2020年07月31日(金) 更新

【Webテストの中断はキケン】途中で終了しないためにしておくべき対策法

WEBテスト中断を防ぐために時間管理やネット環境の整備が必要と就活生は考えている

キャリアパーク会員の就活生を対象に「Webテストを中断しないためにはどんな工夫をすべきだと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 集中できる環境づくり。
  • 難しいと感じる問題にとらわれすぎない。
  • 時間に余裕を持つ
  • 早めの対策と、実際に受けておく経験が必要だと思います
  • 戻るボタンを押さない、必要以上にブラウザやアプリを開かない、ウイルスチェックなどをする

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「Webテストを中断しないためにはどんな工夫をすべきだと思いますか?」

WEBテストを受験する際に、テスト中に中断してしまわないよう、気を付けなければなりません。就活生の皆さんからいただいた回答からも、工夫が必要な点がいくつも挙げられており、集中できる環境をつくるなど気を紛らわすような状況にしないようにするとの意見や、焦ってミスをしないように時間認識に余裕を持たせるとの意見がありました。また、ネット環境やパソコンによる中断を防ぐための工夫を凝らすなど、その工夫も多種多様です。では、テスト中断の状況を防ぐためにどのような工夫を凝らせばいいのでしょうか。

Webテストは途中で中断すると再開はほぼ不可能

Webテストを途中で中断しないための注意点についてみていきましょう。一口にWebテストといっても、Webテスト業者が作成した汎用テストを利用する企業もあれば、自社独自で開発したWebテストを利用する企業もあり、Webテストの種類は様々です。そんなWebテストですが、一度でも途中で中断すると、ほとんどの場合は再開できません。

稀に途中で中断しても問題ない場合もある

そのため、途中で止めるとどうなるかもWebテストによって異なります。中には問題なく再開できてしまうWebテストもありますし、企業に問い合わせることで再開できる場合もあります。しかし、ほとんどのWebテストは途中でやめると、再チャレンジは不可能になっているでしょう。

受験環境をしっかり整えて途中中断による辞退を防ぐ

途中で中断して、仮に再開できたとすれば、とりあえず問題なく次の選考段階に進めるでしょう。しかし、もしかすると途中で止めたという情報が、企業に伝わっているかもしれません。そのため、途中で中断という事態にならないよう、事前に万全の受験環境を整えるのが大切です。有線LANか無線LANかどちらが適切なネットワーク環境か考えましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析による自己理解が必須です。自己分析を疎かにしていると、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。

My analyticsを使えば、質問に答えるだけであなたの強み・弱み・適職を見える化できます。
ぜひ活用して、就活を有利に進めましょう。

Webテストを途中で中断しないために推奨環境に沿う必要がある

どんなWebテストでも、必ず受ける推奨環境に関する記載があるはずです。その推奨環境でのみ、正しく動作するようにWebテストは作られていますから、推奨環境で受けるのは必須といえます。OSやネットワーク環境は何が適切なのでしょうか。無線LANはWebテストを受ける環境にふさわしいのでしょうか。

パソコンのOSやブラウザは最新版を使う

推奨環境には、使うパソコンのOSと、Webブラウザの種類・バージョンが記載されています。Webテスト次第で推奨環境は異なりますが、多くの場合はWindowsの最新OSで、Internet Explorerの最新版を使っておけば問題ありません。

最新版Windows OSはこちらのページからどうぞ!

インターネット接続は無線LANではなく有線の方が良い

最近は、無線LANを利用してインターネット接続している人が多いでしょう。無線LANはどこからでもインターネット接続できて便利です。しかし、できればWebテストを受けるときは有線LANを利用してインターネット接続しましょう。有線LANは無線LANに比べてインターネットの接続切れが発生しづらく、Webテストの中断が起こりにくいです。

WEBテストの練習に最適な問題集をプレゼント

Webテストの練習をするには、問題を多く解く必要があります。

そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。

こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。

分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

Webテストを受けるパソコン自体が正常に動作しなければならない

Webテストを途中で中断しない環境は、最新OSとブラウザ、ネットワークは無線LANではなく有線LANというのはおわかりになりましたでしょうか。しかし、いくら環境が整備されていても、パソコン自体が正常に動作する必要があります。

パソコンの「復元ポイント」の設定がおすすめ

パソコンを快適に使える状態を保つために「復元ポイント」を利用するのがおすすめです。万が一、パソコンに問題が発生した場合にこの復元ポイントを使うと、問題が起こる前の状態に戻してくれます。注意点として、あらかじめ、システム詳細設定のシステム保護から復元ポイントを作っておきましょう。そうでないと、問題が起こってからでは遅いです。

Webテストを途中で中断しないためには最新版のOSとブラウザを使い余計なソフトの起動は避ける

パソコンの能力は、ソフトを起動しているほど低下していきます。そのため、音楽再生をしたり、WordやExcelなどを起動させながらWebテストを受けてしまうと、パソコンの能力的な問題で、Webテストが正常に動作せず途中中断になってしまう場合があります。Webテストを受ける前に必ず、Webブラウザ以外の余計なソフトを終了させておきましょう。

Webテストを途中で中断しないための注意点についてまとめてみましたが、参考になったでしょうか。Webテストは途中で止めると、再チャレンジはできない場合がほとんどです。意図的に中断しないのは当然として、パソコンのトラブルで中断してしまわないように注意しましょう。
Webテストを受ける際に重要なのは、OS・ブラウザの推奨環境、インターネット接続環境、余計なソフトを起動していないかをよくチェックすることです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント