2016年11月25日(金) 更新

【内定に結び付ける!】OB訪問で良いイメージを与える3つの方法

OB訪問で内定に近づく方法1:事前準備を欠かさない

就職活動の時期には、同じに日に複数の会社を回ったりすることがあると思います。そこでやってしまいがちなのが、訪れる会社の事前準備を怠ってしまうことです。

企業知っておくことで好印象に!

就職活動中は忙しく時間にも追われるので大変ではありますが、OB訪問を行う際にも、必ずその会社がどんな会社なのか、既存のHPなどには一通り目を通しておきましょう。そして重要だと思うところは自分でメモをとってまとめ、お会いするOBの方についてもある程度把握した上でお会いするのが礼儀でもあります。

そこを怠ってしまってHPの目立つところに書いてあるような情報を質問してしまうのはあまり良い印象を残すことができません。逆に、HPを拝見したという話題を持てばそれは好印象につながります。

OB訪問で内定に近づく方法2:身だしなみや態度は徹底する

OB訪問においても身だしなみや態度のマナーを守るというのは基本中の基本です。しかしながら、連日の就職活動に疲れてしまったり時間に追われてついつい怠ってしまうことがあります。

悪印象を与えないようにチェックしましょう!

カッターシャツにアイロンがあたっていなかったり、靴が磨かれていなかったりするのは良くありません。もちろん、必ず見られるわけではありませんが、もし目に付いた場合に悪印象を与えるようなことは極力控えるべきです。

さらに、服装のしわなどは気持ちやお話を伺っている際の態度にも出やすいので気をつけて下さい。お話してくださっている時には目をみてお話を聞き、背筋を曲げたり背もたれにもたれたりせずにお話を伺うのが大事です。最初の挨拶や最後のお礼を含めた挨拶は笑顔で行い、最初と最後は必ず好印象で終われるように心がけましょう。

OB訪問で内定に近づく方法3:お話を伺う際にはメモをとる

OB訪問の場合、OBの方の勤務時間をいただいてお話を伺う場合が多いと思います。休憩中だったとしても、せっかくの休憩時間をいただいてお話を伺うのでいただいた時間に対しての敬意を払うことを忘れないようにしてください。

対話を大事にしたい場合は録音を

OB訪問でせっかくお話いただいている内容については、承諾を得た上でメモをとって聞くのが良いです。相手もメモをとって聞いてくれているとわかった方が自分の話に重みが増してしっかりと話していただけると思います。

もし、その場では対話を大事にしたいというこだわりのある学生は、録音を申し出ても良いかもしれません。しかしその場合は情報漏洩などにつながらないように必ず会社の方に状況を説明してお願いするようにするのが大切です。

OB訪問で内定に近づく方法に関するまとめ

OB訪問で内定近づく方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。せっかく時間を割いて訪れるOB訪問なら、好印象を残して終わり、内定に近づけたいものです。そのためにも、事前準備を欠かさず身だしなみや態度には十分気をつけてしっかりとお話を聞くようにしてください。
こうしたマナーをしっかり守ればより良い印象が残り、実際の就職試験のプラスになるはずです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント