2016年11月29日(火) 更新

インターンシップにおけるエントリーシートの自己PRの書き方

自己PRの書き方:体験談を盛り込んで書く

インターンシップのエントリーシートの自己PRの書き方として、最初に紹介するのは、体験談を盛り込んで書くという点です。どのような書き方でしょうか。

体験談を盛り込むと説得力が増す

インターンシップのエントリーシートの自己PRには、自分の体験談をもとに、自分をアピールしていくのが重要です。
考えてもみてください。やってもない、知りもしない、そのような状態にも関わらず、できます、やれます、という言葉ばかりを羅列した自己PRを読んでも、そこに説得力はまったくありません。ですので、その言葉が本気であったとしても、信じることなどできないのです。

体験談から共感をしてもらうのが狙い

自分にはこのような能力があるという点を、伝えたい場合は、それがどのようにして得られた能力なのかを、自分の体験談をもとにして記入したほうが、はるかに高い真実味を感じられます。
また同じような体験をしている人にとっては、エントリーシートなどにそのようなエピソードが書いてあると、共感を覚え、続きを読みたくなるのです。
ですので、インターンシップのエントリーシートの自己PR文を書くときには、体験をもとに書きましょう。

自己PRの書き方:論理的に書く

インターンシップのエントリーシートの自己PRの書き方に関して、次は論理的に書くという点が重要になります。どういう事なのか見ていきましょう。

論理的な書き方だと伝わりやすい

インターンシップにエントリーする際の自己PRは、その内容が論理的なものでなければなりません。
合格すれば、インターンシップとして同じ仕事場で働く訳ですから、論理的に物事を考える能力がない人を、相手はできるだけ雇いたくないのです。
自己PRの内容としては、これがあったからこうなった、複数の条件に当てはまるものがこれだった、というような書き方が、論理的な書き方だといえます。

論理破綻した書き方の文章はマイナス対象

つまり、何かの結果を書く際には、そこに至るまでの道筋を明確に示しておくということです。
もしも、このような部分で論理破綻した文章になってしまっていると、面接でも突っ込まれることになりますし、相手に良い印象は与えません。エントリーシートなどを書く際から、注意しておきましょう。

自己PRの書き方:必ず見直す

次に、インターンシップのエントリーシートで書き方のポイントとして、必ず見直すことがとても大事になってきます。そこに関して見ていきましょう。

書き方以前に誤字脱字があると印象が悪くなる

インターンシップのエントリーに失敗しないためにも、自己PRなどのような項目は絶対に何度も見直すようにしましょう。
誰もが多く失敗してしまいがち。
何度見直しても足りないくらいです。注意しておきましょう。
以外と、見直してないことで、間違いや誤字などがあっては印象が悪くなりますので、書き方以前に基本的な事はしっかりしておくべきです。

そのほかの自己PRで書く際の注意点

エントリーシートや履歴書に記載する自己PRには、注意しておかなければならない点が多くあります。そうしなければ、インターンシップに行くことができなくなってしまう可能性があるので、しっかりと確認しておきましょう。以下にまとめました。

5つの見落としがちな書き方をチェック

■矛盾を発生させない
■格言などを引用せず、自分の言葉を使う
■実績のない自信を書き込まない
■接続語を多用しすぎない
■センテンス(文)が長すぎるような、読みにくい文章は避ける

他にも注意するべき点は多くありますが、今回は見落としがちな点を挙げました。
特に接続語やセンテンスなどにおいては、かなり見落としがちで、誰もが多用したり、長くなったりしてしまうものです。
意識していないと、改善するのは難しいでしょう。

インターンシップの自己PRは書き方はシンプルかつ論理的に

インターンシップにおけるエントリーシートの自己PRの書き方についてみてきましたが、いかがでしたか。
上記で、紹介したようにインターンシップにおいてエントリーシートの書き方はとても選考においてとても重要ですので、あなたの想いがしっかりと伝わるように、魅了的なものにしましょう。
インターンシップに参加できるよう事前に準備しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント