2016年11月29日(火) 更新

グループワーク(GW)が就活で行われる目的と評価を得るコツ

グループワーク(GW)を行う目的は就活生の能力判断のため

企業が就活でグループワークを行う目的は、就活生の協調性やコミュニケーション能力、積極性、論理的思考力、人の意見を聞き入れる器を持っているかなどの能力を判断し、評価するためです。

これらの能力は面接では知るのが難しいので、面接を行う前の評価としてグループディスカッションが行われます。この目的を知った上で高評価を得るための対策をしていきましょう。

企業によって見る項目・行う目的が多少は異なる

グループワークが行われる基本的な目的は共通していても、見られる項目は多少異なります。企業によっては、論理的思考力をより掘り下げて見られるなど、リーダーシップを発揮する人物を高く評価するなど、企業によって様々な評価基準が設けられています。

事前に企業研究を行い、求められる人物像から、グループワークが行われる目的を把握しましょう。

グループワークで評価される部分は結論に至るまでの過程

グループワークで企業に見られている部分は、結論ではなく結論に至るまでの過程です。結論に至るまでにどの様な姿勢で人の話しを聞いているのかということや、議論の進め方を見られています。

一人だけ目立とうとして、人の意見を途中で遮るなど、他の人とは違う視点を持っていることをアピールしようとするあまりに、結論が出そうなタイミングで流れを断ち切るなど、チームのことを考えていない行動は、返って評価を下げる事を覚えておきましょう。

グループワークではアイデアを積極的に出すことが先決

グループワークを行う企業側の目的は、面接では知れない就活生の人柄や能力を見る事です。積極的にアイデアを出さなければ評価をしてもらえませんので、議論が始まったら、とりあえず積極的にアイデアを出していきましょう。

ブレインストーミングの時間は、そのアイデアが多少理に適っていなくても、とりあえずアイデアを出すのが大切です。

グループワーク(GW)の目的を知った上で対策を立てるのが評価を得るコツ

企業が就活生に向けてグループワークを行う目的を把握したら、企業から高評価を得るためにはどのように行動すればいいのかを、よく考えて対策を立てましょう。

協調性を示すのであれば、個人ではなくグループとして協力する姿勢で参加するなど、人の意見を否定せずに相槌を打ちながら聞く方法などが挙げられます。企業が行うグループワークの目的を知った上で対策を立てて、企業から高評価を狙いましょう。

グループワークでは協調性や積極性を示す

グループワークでは役割分担をして進める事になりますが、進行役であればリーダーシップを発揮できるチャンスです。また、監視役であれば、テーマから話しが逸れた際に速やかに元の話しに戻すことで、常に冷静に周りを見ている姿を示せます。

それぞれの役職の仕事を活かして、特定の能力に特化していることを示しましょう。それに加えて、協調性や積極性を示すことで、総合的に企業の採用担当者から高評価を得られるようになります。

グループワーク(GW)を行う目的は就活生の評価のため!アイデアを積極的に出すなどで対策を

グループワークが行われる目的と、企業から評価を得るコツについてご紹介しました。グループワークを行う企業側の目的を知ったら、それに合わせて行動する事が大切です。

見られる能力や性格において、企業から高評価を得るための行動を取る事で、企業としてもその就活生を評価しやすくなります。

グループワークでは、企業側の目的を達成してもらうためにも、積極的に発言をする事が求められますので、緊張してしまって黙り込んでしまうのは避けましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】