2020年05月27日(水) 更新

エントリーシート(ES)の質問欄で「気になる事」を書く際のコツ

エントリーシートの自由欄で質問をしたことがありますか?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「エントリーシートの自由欄で質問をしたことがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「エントリーシートの自由欄で質問をしたことがありますか?」

エントリーシートには、自由記述欄が設けられているケースがあります。そういった欄はどのように使用するのでしょうか?アンケート結果を見てみると、自由欄で質問したことのある就活生はわずか9%になりました。「何を聞いたらいいのかわからない」「質問に関するマナーを知らない」と言った不安から避けているのかもしれません。 ここでは、エントリーシート(ES)の質問欄で「気になる事」を書く際のコツについて見ていきましょう。

エントリーシート(ES)の質問欄で内容に迷ったら?

エントリーシートは、別名ESとも呼ばれる履歴書のような書類です。このエントリーシート(ES)の質問欄においては、気になる事を質問して良いものか迷ってしまいますよね。自分が気になる事がくだらないと捉えられるのか、それとも良いと思われるのか、自分自身では非常に判断しにくいでしょう。

意欲を示す質問は印象としてプラスなので恐れずに書くべき

エントリーシートで気になる事を質問する際のコツは、「自分の意欲を表すこと」です。意欲をアピールするような質問をエントリーシートでするのは、企業へ対する印象としてプラスとなります。ですので、もしそういった質問がしたい場合には、恐れずに書いてみると良いでしょう。

会社の配属先に関する内容などだと意欲を伝えられる

会社について調べていく中で、どんどん気になる事はでてきます。例えば配属先について、「配属先は自分自身である程度の希望ができるのでしょうか」などの質問をすれば、意欲が伝えられるでしょう。エントリーシートの質問欄にこういった会社に関しての内容を記載すれば、「この子はもしかしたら入りたい部署がもう決まっていて、それくらい会社のことを調べたのだな」と思われ、好印象を与えられるのです。

エントリーシートの質問欄では得られなかった情報を聞く

エントリーシートの質問欄では、企業研究や説明会では得られなかった「気になる事」について聞くのも良いでしょう。たとえば、以下のものが挙げられます。

・「配属先が決まるのはいつくらいになるのか」
・「配属先は誰がどのようにして決めるのか」

こういった部分は気になるでしょうから、積極的にエントリーシートの質問欄に書いていきましょう。

質問欄に書いていいかどうか迷ったらアドバイスを求める

「これを質問すれば変と思われないだろうか」と気になるような質問もあるでしょう。そういった際には、親や就活を既にクリアした人からのアドバイスを求めてください。そうすれば、どこまで気になる事を書いて良いのかの判断がしやすくなります。自己判断で質問欄を書いてしまうと、失礼な内容を渡す可能性もあるので、気を付けてください。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

エントリーシートで絶対に書いてはいけない質問がある

いくら自分が気になる事だとしても、聞いて良いことと悪いことがエントリーシートの質問欄にはあります。例えば、一般的に考えても「それはくだらないであろう」と思われるような内容は、印象が悪くなるのでやめましょう。では、どんな質問がNGなのか、以下でご紹介いたします。

質問欄でNGな内容①:会社側が気分を害すようなこと

まず、会社側が気分を害するような内容を質問欄に書くのは、NGなので避けましょう。例としては、以下のようなものです。

・「お昼ごはんはお弁当を持って行きたいのですが、どこか食べる所はありますか」
・「御社の人間関係はどのような感じになっていますか」
・「給与はどれくらいですか」
・「残業はどれくらいですか」

特に給与や福利厚生に関してはとても悪い印象を与えますので、質問欄に書かないように注意してください。

質問欄でNGな内容②:HPを見れば分かること

また、会社のホームページに載っているような内容は、絶対に質問欄に書かないようにしましょう。「ホームページに書いてあるのに見ていないのか」と判断されてしまえば、エントリーシートの時点でマイナスイメージを与えてしまいます。気になった事がある場合は先にホームページでチェックしてから、エントリーシートの質問欄に記入しましょう。

質問欄でNGな内容③:書きすぎ

また、書き過ぎにも注意をしてください。エントリーシートの質問欄に書きすぎれば、会社側からは「うるさい」と思われてしまいます。ですので、ほどほどの量を質問欄には書くようにしましょう。気になる事がたくさんあっても、その中で特に質問したい内容をピックアップし、それ以外はその後の面などで聞くようにしてください。

聞いておくべき質問集を参考にする

聞くべき質問が思い浮かばない就活生も多いと思います。そこで活用したいのが「逆質問100例」です。こちらでは、一次面接、二次面接、最終面接の三段階にわけて逆質問を列挙しています。注意点やNG例も取り上げているため、マイナスの評価を防ぐこともできます無料でダウンロードできるので、エントリーシート用にいくつかピックアップしておきましょう。

記入なしでも問題ないがあった方が評価としては高い

もしエントリーシートの質問欄で気になる事がなければ、記入しなくても問題はありません。履歴書の志望動機とは違い、あくまでも「質問」なので、ない場合は仕方がないのです。しかし、やはり質問欄に記入のあったほうが、意欲も伝わり好印象を与えられます。ですのでできることなら、質問欄へは記入をしておきましょう。

エントリーシートの質問欄に「気になる事」を書く際は意欲を伝えてNGな内容に注意

以上、エントリシート(ES)で気になる事について質問する際のコツについてご紹介しました。エントリーシートは会社に入るための第一歩ですから、できるだけ良い印象を与えたいものです。意欲を伝えようとエントリーシートの質問欄を書きすぎると、悪い印象を与えかねません。ですから、気になる事をエントリーシートに書く際は、ピックアップして内容にも注意しながら書くようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】