2019年09月26日(木) 更新

テレビ朝日の選考情報で気になる学歴や採用人数

テレビ朝日の選考情報①:選考の内容と流れ

選考情報としてテレビ朝日のアナウンサー職のグループAは、 エントリーシート(ES)と写真4枚で足切りが行われます。2対1の個人面接ではエントリーシート(ES)を持参し自己PRで応募総数の10%以下に絞り込まれます。ここから1次面接がスタートしますが、当初応募した3000名が1%とになる30名に絞られています。

選考情報:筆記試験やSP1・原稿読みやボードを使った議論が課せられる

テレビ朝日の選考情報として同時に筆記試験が行われますので、テレビ局を意識した時事問題、国語や英語など、また就活生必須のSP1を解くことになります。2次面接は原稿読みやボードを使った議論などが行われ最終面接へと進み3名の採用人数のなかに入ることができます。なお、選考情報として制作現場を担うグループB,Cも学歴にとらわれずウェブエントリーで受付し、面接は4回行われます。

SPIの練習をするなら問題集がおススメ

SPIの対策は反復練習が大切です。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

テレビ朝日の選考情報②:求める学歴

テレビ朝日の選考情報として大卒以上の学歴を有していることが条件ですが、公募型となっていますので出身校で差別化されることはありません。ただし選考情報としては実際の採用人数の内訳をみると、東大卒をはじめトップクラスの学歴を有する人が多く、都内の有名私立大学がボーダーラインとなっているようです。

学歴:大卒が必須だが長期留学の経験があると有利

希望職種によって専攻学部に違いはありますが、学歴とは違います。海外で幼少期から生活していた経験や長期留学で過ごしていた経験があると有利な職種もあります。選考情報として特に狭き門と言われるアナウンサー職は、各局総数でも年間20人程度の採用人数枠に1万人以上が希望すると言われていて、テレビ朝日においてもかなり厳しく人気の職種であることから、相当な準備と対策をしておく必要があります。

テレビ朝日の選考情報③:気になる採用人数と配属

テレビ朝日の採用人数枠は例年概ね30名を予定していて、学歴で選考が左右されることはありません。放送総合職はグループA(アナウンサー)、グループB(番組制作・ビジネス・管理)、グループC(IT系・コンテンツ技術・美術)と分かれていて、またそのなかで細分化さています。選考情報としては職種は固定されていないのでアナウンサー職で入社しても、番組制作やビジネス(編成・海外制作)などに異動することもありますし、もちろん管理職になることもあります。

採用人数:公募型の募集で約30名

選考情報としてテレビ朝日の採用人数については約30名を予定していて、出身大学や学歴または専攻などに影響されることはなく公募型の募集となり、3つの職種グループに分けて選考されます。
また選考情報としてテレビ朝日にはジョブローテーション制度が設けられていますので、結婚・子育てなど生活環境の変化によっては、入社当初の希望職種と違った部署に異動することが可能です。ですから予定した社内部署の採用人数枠が達したとしても、他部署で採用する可能性が高く、学歴を考慮しないのは、このような異動があることも一因と思います

テレビ朝日の選考情報として大卒以上の学歴があれば問題なく採用人数は公募型の募集で30名ほど

テレビ朝日の新卒者選考は学歴や専攻した学問で影響されることはありません。ただし専門職となるテレビ朝日のアナウンサーなどの一部の職種は、学外活動や留学経験などさまざまな条件で限られた採用人数枠に入らなければならず、競争倍率が高い狭き門となります。
また理系や文系のなかでもテレビ朝日の職種に必要な学歴をもつことは、わずか30人の採用人数のなかで有利になると思います。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント