2019年08月13日(火) 更新

日本銀行の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

日本銀行(日銀)の選考情報①:選考の内容と流れ

日本銀行の選考の内容と流れに関する選考情報をご紹介いたします。日本銀行では、日本銀行の新規採用ホームページから登録し、エントリーシート(ES)提出後に会社説明会に参加します。適性検査があり、その後一般職のみ筆記試験と、複数回の面接を通して内定となります。

なお、選考の過程で適性検査を受ける場合があるでしょう。日本銀行では、エントリーシート(ES)の提出後に会社説明会があります。業界研究と自己分析は事前に行いましょう。職種による採用人数や学歴は変更される場合もありますので、日本銀行の選考情報はまめにチェックしてください。

日本銀行(日銀)の選考情報②:求める学歴は専門卒以上だが高学歴が多い

日本銀行の求める学歴に関する選考情報をご紹介いたします。日本銀行では学歴が専門学校・短期大学・大学・大学院卒業見込みの方と、2016年4月以降に卒業された方を募集しています。日本銀行では一流大学卒業の学歴を持つ人が半数以上を占める傾向があるでしょう。

学部は不問で海外大学卒業の学生も積極的に採用している

学部は不問で文系・理系のどちらからも採用をおこなっており、海外大学卒業の学生も積極的に採用しています。

日本銀行では、エントリーシート(ES)提出後に会社説明会があります。志望動機と面接対策は事前に済ませましょう。職種によって採用人数等は変わると思われます。日本銀行が発信する選考情報を確認しましょう。

日本銀行(日銀)の選考情報③:採用人数は未定

日本銀行の採用人数に関する選考情報を紹介します。日本銀行の採用人数は公開されていません。しかし、大学・大学院・短期大学・専門学校卒業見込みの方と第2新卒を対象に、2017年度は151名(総合職33名、特定職48名、一般職70名)を採用しています。しかし2018年は合計148名と、若干採用人数は減りました。

募集している職種は総合職・特定職・一般職

職種は、総合職、特定職、一般職の3つになります。総合職は様々な業務分野において、幅広い知識と経験を活かすことのできるコースで転勤があります。特定職は、特定された分野と地域の中で、専門性を活かすコースで、転勤エリアが限定されています。一般職は実務を行い、総合職や特定職をサポートします。職種ごとの採用になりますので、銀行が発信する選考情報を確認するようにしましょう。

日本銀行(日銀)の選考情報として求める学歴は専門卒以上だが高学歴が目立つことと採用人数は未定であることを知っておこう

?日本銀行の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数を見てきました。日本銀行の採用人数は未定ですが、例年150名前後のようです。今年度も昨年と同じ程度の採用になると思われます。

日本銀行が発信する情報に気をつけながら、選考対策をしましょう。学歴ごとの採用人数は不明ですが、文系理系を問わず難関国私立大学が半数以上を占める傾向です。業界対策や社会情勢について知識を深めるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント