2019年11月25日(月) 更新

面接で重要な【元気・素直・明るさ】を表現する方法

面接では普段より明るく元気な印象を与えよう!

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「面接で「元気さ・素直さ・明るさ」をアピールするにはどんな方法があると思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • にこにこ
  • 笑顔と声のトーンを明るくすること。
  • はきはきとはなす
  • 大きな声でハキハキと答える。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「面接で「元気さ・素直さ・明るさ」をアピールするにはどんな方法があると思いますか?」

面接で「元気さ・素直さ・明るさ」をアピールするには、はっきりとした受け答えと笑顔が大切だと就活生は心得ているようです。「笑顔と声のトーンを明るくすること。」「大きな声でハキハキと答える。」など印象を良くするための振る舞いを知っておくことが大切です。この記事では、面接で重要な「元気・素直・明るさ」を表現する方法をご紹介します。

面接では『明元素』(明るく・元気・素直)を意識しよう!

面接では、多くの企業が学生に対して【元気・素直・明るさ】を求めている傾向があります。明るく、元気、素直は『明元素』とも呼ばれており、面接で重要とされることです。これを満たしておけば、面接を突破できる可能性が高いといえます。

実際、企業に入社した後も明るさ、元気、素直さといった明元素が重要視されます。スキルも重要ですが、会社の即戦力となるにはこういった明元素が最低限の条件だといえるのです。面接ではどのように【元気・素直・明るさ】を表現したらいいのでしょうか?

面接を突破するコツ①:明るさをアピール

就活の面接では、明るく元気な性格が長所としてアピールできます。やはり企業側も、暗い性格の人よりも、明るくハキハキと話す人の方を採用したくなるものです。

もしあなたがあまり明るい性格だといわれたことがない場合は、話し方を工夫してみてましょう。では、どうしたら明るくハキハキと面接で話せるのでしょうか?

面接では明るく大きな声ではっきり話そう

面接では明るくハキハキと大きな声で、はっきりとしゃべるようにしましょう。うつむくと小さなボソボソとした声になってしまうので、普段の声が小さい方は特に注意が必要です。笑顔を心がけ、いつもよりもワントーン上を意識して胸を張ってみるのが大事です。

そして視線は、きちんと面接官の方を向くようにしたほうが自信があるように見えます。明るくハキハキとした印象なら、「あなたとぜひ一緒に働きたい!」と、面接官に思ってもらうよう心がけましょう。

あなたの面接力はどのくらい?

明るさをアピールする際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接を突破するコツ②:元気な性格をアピール

面接では、特に元気な感じや活発的な性格も重要視されます。一方、病弱だったりおとなしすぎたり、下を向いて暗い感じでボソボソと話すようでは、面接は突破できません。いくら頭が良く学歴が高かったとしても、面接官に魅力的には思ってもらえないのです。

個人面接では、入室の際の「失礼します」の声からチェックされています。そのため気を抜かず、はっきりと大きな声で明るくしゃべるように心がけましょう。

常に笑顔を心がけて面接官に視線を向けると◎

面接は大変緊張するかと思いますが、常に笑顔でいることを心がけてください。笑顔を心がけると、自然に元気さをアピールできます。そうすると、面接官に好印象を残せますよ。

自分の紹介をする際にも、下を向かずに胸をはって元気に発言しましょう。また面接官が複数いる場合には、すべての人にまんべんなく視線を向けながら元気に話すことを心がけると良いでしょう。元気さをアピールするなら、常に笑顔で視線を意識してみてください。

面接を突破するコツ:③素直な性格をアピール

面接では明るく元気にハキハキと話すほかに、素直な性格の表現も大切です。特に新入社員は、素直さが重要視されるでしょう。なぜかというと、いくら頭が良い人材であっても、素直ではなく理屈ばかりいうような性格は社内で受け入れられにくいからです。理屈ばかり言う就活生は、社会人になっても仕事を教えるのが大変になるのです。

ましてや企業理念を無視するような性格であれば、大変です。なので、素直さを見られていると思っておきましょう。面接官はあなたの言動をチェックして、じっくりとみています。注意してくださいね。

面接で分からないことを聞くのはマイナスではない!

もし、面接で分からない言葉がでてきた場合、素直に「わからないので教えてください。」と、聞きましょう。逆に聞いた方が、素直で印象が良いのです。よく「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言いますよね。その言葉の通り、素直な性格は何にも代えがたい長所となるでしょう。

社会人になっても素直さは必要不可欠。初心を忘れずに素直な心を持ち続けてくださいね。

面接で「元気・素直・明るさ」をアピールするなら笑顔を心がけよう!

面接で重要な、元気さ、素直さ、明るさを表現する方法をご紹介しました。就活の面接では特に、元気で明るく素直である事が求められます。もしも、「あまり元気ではない」「明るく話せない」「素直になれるか自信がない」そんな方は、普段から笑顔でいる事を心がけてください。

笑顔は万能で、緊張をほどいてくれる効果もあるのです。緊張がほどければ自然と素直な自分をアピールできるでしょう。そして笑顔は明るく元気な印象を与えます。今回紹介したアピール方法を参考に、面接を突破しましょう!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。