2016年11月29日(火) 更新

自己PRを就職活動資料の見本通りに書かない書き方について

自己PRに書ける自己アピールについて考える

新卒での就職活動で重要になるのが、自己PRです。転職の場合のように、これまで培ってきた能力や経験があるわけではない新卒自己PRの場合、採用における大きなポイントとなりやすいのがきちんと自己PRできるかという事です。その場になって考えるという事が難しいこともありますから、就職活動が本格的に開始する前にどういった形の自己PRをするかについて考えておきましょう。

見本通りの自己PRは逆効果になることも

特に取り立てて特徴がないと思う場合、就職活動の資料や書籍などを参考にして、見本に似せた形の自己PRを考える方も多いことでしょう。しかし、そういった就職活動の資料の見本通りの自己アピールの書き方は採用担当者に見破られてしまいがちですし、他の就職活動生と差がつかず、就職活動という点を考えれば逆効果になりかねません。自分の個性が発揮できる自己PRを心がけ見本通りに書くことに注意をしましょう。

自己PRはまず自分を振り返ることから

自己PRといっても、特別なことをする必要があるわけではありません。誰もが就職活動の見本書には載っていない個性を持っていますし、それを見つけ出して強調することが自己PRの、そして就職活動の準備になるのです。自分のこれまでしてきたこと、勉強や課外活動などを振り返ることで、自分の強みを見つけていきましょう。それが第一段階になります。

就職活動資料の見本は過去を振り返るためのヒントに

自己PRの見本はそのまま自分の場面で参考にできるものではありません。しかし、自分を振り返る際に一つのヒントとして見本を生かすことができます。多くの見本にあたってみると、称賛されるようなすばらしい経験ばかりではなく、小さな活動の中から自分の強みを見つけているものがあることに気が付くはずです。そういった形で見本を元に振り返ればよいのだと思うだけで、準備作業が進みやすくなることでしょう。

自分らしい自己PR を心がけよう

どうしても就職活動の際には無難な方へと考えてしまいがちですが、自己PRに関しては個性を出すことを意識しましょう。服装や立ち居振る舞いは一定のルールを守っていくべきですが、それだけでは就職活動で企業から選ばれることにはつながりません。企業にあなたがどういう人かを知ってもらい、あなたを求めている会社に採用してもらうことが目的ですから、自分らしさを自己PRでしっかりアピールしていく必要があります。

自己PRに書ける強みがなければ作ってみよう

自分らしさが見つからない、アピールできるものではないという事で悩む人も多いようです。どうしてもアピールできるものがないなら作ってみるというのも一つの手です。何か新たな活動をしてみる、資格取得に向けて勉強してみるという事でもよいでしょう。その結果だけではなく、それに向き合う中での我慢強さなどの自分自身の成長も自己PRへとつなげていくことができるはずです。

見本にとらわれない自分らしい自己PRを書くことが就職活動の武器となる

就職活動の自己PRは自分自身の魅力を伝えるためのものですから、見本に頼りすぎるようなことは避けたほうが良いでしょう。就職活動資料の見本はあくまでも参考程度にとどめ、自分自身を振り返って長所を探すという事を重視したいものです。素晴らしい文章や経歴ではなくても、自分の長所をしっかり伝えることができるものが自己PRとして威力を発揮することになるのです。また見本にとらわれない自分らしい自己PRを書くことが就職活動の武器となります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント