2019年12月17日(火) 更新

東急ハンズの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

東急ハンズの選考情報①:選考の内容と流れ

東急ハンズの選考の流れと採用人数や望ましい学歴などについて解説します。東急ハンズでは、会社説明会→書類選考→筆記試験・適正検査→面接1,2,3次→内々定という順番で選考が進んでいきます。東急ハンズの毎年の採用人数は20名弱程度ですが、選考情報として東急ハンズ側は毎年30名程度を目標に採用活動を行っています。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

東急ハンズの選考情報②:求める学歴

東急ハンズは採用人数に関する選考情報として毎年20~30名が入社しますが、その採用人数の内訳として学歴として多いのは文系の学部出身者です。東急ハンズの学歴として、主に経済学部や商学部出身者が活躍していますが、東急ハンズ側が文系の学生を好んで採用しているわけではなく、単純に志望者の中に理系の学生が少ないというだけのようです。

学部学歴で有利や不利はない

学歴の選考情報としてやはり人物重視で採用しているだけあって、学部学歴で有利や不利はないようですが、実際の仕事が小売業なので、もともとそういった分野に興味がある学部の学生はアピールできる経験や学習内容も多いので面接時に抜け出し易い傾向はあるでしょう。

東急ハンズの選考情報③:気になる採用人数と配属

東急ハンズの選考情報として毎年の採用人数は20~30人です。学歴不問で人物重視の採用を行う所から、採用人数枠に対して応募が集中しやすく倍率は高めです。一番重要な面接対策をしっかり行うなどして、他の志望者との差別化を図りましょう。入社後は新入社員研修が行われ、そのまま全員が営業店に配属となり現場を経験することになります。選考情報として東急ハンズの採用は学部学歴不問で、合格者が入社後に一律営業店に配属されることからも、もともとの能力や適正以上に、入社後に現場で働く努力と熱意でその後のキャリアが決まってくることは明らかです。

採用人数は20~30人で配属は営業店に配属となり現場を経験

先々は売り場を任されて仕入れを行ったり、バイヤーとしてメーカーや卸業者と仕事をしていくような立場になる可能性は十分ありますが、まずは東急ハンズの基礎を学ぶためにも店舗での業務をマスターする事が大事なようです。

東急ハンズの選考情報として学部学歴で有利や不利はなく採用人数は20~30名

東急ハンズの採用人数・学歴に関する選考情報としては、採用人数20~30名の小さき門に対して、学歴不問で集まった多くの学生が合格を目指してしのぎを削りあうのが基本形となります。選考情報として採用人数の中でも学歴として経済学部などが占める割合が少し多く、それ以外の学部出身者は何の特技なくもインパクトも与えられないのでは合格が難しいです。選考情報として東急ハンズで入社後にまず店舗業務に配属されることからも、そこを意識して実店舗での仕事を研究し、そこで役に立つような努力を先行して始めている話をするなど、面接などで他の志望者との差別化がはかれるような受け答えが出来ることが大切なようです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント