2019年11月22日(金) 更新

自己PRにおける長所と短所のつくり方

就活における強みと長所は能力と性格

自己PRではよく長所を述べる就活生がいますが、自己PRでは一般的に自分の強みについて述べます。強みと長所の明確な違いは、長所は組織内で活かして直接企業に貢献すること。そして長所とは、組織内で直接企業に貢献はしないものの、活かせるものとなっています。例としてあげるならば、強みは分析能力があり問題解決ができる。長所は真面目であるといった感じです。能力と性格と分けるとさらに分かりやすいかもしれません。

強みをアピールするにはエピソードで説明する

自己PRにおいて強みをアピールするためには、実際にその強みを発揮したエピソードが必要となります。まずは自分の強みが発揮されたエピソードを思い返してください。どんなに小さなことでも構いません。自己PRではまず自分の強みを結論から述べ、その後その強みが発揮されたエピソードを述べます。そして最後にその強みがいかに企業に貢献できるかを述べるのです。

長所は家族や友人に聞いて評価してもらう

自己PRの作り方で強みは能力、長所は性格と説明しましたが、まずはしっかりと自分の性格を理解することから始めましょう。その中から自分の長所とは何かを考えるのです。考えてもどうしてもわからないという人は、周囲の人に自分の評価をしてもらいましょう。家族や友人といった身近にいる人は必ずあなたの長所を理解しているはずです。

長所の説明は直接的には言わない

長所を説明するときは、端的に自分の長所とは何かを述べ、その後に具体的なことを話します。例として「私の長所は期日や期限をしっかりと守ることです。与えられた仕事は期日までに仕上がるように、計画を立て仕事をすることができます。」この例は計画性があるという長所についてアピールした例となります。注意してほしいのは、「私は計画性があります」というように直接的な言葉を使用しないこと。言い方をほんの少し変えるだけで、採用担当の注意を引きつけることができるのです。

短所はマイナス面だけではない

短所を作るにあたってまず注意しなくてはいけないのが、内容がマイナスにならないようにすることです。短所なんだからマイナスで当然では?と思うかもしれませんがそれではいけません。短所の中にもしっかりと自分の長所をアピールする必要があるのです。

短所は必ず改善点を挙げてアピールにつなげる

例として「私の短所は人より行動が遅いということです。どんなことにおいても自分がしっかりと理解・納得した上で作業に取り掛かるので、人より行動が遅いときがあります。仕事の期限をしっかりと守るため何事にも優先順位をつけて取り組みたいと思います。」この例では優柔不断であることを短所としてあげていますが、短所の中に長所が隠れていることに気づきましたか?しっかりと理解・納得した上で作業に取り掛かるとは真面目であるが故です。このように一見短所に思えつつも、長所として受け取れるものが好印象を与えます。

長所言い換えマニュアルも参考に

自分の短所しか思い浮かばないという人は、言い換える方法で長所に変えていきましょう。短所を長所に言い換えるとは、例えば「優柔不断」→「多角的に検討する」といった表現にすることです。短所と思う部分でも、ポジティブに受け取ることで長所になります。このような言い換えで長所を考えたいという人におすすめなのが「長所→短所言い換えマニュアル」です。例で挙げたような言い換え表現を100種類収録しています。無料でダウンロードできるため、自己分析をすでに終えたという就活生にもおすすめです。

自己PRでの長所短所は全てアピールポイントとして就活に挑もう

いかがでしょうか。今回は採用担当に好印象を与える自己PR、長所、短所の作り方についてご紹介しました。自己PRや長所、短所は全て自分をアピールするためのものとなっています。そのためどんな話でもポジティブな方向に持っていくことが大切です。今回ご紹介したポイントをしっかりとおさえれば、採用担当に好印象を与えることができるでしょう!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 20年卒
  • 18年卒
  • 24年卒
  • 23年卒
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 19年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

45840 view

おすすめの就活イベント