2020年06月29日(月) 更新

サントリーの選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数【SUNTORY】

サントリーホールディングスの選考情報①:選考の内容と流れ

選考情報として選考の流れを把握しておくことは重要です。選考内容で、企業は何を見定めたいのかが見えてくるときもありますのでしっかり把握しておきましょう。
選考内容、学歴、採用人数のうち、サントリーホールディングスの選考の流れは、次のようになります。【選考の流れ】
書類選考→筆記試験・適正試験→面接【書類選考】手書きエントリーシートを郵送。書類は「ENTRY FORM」と「PRESENTATION FORM」の2枚組。1人1部門の1回の応募
【筆記試験・適正試験】
マークシート、英語、算数、数学、性格テスト
【面接】
4回、学生時代頑張ったこと・志望動機・就活の軸・他社選考状況
なおサントリーホールディングスでは、説明会参加の有無と選考は一切関係せず、説明会に参加していなくてもエントリーシートを受け付けています。また書類選考が大変通過しにくいので、しっかり対策を練る必要があります。面接では模倣や着飾った話し方ではなく、自分の言葉で素直にして、自分らしさを出した学生が内定を取っているようです。それでは、次から学歴と採用人数について順に説明してきます。

サントリーホールディングスの選考情報②:学歴よりも会社に合う人間かが重視されている

サントリーホールディングスの選考の流れがわかれば、あとは採用人数や社風などデータの目安があればいいでしょう。しかし社員の学歴は気になるところです。自分の学歴で入れるのか、サントリーホールディングスの在籍社員の学歴が少し参考になるかもしれません。そこで、サントリーホールディングスの採用実績をご紹介します。国立や私立など幅広い学生を採用しており、学歴は直接関係がないといえます。面接ではコミュニケーション能力を問われ、サントリーに合う人材かどうかを見られます。ゆえに学歴よりは、会社に合う人間かどうかが重視されます。この食品・飲料業界で内定を獲得した先輩たちのES集を参考にしながら、どのような人物が必要とされているのか考えておく必要があると言えるでしょう。
それでは、選考の内容と流れと学歴との関連性とみてきたので、最後にサントリーホールディングスの採用人数をご紹介します。

サントリーホールディングスの選考情報③:採用人数は全体で例年約51~100名

サントリーホールディングスの採用人数は、例年は全体で約51~100名です。全体なので各部署によって人数が異なり、年度によってはばらつきが出てくるでしょう。入社後の配属は、男女問わずほとんどが各部門の営業職です。入社後は、グループ会社との合同研修を実施し、その後に各部署へ配属されて製造から販売までのフローにそってOJTを行います。サントリーホールディングスの根幹となる業務を肌で感じ、1年半の研修を経て一社員として活躍してほしいという考えのようです。学歴が重視されず採用人数がやや多い分、いかにサントリーホールディングスでどう働きどう貢献できるかを考え抜かないと選考を進んでいくことは難しいでしょう。逆に学歴を恐れずに、下準備をしたうえで選考に挑戦できるということです。

サントリーホールディングスの選考情報として学歴よりも会社に合う人間かを重視し採用人数は全体で例年約51~100名

以上がサントリーホールディングスの選考情報として知っておくべき学歴と採用人数でした。サントリーホールディングスでは、学歴と選考に直接関係はありませんが、採用人数に対しても応募人数が多いため競争率高いといえます。学歴を問わないので、清涼飲料水業界およびビール業界のトップに誰でもエントリーすることができます。サントリーホールディングスの求める人材であるかと実現したいことをしっかりアピールしていけば、採用人数の枠内に入れるかもしれません。選考情報を制覇して万全の態勢で臨んでください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント