2016年11月29日(火) 更新

就活で効果的な自己分析と自己PRに活かすコツ

まず、自分に合った就職活動を行うためには自己分析をしっかりすること

大学生活中は色々やることがありますが、決して目をそらしてはいけないのが就職活動です。就職活動は長丁場ということもあり、しっかりとその流れを押えておかないと、就職活動中に、今何をしているのかがぼやけてしまいます。

自己分析をして自分の道を明確にしておきましょう

押さえておきたい基本的な就職活動の流れは、まず自己分析が最初に来ます。
自己分析は、就職活動中の指針になるもので、後悔しない就職活動にするため、最初にしっかりと、自分がどういった道を進みたいのかをはっきりさせることが大事です。

本命の企業に出会うために自己分析もする

何社も不必要に企業に申し込む、どの企業をうけたらよいのか解らずに行動できない、という人はこの自己分析がきちんとできてないことが原因です。
自己分析は就職活動中に何度か見直しをしましょう。例えば、会社訪問をする前にもう一度確認してみる、といったように自己分析は何度も行うことで効果が現れるのです。

自己分析の後に選考対策とビジネスマナーの勉強をする

就活対策は、対策を立てるうえで順序がとても重要になってきます。まずは、自己分析をするところを上記で紹介しました、次にしておきたいのは、選考対策とビジネスマナーの勉強です。自己分析をして企業は受けたい企業は明確になってくるはずですので、その企業の選考対策をして、その会社で重視しているビジネスマナーなども対策できるのです。

選考対策とビジネスマナーの勉強を疎かにすると面接で受け答えが出来ません

この段階も大事で、疎かにすると面接でもしっかりと受け答えが出来ません。
またこの段階で、何社ぐらい受けるのか、第一志望はどうするか、といった就職活動の戦略も練っていくと良いでしょう。加えて、自己PRの内容や面接対策といったものも、平行して進めていくことで、余裕を持って対応できます。就職活動に突入する前、自己PRや履歴書の書き方・封書の書き方といった基本的なマナーも押さえておきましょう。

自己分析での情報が自己PRの面接では重要になる

自分がどのような性格なのか、どの分野で活躍できるのか、どのような素質があるのかなどを見極めるのが、自己分析です。この自己分析で、自分のことを理解できます。そうすることで、自分をアピールすることができますので、企業に向けた適切な自己PRを行うことが可能になります。等身大の自己PRで面接に挑みましょう。

自己分析でわかった自分だけの特性がどのように貢献できるかを踏まえて自己PRを

就職活動においては等身大の自己PRを、と上記でお話しました。
しかしながら、自分を売り出すための自己PRは、単なる自己紹介とは違います。自分の得意なことや特性が、企業にどのように貢献出来るか、そこのところをしっかり踏まえて、自己PRを作成しましょう。

ネガティブなイメージのある性格をそのまま話してしまうなども、就職活動における自己PRでは不適切です。適切な言い換えをして、誤解のない文章づくりを心がけましょう。

就活で効果的な自己分析と自己PRに活かすコツを掴めば就活も上手くいく

今回は、就職活動での自己PRに活用できる自己分析についてまとめてみました。
自己分析を行うことで、自分が得意なことや、やりたいことが見えてきます。自分を知ることで、希望の仕事で自分がどのようなパフォーマンスを発揮できるのかも、わかってきます。それこそが、自分の強みとなり、就職活動においての武器になるのです。
就職活動の一番の難関である、面接でも自己分析のしっかりとできている自己PRで、自分の持ち味を最大限に伝えていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント