2019年11月19日(火) 更新

会社説明会に参加する際の書類と印鑑について知っておきたいこと

交通費が支給される場合「印鑑」は必要か?

近年の会社説明会では応募者が面接会場まで行く際にかかった交通費が支給される時があります。その際、印鑑は必要でしょうか。

交通費を受け取るためには印鑑が必要

交通費をいただいた際の受領印に印鑑が居る事があります。おそらく印鑑が必要となるケースで考えられる理由としては、この理由が一番多いでしょう。せっかく交通費が支給されるのですから、印鑑を忘れて書類に押せず、交通費がもらえなかったということがないようにしましょう。

会社説明会の時は印鑑を持ち歩こう!

それに忘れてしまうと交通費がもらえなくなるだけでなく、会社の書類に持ち物として印鑑が記載されているのに持ってこないのは、社会人としてNGです。会社側に悪印象となりますので、忘れ物のないように気を付けましょう。会社説明会の時は書類などを入れる鞄を持ち歩くと思いますので、その中に印鑑も常に入れておきましょう。

個人情報取扱に関する書類に押印は必要?

会社説明会では履歴書や職務経歴書等、個人情報がたくさん書かれた書類を持参する場合がほとんどですので、個人情報の漏洩などがあると企業側にとっては大ダメージとなります。情報社会の世の中ですので、企業はしっかりとした情報管理が必須で、情報漏洩防止の書類を作成していることがあります。

個人情報取扱いに関する書類に印鑑が必要なケースも!

企業側では、会社説明会で提出された書類に記載されている個人情報を、面接や採用のため以外には使用しないという情報取扱についての書類を用意していることがあり、その内容について承諾するという意味で押印がいる場合があります。印鑑を忘れると履歴書等の書類が提出できない場合もあり、最悪の時は会社説明会に出席できなくなってしまうケースがありますので注意が必要です。

会社説明会後に即決採用となる場合に印鑑は必要?

会社説明会後が終わるとそのまま面接に移り、まれに即決採用となる場合があります。その際に印鑑は必要でしょうか。

即決採用では印鑑が必要!

即決採用の場合に備えて印鑑を持ってくるように言われることがあると思います。そのケースでは契約書へ記入・押印することとなり、印鑑が必要になります。即決採用になることはあまり多くはありませんが、地方部などの特に中小企業でまれに見られるケースです。応募者が少なかったり面接の結果特に問題がなく、非常に好印象だった場合などに即決採用されることがあるようです。

合同説明会に参加する場合のコツ

合同説明会に参加する場合は、効率的にブースを回って情報を収集することが大切です。効率的な回り方を知っておくことで、当日を無駄なく過ごすことができます。合同説明会を無駄なく過ごしたい就活生におすすめなのが「合説効率化マニュアル」です。無料でダウンロードできる上に、企業情報まとめシートや振り返りシートがついた【合説効率化シート】もプレゼントしています。ぜひ、合同説明会前に準備しておきましょう。

会社説明会に参加する際は鞄に書類と印鑑を忘れずに入れよう!

会社説明会には鞄の中に書類と印鑑を忘れずに入れておきましょう。会社説明会で印鑑が必要となる理由としては、交通費支給の受領印に使用する場合、個人情報取扱いに関する書類へ押印する場合、即決採用の際に契約書へ押印する場合などが考えられます。いずれにしても印鑑を持ってくるよう指定があった場合は勝手に不要と判断せず、忘れずに持参するようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント