつかあります。聞かれたからといって、正直に短所を答えればいいというわけではありません。これらを把握していないと、気付かないうちに自分の評価を大きく下げてしまう可能性があります。そうならないためにも、まずは面接で短所を聞かれた際に絶対にやってはいけないNG回答を見ていきましょう。

NGな短所例①:集中するのが苦手

面接で短所を聞かれたとき、「集中するのが苦手です」と答えるのはNGです。先ほども紹介したとおり、採用担当者はただ単にあなたの短所が知りたいのではなく、そこからさまざまな情報を読み取ろうとします。
仕事をする上で、「集中」できる能力は必須ですよね。例えば「私の短所は集中力が長続きせず、多くのミスをする点です。授業中にも集中力が無くてついつい友達とおしゃべりをしたり、他のことを考えてしまいます」と言ったとしましょう。これを長所と結びつけてアピールに繋げるのは難しいです。
ですので、仮に自分が「集中するのが苦手」という短所を抱えていたとしても、面接でそれを発表するのは避けたほうが良いでしょう。

NGな短所例②:自分に自信がない

自分に自信がありません」という短所を面接で答える就活生も多いです。しかし「自信がない」というのは短所とはいえません。おそらく、それは就活に臨む多くの学生に共通する気持ちでしょう。
ですので、自信のなさを短所としてあげても自己PRにつながるようなアピール効果は期待できません。
また「仕事に対して自信を持つ人」と「仕事に対して自信がない人」だったら、前者を採用したくなりますよね。このように、マイナスイメージに繋がる可能性もあるので自信のなさをアピールするのは避けましょう

NGな短所例③:協調性がない

仕事をしていく上で、協調性は絶対に欠かせない大切な要素です。その協調性が欠けていたら、採用担当者は「この人を雇っても大丈夫なのだろうか?」と不安になります。
今から一緒に仕事をしていく人を選ぶ中で、「協調性がありません」とアピールする人と一緒に仕事がしたいとは思わないでしょう。長所に繋がらない短所のアピールは避けた方がいいため、「協調性がない」という回答もNGとなります。

NGな短所例④:短所がない

短所を答えてマイナスイメージにつながるなら、「短所はありません」と回答しようと考える人もいるかもしれません。しかし、この回答が一番のNGです。「自分に短所はありません」と自信満々に答えても、「自己を客観的に見ていない」「自己分析をできていない」と面接官に評価され、大きなマイナスイメージがついてしまうでしょう。
「短所がないなんてなんて素晴らしい人材なんだ!」と思うほど採用担当者は単純ではありません。ですので、面接で「短所はありません」と回答するのは避けましょう

「短所」に対するNG回答

・集中するのが苦手
・自分に自信がない
・協調性がない
・短所がない


面接で短所を答える時のポイント5つ

面接

面接で短所を聞かれた際のNG回答を見ていきました。では、実際に短所を聞かれたらどのように答えれば良いのでしょうか?
短所がアピールポイントになったら、就職活動を有利に進められますよね。ここでは、面接で短所を答える時のポイントを5つ見ていきます。

①:短所で困ったエピソードを伝える

短所を聞かれたとき、ただ上記のNGポイントに気をつければ良いというわけではありません。志望動機や自己PRと同じで、短所にも根拠があるとより良いものになります
根拠のある短所にするためには、具体的なエピソードを一緒に述べるといいでしょう。その短所によって引き起こされた失敗などを話して下さい。そうすれば、説得力のある短所を伝えられるようになりますよ。もちろん、長所に繋げられるようなエピドードにしましょう。

②:具体的な対処法を述べる

エピソードを添えて短所を伝えるだけではありません。その短所に対して、どのような対処をしたのか具体的に述べましょう。
ただ短所を述べるだけでは、アピールポイントには繋がりません。「◯◯という短所がありますが、仕事では頑張ります」といった抽象的な言い方は避けましょう。具体的であればあるほど説得力は増します。

③:プラスになる面も伝える

面接で短所を聞かれたとき、気をつけなければならないポイントがあります。それは、「面接官にマイナスイメージを与えないようにする」という点です。短所を伝える際は、全体的にマイナスな言葉を使ってしまいがちですが、それだと良い印象を残すのが難しくなるでしょう。
同じような言葉でも、できるだけプラスの言葉に置きかけられないのか考えてみて下さい。全くマイナスな言葉を使用しないようにするのは難しいかもしれませんが、プラスの言葉を付け足すだけでも印象は大きく変わりますよ。

④:努力次第でカバーできる短所にする

­上記でも述べたとおり、面接で短所を伝える際は具体的な対処法を述べましょう。そのためには、努力次第でカバーできる短所でなくてはなりません。
絶対に短所を克服しなければならないというわけではありませんが、努力次第でカバーできたり他の長所で補えるようなものにすると、良いアピールができるようになります。自分の短所と向き合って努力している姿勢を見せれば、面接官に良い印象を与えられるでしょう。

⑤:応募する職種の適性から外れすぎないようにする

短所を述べるとき、応募する職種の適性から外れすぎないように注意しましょう。例えば、営業職を目指しているのにもかかわらず、短所で「コミュニケーションが苦手です」と言ってしまうと致命的です。
このように、その業務を行う上で致命的な欠点にならないような短所にするように心がけましょう。もし自分の短所が応募する職種において致命的なものになるのであれば、志望する業務を考え直すのもひとつの手です。

面接で短所を答える時のポイント5つ

・短所で困ったエピソードを伝える
・具体的な対処法を述べる
・プラスになる面も伝える
・努力次第でカバーできる短所にする
・応募する職種の適性から外れすぎないようにする


無料でいますぐ読める就活入門をプレゼント

http://go.careerpark.jp/l/204462/2017-01-06/5ccwm?kijinaka-kakutoku&acq093

就活はみんなが初心者。でも、大事なことを抑えているかどうかは大きく差がでます。 キャリアパークは、忙しい学生の皆さんの代わって、新卒の就職支援の専門家にコツを聞き『就活の始め方Book!』をつくりました。 無料ですので、プロのアドバイスを聞いてみることもひとつやってみてはいかがでしょうか。

面接で挙げられる短所①:頑固

頑固

面接で短所を聞かれたとき、「頑固」であるという性格を挙げる人が多いです。この「頑固である」という短所で回答するとき、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか?マイナスな言葉だけで表現するのではなく、「頑固」をアピールする際に活用できるプラスな言葉などを見ていきます。

「頑固」→「自分の考えを持っている」

頑固」だという短所は、「自分の考えを持っている」という長所に繋げることができます。「頑固」なのは、自分の考えを持っているという証拠です。確かに、自分の考えをなかなか曲げない「頑固」という特徴は短所となるでしょう。
しかし、具体的なエピソードを述べて「自分の考えを持っている」「意思が強い」などの長所につなげればアピールポイントになります。また、周りの意見を取り入れるように意識しているという点もアピールするといいでしょう。

短所で「頑固」と回答する際の例文

短所で「頑固」と回答する際の例文

私の短所は「頑固」な点だと考えています。私は、責任感が強く、他人に頑固な印象を与えてしまうケースが多いです。学生時代のグループワークの際に、研究する内容に関して話し合いをしましたが、私は譲れないどうしても研究したいテーマがあったので、メンバーを説得してそのテーマでレポートを作成しました。
もちろん、自分が決めたテーマなので責任を持って主導してグループワークを進めました。結果として成功をおさめることができましたが、今は周りの人たちの意見をしっかりと聞いて、常に協調性を持つことも心がけています。


面接で挙げられる短所②:マイペース

マイペース

面接でマイペースだという短所を挙げる就活生も少なくありません。「マイペース」を短所として挙げるとき、「私はマイペースなので周りと協力して仕事をするのが苦手です」というだけではアピールにはつながらないです。
マイペース」という特徴は、書き方によっては短所にも長所にもなり得るのでポイントをおさえておきましょう。

