2016年11月29日(火) 更新

インターンシップが就職活動に及ぼす影響

インターンシップが就職に及ぼす影響①:顔を覚えてもらえる

インターンシップに参加をすることで、企業の担当者に顔を覚えてもらえます。印象に残すことができれば、それだけでも多少は就職に有利になります。顔を良い意味で覚えてもらうには、インターンシップ中は積極的に行動をしつつ、自分で工夫をして与えられた業務を効率化させていくことが大切です。また、個性を出すことでより強い印象を残すことができます。

インターンシップで積極的に行動ができるよう事前準備は入念に

インターンシップ中の行動次第で、就職に与える影響が変わります。どれだけ事前準備をしたかによって、インターンシップで積極的に行動をして顔を覚えてもらえるかが決まるので、社員インタビューの質問内容や、業務に対する工夫の心構えを知っておくなど、就職に良い影響を与えるためにも、しっかりと準備をしておきましょう。

インターンシップが就職に及ぼす影響②:実力や能力の高さを示せる

インターンシップは、企業に自分の実力を示せる非常に貴重な機会です。能力の高さをアピールすると共に、適性があると判断してもらえれば就職に非常に良い影響を与えます。そのためには、与えられた仕事をこなすだけではなく、効率化をさせると共に、自分から積極的に仕事を貰いに行く姿勢が必要です。協調性も求められるので、積極的に行きすぎずに様子を伺いましょう。

インターンシップ期間が長いと評価の機会も多いので採用に影響する

インターンシップの実施期間が長ければ長い程に、企業にしっかりと評価してもらえます。自分の良い部分も悪い部分も見られることになるので、必ずしも就職に良い影響を与えるとは限りませんが、評価をしてもらう絶好の機会になります。他の企業のインターンシップへの参加を諦めてまでして、長期のインターンシップに参加するのであれば、それだけ高評価を貰える準備をしっかりしておくことが大切です。

インターンシップが就職に及ぼす影響③:期間が長いと気が抜けてしまうので裏目に出ないように

インターンシップに参加することで、評価をしてもらえますが、それが逆に裏目に出ることもあります。ついうっかり、休憩時間にマナー違反なことをしてしまい、それを見られた場合には、それだけで選考の対象外になってしまう可能性があります。これは、インターンシップが長引けば長引く程に気が抜けてしまい、こういったことをしてしまうので、最後まで気を抜かないことが大切です。

就職に良い影響を与えるかどうかは自分次第

インターンシップに参加して、就職に良い影響を与えるかどうかは自分次第です。事前準備を怠れば、それだけ失敗する可能性が高まります。予め、インターンシップの内容を把握しておいて、イメージトレーニングをしておきましょう。企業の採用担当者と顔を合わせるだけで緊張してしまうこともあるので、精神面を整えましょう。

インターンシップ参加の際は就職に良い影響を与えられるよう事前準備をしっかりと

インターンシップに参加する際には、就職に良い影響を与えることを目的とすることが大切です。そうすることで、よりインターンシップへのモチベーションが上がり、高評価を得ることに繋がります。そして、事前準備をしっかりとしておき、イメージトレーニングもしておくことで、比較的緊張せずに参加できて、就職に良い影響を与えるだけの高評価を得られます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント