2020年06月25日(木) 更新

就活でアルバイト先に在職証明書を依頼する際の注意点|慌てず対応するための予備知識とは

ほとんどの就活生が在職証明書を取得した経験がない!

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「アルバイト先から在職証明書を取得したことがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。 キャリアパーク会員の就活生を対象に「アルバイト先から在職証明書を取得したことがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。


  • ない

  • ないです

  • ありません

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「アルバイト先から在職証明書を取得したことがありますか?」
アンケート結果を見て一目で分かる通り、ほぼすべての就活生がアルバイト先に在職証明書を取得した経験が「ない」と回答しています。 つまり、いざ在職証明書を企業から求められたら、どのようにすればよいのか分からず、焦ってしまう可能性もあるということです。そこで本記事を読んで、いつ求められても対応できるようにしておきましょう。

就活や転職では提出書類を多く求められる

就活をする場合には、さまざまな書類の提出が求められます。新卒の就活であれば、エントリーシートを提出するのが一般的でしょう。
また、既卒であれば履歴書や職務経歴書の提出を求められます。場合によっては、勤務経験のある企業の在職証明書の提出が義務付けられる場合もあるので、早めに準備を進める必要があるのです。

あらかじめ就活に必要な書類を確認しておく

就活で企業に応募をする段階、面接を受ける段階になってから書類を用意するのは大変です。提出する必要のある書類は、急に決められるものではなく、あらかじめ決まっているため、事前にどのような書類が必要になるのかを確認しておきましょう。履歴書や職務経歴書のように自分で作成する書類であれば問題ありません。しかし、在職証明書のように請求が必要となる書類は、準備に時間がかかってしまいます。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

在職証明書はアルバイトでも提出を求められる場合がある

在職証明書は、アルバイトという経歴であっても提出を求められる場合が多いです。例えばあまりに経歴が多い場合などは、事実かどうかの確認のために求められます。
また、内定先によっては、在職証明書と同じ効力を持つ「退職証明書」の提出を求められる場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。

在職証明書はアルバイト先に早めに請求する

アルバイトを辞めた後に長い時間が経ってしまうと、自分が働いていた頃とは担当者が変わってしまう可能性があります。アルバイト先の担当者が変わっていると、就活で使う在職証明書の発行に必要なさまざまな確認に時間がかかってしまうでしょう。就活のため在職証明書を発行してもらいたい場合は、早めにアルバイト先に請求することが大切です。スムーズに在職証明書を発行してもらうためには、確実に本人確認ができるように準備しておく必要もあります。

アルバイト経験をきちんと整理する

正社員としての職歴を正確に把握している人は多いですが、アルバイト経験については把握しきれていないことがあります。しかし、就活を進める上では、アルバイト経験も重要な意味を持っています。
きちんと経験を整理して、確実に説明することができるように準備をしなければなりません。ある程度の期間の勤務経験があるアルバイトは、アピール材料になるのです。

アルバイトへの在職証明書の対応は企業によって異なる

在職証明書は、本来どのような正社員やアルバイトといった雇用形態に関わらず発行してもらえます。しかし、企業によっては、正社員に限定して発行するケースもあるため、注意しなければなりません。
アルバイトとして就業していた場合は、就活のためどうしても在職証明書が必要だという旨をきちんと説明して、担当者に理解を求めなくてはいけません。

発行された在職証明書はきちんと管理する

就活で使う在職証明書などの書類は、何度も発行してもらうことはできません。また、頻繁に請求すると元アルバイト先の担当者の負担が大きくなってしまうので、一度で請求を済ませる必要があります。何通が必要なのかをよく考え、発行された在職証明書を適切に管理しましょう。

就活のために過去のアルバイト先の在職証明書が必要な場合は早目に請求しよう

在職証明書のアルバイトが必要になるケースは多くありませんが、まったくないわけでもありません。就活で必要になるのですから、書類の提出期限までに揃える必要があります。また、元アルバイト先の担当者にも都合があるので、できるだけ繁忙期を避けて在職証明書を請求するように心がけましょう。
ただし、絶対に期日までには在職証明書を手に入れられるようにしてください。就活では、時に強引さも大事です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント