2019年12月16日(月) 更新

東京海上日動火災保険の面接に受かるための対策と回答例

東京海上日動火災保険対策:面接の流れと内容

東京海上日動火災保険の面接は、1次~3次まであり、全て個人面接です。1次ではエントリーシートで記入した大学時代に力を入れた事を改めて深く聞かれたり、志望動機について聞かれたりします。特に大学での成績や授業への取り組み方については具体的に聞かれるので、成績に自信のない方は学外の活動でアピールできる内容を見つけておくなど対策が必要です。

2次面接後にフィードバックがある場合もあるので対策して最終面接に臨む

2次面接では、他の損保会社をどう思うかなど業界についても聞かれ、「数ある保険会社の中でなぜ、東京海上日動火災保険が良いのか」という点に焦点をあてて面接が展開されます。2次では若干の圧迫要素もあるようです。3次面接は1対1で1時間近くの時間をかけて最終的な意思確認や他者の選考状況など最後の詰めとなる面接を行います。2次面接の後に電話でフィードバックしてくれる場合もあるので、それを踏まえて対策し、最後の面接に臨みましょう。ここでは、東京海上日動火災保険の選考で重要と思われる質問とその回答例や、回答例を基にしたポイント解説を行います。こちらを参考にして、面接対策に役立ててください。

東京海上日動火災保険対策:面接で聞かれた質問例集

東京海上日動火災保険の面接対策で重要と思われる質問や、聞かれる頻度の高い質問と、回答例を紹介します。

・学生時代に力を入れたことを教えてください。
・出身校の校風や当時の成績について教えてください。
・あなたの強みは何ですか?また、それを当社でどう活かしますか?
・他社で内定をもらっている会社はありますか?
・保険業界で何を成し遂げたいですか?
・当社以外での選考状況を教えてください。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

東京海上日動火災保険対策:面接の質問と回答例①

【質問】
学生時代に力を入れたことを教えてください。

【解説】
この質問に対する回答の後に、どういったポジションでどういった役割を務めたかなどを追加で聞かれます。面接官は、集団の中でどういった活躍をしてきた人材なのかを見極めようとして質問しているので。部長を務めたことや、委員長を務めた経験など集団の中で自分が成し遂げたことを話しましょう。事前に当時の事を思い返して整理しておくと、その後の質問も答えやすくなるでしょう。

【回答例】
私は卒業研究において研究室のリーダーを任され、10人のメンバーと協力して15万文字におよぶ共通卒論の作成に力を入れました。また、その論文の内容が大学に認められ、市の学生交流会で大学を代表して発表した事もあります。

東京海上日動火災保険対策:面接の質問と回答例②

【質問】
大学での成績について教えてください。

【解説】
大学での成績については優・良・可の割合やそれについての感想など詳しく聞かれます。この質問を起点に二次面接では大学時代の勉強などについての質問が展開されていきます。また、成績に自信がない場合にはその分を何に力を入れてきたのかについて、具体的な回答を求められるので、しっかりとした対策が必要な質問です。

【回答例】
正直に申しあげますと、私の成績では良の割合が一番多く全体の半分を占めており、残りは優と可ですが、少しだけ優の割合が高いくらいです。もともと社会保障制度に興味があって、この学部を選んだのでそれに関する講義に関してはほとんど優が取れたと思います。興味のない分野をないがしろにしたつもりはありませんが、そういった傾向が出てしまったのは事実で、外国語や経済関連の講義は可が目立ちます。授業が大切なのはいうまでもありませんが、バレー部で主将を務め九州大会に出場した経験があり、どちらかというとスポーツに多くの力をさいていたのが私の大学生活です。

東京海上日動火災保険対策:面接の質問と回答例③

【質問】
他社の志望順位と理由

【解説】
最終面接では、その面接の中で面接官が合否を決めてしまっているような印象もあります。1時間におよぶ面接の中で、ある程度の質問が終わると、最終的な意思確認を何度もされます。それだけ内定を出すからには入社して欲しいということでしょう。その前段階で、よく聞かれるのがこの質問です。何より正直に答えるのが大切ですが、志望している他の会社が全くの別業界だったりすると今までの回答や志望動機の信憑性を疑われるので、同じような仕事内容や業界の仕事を挙げ、その会社と東京海上日動火災保険の決定的な違いを伝えて、入社したいという強い意思をアピールしましょう。

【回答例】
志望している他の企業は〇〇損保と〇〇生命です。志望動機の通り、多くのお客様を喜ばせたいことと、保険業界で活躍したいという重いから、なるべく顧客層が広く、豊富なサービスを提供している企業を志望しました。しかし、〇〇生命は外資系で日本での歴史は浅く、〇〇損保は御社に比べると契約件数などが大きく劣ります。私は日本での長い歴史と高い実績、また法人・個人問わずたくさんの顧客を満足させている御社でこそ、私の実現したい社会人生活が送れると考えています。

東京海上日動火災保険に受かるための志望動機例文はコチラ!

私が損害保険業界を志望した理由は、人々の人生に寄り添う仕事がしたいと考えたからです。損害保険は人々が抱える不安を解消するための商品であるため、充実した人生を歩むために不可欠なものだと考えています。損害保険に加入していたことにより、救われた人は数多くいることだと思います。なかでも貴社は業界でトップのシェアを誇る企業であり、社会のインフラを支える企業のひとつです。私が貴社に入社しましたら、お客様のニーズに合った商品の提供はもちろん、末長く利用して頂けるよう誠心誠意努力してまいります。

東京海上日動火災保険は質問・回答例と2次面接後のフィードバックを参考に対策をする

いかがでしたか?東京海上日動火災保険の面接に受かるための対策と回答例を見てきました。東京海上日動火災保険の面接は1次~3次まで、それぞれ聞かれる内容が異なります。従って、それぞれにしっかりとした対策が必要になります。特に2次面接が重要で、もっとも過去の経験や今の思いを詳しく聞かれる場です。ここで、ブレた回答をしたり、論理的に合わない話をしてしまうと、その後の展開が厳しくなってきます。1次面接の内容や、志望動機・エントリーシートの内容について今1度思いを深めて、細かい内容にも回答できるように対策しましょう。ここで紹介した回答例はあくまで一例です。この回答例の解説を参考にして自分なりの台詞を作り上げましょう。東京海上日動火災保険の面接は自分の過去との戦いです。今までの経験や自分の強みをしっかりと思い出して、面接に臨みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

イベントの種類から探す