2021年09月24日(金) 更新

アパレル業界のインターンに好印象な服装の着こなし方【ファッション】

アパレル企業のインターンシップへの参加経験がある就活生は少ない!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「アパレル企業のインターンシップに参加したことはありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

アンケートの結果から、アパレル企業のインターンに参加したことがある学生は少ないことが分かりました。
しかし、中にはアパレル業界を志望してインターンに参加し、「ある!」と答えてくれた就活生もいます。販売職やプレスなど、アパレルといってもインターンでおこなう業務内容は様々です。そこで気になるのが、「どんな服装で行けばいいのか」でしょう。

こちらの記事では、これからインターンに参加しようと思っている学生に、アパレル業界のインターンに着ていく洋服の着こなし方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アパレルのインターンにおける私服ポイント

アパレル・ファッション業界のインターンシップに参加する場合、私服を指定される場合があります。

このようなケースでは、単に社風が私服OKだから、というわけではなくて、参加者のファッションセンスを見られている可能性があるのです。アパレル業界のインターンでの私服は何を基準に選んだらいいのでしょうか?

ブランドのテイストに合わせた服装を

アパレル・ファッション業界のインターンの服装で私服指定があった時には、まず、インターン先のブランドやファッションのテイストをチェックし、それに合わせた服装を選ぶと良いでしょう。

ナチュラルテイスト、カジュアルテイスト、フォーマルブランドなど、ブランドの特色に合わせた服装ができていると、企業側もあなたが職場で働いているイメージをしやすいためです。

私服センスに自信がない場合は、先輩社員の真似をしよう

自分のファッションセンスに自信がない場合には、すでに働いている社員の服装を参考にしましょう。採用担当者も、自社の社員がどんな洋服を着て働いているのかを思い出します。

そこに自分のイメージもマッチさせると、自分がその職場で働いている姿をより想像しやすくなるのではないでしょうか。

12月中に「自己分析」をしないと、就活の失敗に繋がる

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、企業選びに失敗してしまいます。そうなると、入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性を正しく診断できます。

いますぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

アパレルのインターンで着る服装の注意点とは?

多くの人がついやってしまいがちな、インターン先のブランドで固められた"ガチガチな"コーディネート。実はNG行為なのです。

アパレル・ファッション業界のインターンシップに参加する際は、私服で気合が入る人も多いですが、かえって悪い印象を与えないように、注意点をおさえておきましょう。

ガチガチコーデはNG!着回し上手を目指そう

アパレル・ファッション業界のインターンで陥りがちなミスは、インターン先のアパレル企業のブランドの服で頭のてっぺんから足の先まで固めることです。

あなたとしてはインターン先の企業のブランドに対する愛着をアピールするつもりでも、企業側としては全く面白味がありません。露骨なおべっかは相手に不愉快を覚えさせる場合もあります。

私服指定の際は、インターン先のブランドの洋服はできるだけ控えた方がいいでしょう。

着回しのきくアイテムを用意すると評価も上がりやすい

また、アパレルでのインターンが長期間にわたる場合、毎日服装を替えていたら洋服代がかさんでしまいます。

インターンが始まる前には着回しのきくファッションアイテムを用意しておきましょう。着回しの上手な人はファッションセンスの高い人と認識されるため、企業側の評価も自然と高くなります。

アパレルのインターンでおすすめのコーディネートのコツ

私服での勤務に抵抗があったり、ファッションセンスに自信がない人は、無難な"鉄板コーディネート"がオススメです。味気ない無地のリクルートスーツ…というのでは、ファッションに対する熱意や気持ちも伝わりづらいですから、少しでも「ファッションが好き」という気持ちが伝わるようなコーディネートを意識してみましょう。

ジャケット活用でカッチリしつつもオシャレに

私服といっても大学に着ていくような服装で会社に行くのは抵抗があるという人や、インターン初日で自分以外のインターン生がどんな格好で来るか分からないので悪目立ちしたくないという場合には、スーツを基本にしたスタイルで行くのがオススメ。

男性のコーデ:シャツの色や柄に自分らしさを入れると◎

男性なら、シャツにジャケットというスーツと同じスタイルをベースに私服をコーディネートしてみましょう。シャツに柄物を取り入れたり、いっそTシャツにするなどして、自分なりの私服スタイルを作ってみてください。

女性のコーデ:明るめジャケットorデザイン性のあるブラウスを

女性なら、ジャケットを白やピンクなど明るめの色にしたり、下に着るブラウスをリボンタイやフリル付きなどデザイン性の高いものにすると、リクルートスーツの装いとは印象がガラリと変わります。

またワンピースもオススメ。上品さとスーツにはないカジュアルな雰囲気を同時に出すことができます。靴を黒のパンプスではなく、白など明るめの色に変えてみてもいいかもしれません。

アパレル・ファッション業界のインターン参加時に私服を指定されたら、好印象を与える服装を!

アパレル・ファッション業界のインターンシップで私服の指定をされた時は、あまり難しく考えず、企業側に自分のセンスや個性をアピールするチャンスだという気持ちで臨んでみましょう。

また、スカートの時はストッキングを履く、メイクやヘアスタイルは清潔感を意識する、など私服であっても社会人として最低限のマナーを守った身だしなみを心がけましょう。服装については、マナーを守る部分であり、かつ自分をアピールできるチャンスでもある、という考え方をしてみてくださいね。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント