2019年11月19日(火) 更新

女性が就活で好印象を与える眉毛のメイク術と整え方|その他の部分や髪型についても解説します

感情を表す眉毛は就活においてとても大切

眉毛は、感情を表す役割を持っています。眉毛がハの字になると「困った」や「悲しい」を表し、全体が上に上がると「嬉しい」や「幸せ」などの感情を豊かに表してくれます。就活や面接では、第一印象がとても大切です。面接が行われる部屋に入室したとき、目はにっこりと笑っていても眉毛が下がっていると、良いイメージになりません。初対面でも相手に好印象を伝えられるような眉毛とメイクが、就活ではとても大切といえるでしょう。

女性はメイクの仕方によって与える印象を変えられる

眉毛で与えられる印象が変わるとお話ししました。しかし、眉毛の形は人によって違うため、元から困り眉の人などもいるでしょう。そういった際に眉毛の印象を変えてくれるのが、メイクです。就活において、女性はナチュラルメイクをほどこすのがマナーです。その際に、良い印象を与えられる眉毛メイクをすると、面接で高評価を得られるでしょう。

就活女子の身だしなみを確認

就活中の女子の身だしなみやマナー、会社の選び方が解る女子学生必見の就活マニュアルをご紹介します。髪型やスーツのことはもちろん、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活で好印象を与えられる知的眉毛のメイク方法

以下では資生堂の「就活メーク」を基に、就活で好印象を与えるために知っておきたい、眉毛のメイク方法をご紹介します。就活で企業へ好印象を与えるためには、知的な眉毛が良いでしょう。眉毛メイクによって知的なイメージを与えるために、以下の手順を覚えておいてください。

①:眉山・眉頭の位置や全体的な長さを把握する

まずはブラシで軽く毛流れを整えてから、眉山・眉頭の位置を把握しておきましょう。落ち着いた印象を与えたい場合、眉山は目尻の上、そして眉頭は目頭の上を意識してください。この2箇所を平行に繋げて、眉毛を書いていきましょう。この際、眉毛が長くなりすぎないように注意です。小鼻と目尻の延長線上となる場所まで、眉山から下げて書いてください。

②:優しく軽いタッチを意識して眉毛を書いていく

眉毛を書く際には、薄すぎたり濃すぎたりしないように注意しましょう。アイブロウを用いて、軽いタッチで1本1本書いていくことを意識してください。特に眉頭は他の部分よりも薄く仕上げることがポイントなので、メイクしてるのが分かる程度でぼんやりと書くことがコツとなります。色は、顔を明るく見せるブラウンがおすすめです。優しく軽いタッチを意識して、丁寧に書いていきましょう。

③:ブラシで毛流れを整えて左右を調整する

最後に、眉毛用のブラシで再度毛流れを整えてください。毛流れが乱れてると、面接官によっては不潔な印象を与えたり、雑な人だと思われたりしてしまいます。最後まで気を抜かずに、しっかりと毛流れを整えて左右のバランスもチェックしておきましょう。もしもバランスが悪いと感じたら、鏡などを見ながら手直しをしてください。

メイク後は眉毛の形を整えておくとさらに好印象

上記では眉毛のメイク方法をご紹介しました。実は、メイク後に更に眉毛の印象を良くする方法として、毛の処理があります。こういった細かい部分まで気にしていると、更に綺麗な眉毛が作れるでしょう。ただ、この場合はあくまでも元の眉毛を活かすための処理です。必要以上に処理しないように気を付けてください。処理方法を以下でご紹介します。

はみ出た部分をカットすると綺麗な眉毛になる

メイク後に鏡を見てみると、はみ出たりチラホラと離れて生えたりしている眉毛があるのでないでしょうか。そういったはみ出た部分をカットすると、知的で好印象を与えられる眉毛ができます。カットする際には、眉毛用のハサミを使う方がやりやすいのでオススメです。また、眉毛用のコームで下向きに流した時にはみ出ている部分も、切っておいてください。そうすることでメイクした部分だけが残り、綺麗な眉毛ができあがるでしょう。

就活時の鏡チェックで眉毛が消えていたら書き足せばOK

メイクをしっかりと施して企業説明会や面接に行った際、トイレなどで鏡を見ると眉毛が消えている場合があります。そういった際には、その場で書き直すようにしましょう。片方の眉毛が消えた状態などが面接官にバレれば、細かい部分に気が回らない人と思われる可能性があります。軽くメイク直しができる程度の化粧品は常に持ち歩き、眉毛が消えていた場合には書き直すようにしましょう。

逆に濃すぎる場合はブラシやティッシュでオフ可能

眉毛メイクを初めてする場合、ついつい濃くなってしまうことは珍しくありません。また、急いで化粧をしたためについ、なんてこともあるでしょう。そういった際には、眉毛用のブラシで薄くすることができます。ブラシを持っていない場合は、ティッシュでも代替可能です。肌が赤くなってしまわないように、優しくこすって薄くしましょう。時間があるのなら、一度落として書き直すのも1つの手段なので、覚えておいてください。

就活メイク術では眉毛以外の部分も大切

これまで、眉毛に関する就活メイク術をご紹介してきました。そこで以下では、眉毛以外の部分の就活メイクで大切なポイントや、髪の毛のまとめ方をご紹介します。本ページでは眉毛を中心にご紹介しましたが、アイメイクやチークの与える印象も、就活ではもちろん大切です。メイクを行う際には、以下のポイントを意識しておきましょう。

明るい血色を意識したナチュラルメイクを心がける

就活メイクを行う際に意識しておきたいのが、「明るい血色」です。もともと血色が悪い人などは特に、そういった部分をファンデーションや下地でカバーしましょう。チークやリップは、ピンク・オレンジ系を選ぶと明るい印象を与えられます。アイシャドウは、マットで派手じゃない程度のブラウン系が好ましいです。全体的にナチュラルメイクを意識して、薄すぎ・濃すぎに注意しておいてください。

髪の長い女性はすっきりと1つにまとめておく

就活の髪型としては、おでこ・眉毛・耳を見せることがポイントです。そうすることで、表情を明るく見せることができます。また、お辞儀をした時に髪が垂れてくると、面接官に不潔な印象を与えてしまうでしょう。そのため髪の長い女性は、すっきりと1つにまとめておいてください。もちろん色は黒で、ピアスなどのアクセサリーははずしておくのがマナーです。

前髪は与えたい印象によってセットを変えると良い

就活で前髪をセットする際は、様々な方法があります。ふんわりとおろすことで女性らしさを出したり、きちっとうしろに流すことで仕事のできる雰囲気を出したりできるでしょう。また、ゆるく横に流せば大人っぽく落ち着いた雰囲気を出せます。前髪が長い、横髪が落ちてくるなどの場合は、黒の目立たないヘアピンでとめておきましょう。この際、ピンを見えないように隠せると更に良いです。自分が与えたいと思う印象に合わせて、前髪のセットを変えてみてください。

就活時の印象は眉毛によって変わる!女性ならではのメイク術を覚えておこう

本ページでは、就活時に好印象を与える眉毛のメイク術をご紹介しました。あわせて整え方や他のメイク術もご紹介しましたが、参考になったでしょうか。感情を表す眉毛は、就活においてとても大切なパーツです。そのためしっかりとメイクを施して、好印象を与えられる眉毛をつくりましょう。全体的に血色の良いナチュラルメイクを心がけて、髪の毛はまとめてください。ぜひ本ページを参考に、眉毛メイクを施してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【体育会系限定求人】特化型選考対策で最短2週間で内定が狙える!

    11/06 (11:00~12:00) オンライン(ZOOM、LINEテレビ電話等)

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】