2019年12月16日(月) 更新

三井化学の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

三井化学の選考情報①:選考の内容と流れ

選考情報としてまずエントリーの流れについて把握しておきましょう。三井化学では、選考の流れが技術系と事務系で違ってきます。

事務系も技術系も学歴をクリアした後、三井化学採用HPでエントリーを行いますが、その後に若干違いがあるので説明していきます。

【事務系】
エントリー後、会社説明会→書類選考→面接(複数回)→採用人数前後での内定になります。

【技術系】
エントリー後、書類選考→希望者のみの会社説明会→面接(複数回)→採用人数前後での内定です。

しかし、どちらも面接に至るまでにエントリー情報を基準にして書類選考が行われます。つまりエントリーシート(ES)に記載した情報が重要ということです。その後、無事書類選考を通過した人に対して、面接日時等詳細を連絡するという方法がとられています。では、次の項目で三井化学が求める学歴の選考情報について説明していきましょう。

三井化学の選考情報②:求める学歴

選考情報として求められる学歴についても把握しておきましょう。三井化学が求める学歴は、大学を卒業しているということです。それ以外は特に求める学歴や学力はありませんが、技術系は化学、化学工学、機械、電気、制御、物理、薬学といった理系を主に採用人数内前後で採っています。

選考情報を確認すると、反対に事業・アドミ系は大学を卒業さえしていれば、採用人数枠内に入ることが出来る可能性があります。

学歴は大卒以上が対象

しかし、給料は大学の学士や博士などといったレベルで分かれているため、より高い給料を目指すなら、そういったことも視野に入れておくといいでしょう。

いずれにせよ三井化学は大学卒という学歴が必要になるものの、その人らしさを見る傾向にあります。そして、就職希望者が三井化学が求める「自ら考え行動できる人」であった時に採用予定人数の中の一人になれるのかもしれません。ここでは学歴の選考情報について紹介しました。次は採用人数の選考情報について見ていきます。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

三井化学の選考情報③:気になる採用人数と配属

これまでは三井化学が求める学歴採用の流れなどの選考情報を紹介してきました。この項目では採用人数や配属の選考情報について説明していきます。採用人数ですが、ここ数年は事業・アドミ系は20名前後、技術系は80名前後を採用しています。

採用人数は事業・アドミ系は20名前後で技術系は80名前後

配属は本人の希望を元に、最終的には三井化学がエントリーシート(ES)の学歴などの内容や面接での人柄を見た上でその人に合うような配属先を決めます。勤務地は東京や大阪、千葉や名古屋、海外などがあり、事業系の人は転勤が多いと言われています。

しかし、転勤が多い分多くのことを吸収して自分の力にしていくことが出来るので、自己成長や技術向上になっていくでしょう。また、海外で仕事をしてみたいと思っている人にはチャンスがある環境とも言えます。以上、三井化学の学歴や採用人数についての選考情報を紹介しました。

三井化学の選考情報は対象学歴は大卒以上で採用人数は事業・アドミ系と技術系を合わせて100名前後

三井化学の求める学歴や採用人数の選考情報について紹介しました。三井化学は素材メーカーとしては大きな企業であり、人が働きやすいため、魅力的な会社です。しかし勤めるためには学歴をクリアして選考を進み、採用人数枠内に入る必要があります。

それには、企業研究をしっかり行い選考情報を確認して、自分をしっかりと見つめ直して三井化学を受けるようにしましょう。以上の選考情報を活用して三井化学に積極的にチャレンジしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント