2020年05月22日(金) 更新

経済産業省の選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

経済産業省の選考情報①:選考の内容と流れ

経済産業省がおこなっている選考に関する情報を紹介します。まず最初に紹介するのが筆記試験です。 国家公務員のⅠ種とⅡ種がありますが、Ⅰ種は超難関でありⅡ種もかなりの難関になっています。まずはこの試験を乗り越えることが経済産業省へ入るための最初の条件です。学歴や採用人数以上に優先して考える必要があるでしょう。

選考情報:筆記試験→官庁訪問面接

筆記試験の後、官庁訪問という形で面接がおこなわれます。非常に人気が高く、採用人数の少ない財務省のような超難関省庁と比べると比較的試験に通過しやすいです。また、結果的に高学歴の方が就職していますが、実力主義的な面が強い省庁のため、自分の学歴をあまり気にせずチャレンジできます。例えば、学歴が影響して面接を通過しないといったことはまずないと考えて良いでしょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

経済産業省の選考情報②:求める学歴

先程も紹介した通り、経済産業省は実力主義的な側面が強いため、基本的には特に学歴を求められるということはありません。しかし、国家公務員I種の試験は非常に難易度が高く、東大卒レベルの知識を得ていないと不利な面もあるでしょう。

学歴:東大卒レベルの高学歴者が採用される傾向がある

技術系の知識を持ち合わせている就活生は、経済産業省に就職できるのでしょうか。経済産業省は技官採用の採用枠が設けられています。しかし、分野が何かしらに固まっているわけではないため、自分自身が学んだ知識やスキルがすべて活かせるとは限りません。グローバル化に対応してきている企業が多いため、ある程度の語学力や留学経験があるといいでしょう。

経済産業省の選考情報③:気になる採用人数と配属

経済産業省における採用人数ですが、Ⅰ種Ⅱ種、技官事務官を見てざっくりと言って20名前後になります。一般的な大企業であれば採用人数が200名以上である会社も少なくないでしょう。採用人数の視点だけでみると、試験を突破したとしても難関であるのは間違いありません。

採用人数と配属:20名前後・東大閥がある可能性も

上記で、採用人数の選考情報としてⅠ種Ⅱ種、技官事務官を見てざっくりと言って20名前後だと紹介しましたが、配属に関してはどうなのでしょうか。基本的に面白い部署ほど実力のある人が配属される傾向があります。、自分がやりたい仕事があるならば仕事で成果を出していく必要があるでしょう。一方面白い仕事ほどハードワークになりがちなので、生活を選ぶか、仕事を選ぶか、という2択を迫られるケースも少なくありません。

経済産業省の選考情報として学歴は不問だが東大卒レベルの高学歴者が採用される傾向があり採用人数は20名前後

経済産業省における学歴、採用人数に関する選考情報の紹介しました。学歴は基本的に国家公務員にはあまり関係のない要素でありますので、まずは試験突破の方に力を注ぎましょう。しかし、試験を突破しても実際の業務はいそがしいため、油断せずしっかりと対策を立てて挑みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。