「マイペース」→「周りに流されない」

マイペース」という短所は、「周りに流されない」という長所につなげられます。「マイペースだから仕事が遅いです」ではなく、「マイペースで丁寧に仕事をできます」とアピールするといいでしょう。
周りに環境に左右されずに、集中力を維持して仕事の目標を達成できます」というアピールにもつながります。マイペースだからといって協調性のなさをアピールするのだけは避けて下さい

短所で「マイペース」と回答する際の例文

短所で「マイペース」と回答する際の例文

私の短所は、「何事においてもマイペース」だという特徴です。周りの環境に左右されにくいのですが、自分のペースで作業をする癖があるので、時には作業が遅れてしまうケースもあります。そのため、大学生の時にレポートを提出する機会があったときは早めに資料準備などに取り掛かり、期限までに完成させるように心がけました。
結果として、丁寧に時間をかけてレポートを仕上げられるようになりました。今後仕事をする上でも、早めに計画を立てて取り掛かるように意識することで、マイペースという短所を克服していくつもりです。


面接で挙げられる短所③:せっかち

せっかち

せっかち」というのも、多くの人が抱えている短所のひとつです。せっかちな性格は、仕事においてもミスを引き起こしやすくなるので、そのまま伝えるとマイナスなイメージを与えてしまうでしょう。ですので、良い印象につながるように伝え方を工夫して下さい。
以下で、「せっかち」という短所を面接でアピールする際はどのような言い換えなどがあるのでしょうか?

「せっかち」→「行動が素早い」

せっかち」という短所は、「行動が素早い」という長所につなげるといいでしょう。行動の早さをアピールできれば、短所を伝えてもプラスなイメージを残せます。
また、スピード感を持って仕事を進められるという長所にもなり得ます。このように、伝え方によっては大きなプラス評価を得られますので、意識してアピールするようにしましょう。

短所で「せっかち」と回答する際の例文

短所で「せっかち」と回答する際の例文

私は「せっかち」という短所があります。結果を急いでしまうため、小さなミスや見逃しがあるケースが多いです。学生時代にしていた接客のアルバイトでは、せっかちなため小さなミスが多くありました。
そのかわり、仕事を早く終わらせることができたので、その時間で最終チェックをして抜けがなくなるように心がけました。結果としてアルバイトの中でも中心となって仕事をさせてもらえるようになりました。


面接で挙げられる短所④:慎重

慎重

慎重」であるという特徴は、時には短所にもなります。ストーリーも考えやすいため、面接の時にこれを短所として挙げる人も多いでしょう。「慎重すぎる」という短所を述べるときにも、長所につなげるように意識しなくてはいけません。
慎重」だという短所は、それだけだと「判断に時間がかかりすぎる」という印象を受けてしまいます。どうすれば長所につなげられるのでしょうか?

「慎重」→「丁寧に仕事ができる」

慎重」だという短所は、「丁寧に仕事ができる」という長所につなげられます。仕事において丁寧に仕事ができる能力は大切なので、「慎重」は短所としても挙げやすいものだといえるでしょう。
伝え方としては、「丁寧に仕事ができる」という長所の度が過ぎた結果、「慎重すぎる」という短所が生まれるという流れで伝えられると自然にアピールできます。対処法としては、「周りの人に相談する」などが挙げられるでしょう。

短所で「慎重」と回答する際の例文

短所で「慎重」と回答する際の例文

私には「慎重すぎる」といった短所があります。慎重すぎるために判断が遅れてしまいがちになり、行動開始にも時間がかかってしまいます。このような性格になったのは、アルバイトで確認を怠ったためにお店に多大な迷惑をかけた経験があるからです。
このような失敗を繰り返さないためにも、慎重に作業を進めるように意識するようになりました。作業が遅れてしまわないために、周りに相談するように心がけています。


面接で挙げられる短所⑤:優柔不断

優柔不断

優柔不断な性格な人も多いですよね。これを面接時に短所として挙げる際は、どのようなポイントを意識すればいいのでしょうか?
物事を決めきれない」という優柔不断な性格は、伝え方によっては長所につながるのです。また、どのように優柔不断な性格を克服しようとしているのかも考えておきましょう。

「優柔不断」→「柔軟に対応できる」

優柔不断」だと、「物事を決め入れない」といった特徴があります。しかし、これは「柔軟に対応できる」という長所につながるでしょう。また、物事の判断をじっくりと考えることができるという長所にもなります。
対処法としては、「周りに相談する」「多くの意見を取り入れる」「情報収集を欠かさない」などの方法があります。これらは仕事においても大切な意識になるので、面接でアピールするように心がけてください。

短所で「優柔不断」と回答する際の例文

短所で「優柔不断」と回答する際の例文

私には「優柔不断」という短所があります。物事を素早く決めきれないため、作業が遅れてしまうケースが多々あります。大学時代も、レポートのテーマを決めきれずに、ここで多くの時間を費やしてしまった経験もあります。そのため、物事を決める際はなるべく多くの意見を取り入れたり、事前の情報収集を欠かさないように心がけています。


面接で挙げられる短所⑥:心配性

「優柔不断」と似たような短所に、「心配性」という特徴もあります。こちらもただ伝えるだけでは「仕事のスピードが遅い」「自分ひとりで判断しきれない」といったマイナスイメージを与えてしまうでしょう。
そうならないためにも、ある長所につながるような伝え方を心がけて下さい。

「心配性」→「正確な仕事を心がける」

仕事において、心配性な性格は「正確な仕事を心がけている」点にもつながります。これは大きなプラス評価になります。
また、心配症であるがゆえに失敗が少ないというのも、ひとつのアピールポイントとなるでしょう。準備を怠らない姿勢などもアピールできれば、逆に長所として自己PRできます。
このように、心配症という短所は伝え方によって長所にもなるので、しっかりと準備して面接に挑みましょう。

短所で「心配性」と回答する際の例文

短所で「心配性」と回答する際の例文

私の短所は「心配性である」という性格です。心配しすぎる性格なので、物事をひとつひとつ確認して進めなければ不安になってしまいます。学生時代にしていたアルバイトでは、仕事のミスの少なさを褒めてもらいましたが、どうしても作業スピードが上がらず注意された経験もあります。
ですので、事前に気になる点を確認しておき、いざ作業に入る時に不安にならないように努めました。結果として、正確に仕事ができるようになり、作業スピードも注意されなくなりました。


【自分の短所を聞かれる理由】就活の面接で好印象なエピソードの答え方

面接で短所を質問された時は具体的なエピソードを添えて対処法まで伝えると良い!

面接で短所を伝える際のポイントと例文を見ていきました。面接で短所を聞かれたとき、準備が不十分だと言い淀んでしまうケースも少なくありません。
]そうならないためにも、自分にはどのような短所があるのか自己分析を欠かさないようにしましょう。また、短所を伝えるときは、具体的なエピソードを添えて、対処法まで伝えられると自己PRにもつながります。
頑固、マイペース、慎重、せっかち、優柔不断、心配性など、それぞれの短所に合わせて例文をご紹介しました。これらの例文を参考に、自己PRにつながる短所を伝えられるようになりましょう。

ES・面接で差がつく短所と長所言い換えマニュアル

%e9%95%b7%e6%89%80%e7%9f%ad%e6%89%80 %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header

早速ですが質問です

「あなたの長所は何ですか?」
「長所を教えてください」

すぐに答えられますか?これはESや面接でよく聞かれる質問です。答えにつまる就活生もきっと少なくないでしょう。そんなときに役立つ、あなたの長所の見つけ方教えます。

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。