2020年07月07日(火) 更新

クボタの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

クボタの選考情報①:選考の内容と流れ

クボタにエントリーをする場合、クボタの公式ホームページの採用ページでエントリーIDを発行してエントリーを行う必要があります。エントリーをすると会社説明会に参加をすることになり、その後エントリーシートの記入となります。エントリーシートは指定された用紙に手書きで書いていき、通過した人だけが一次選考を受けることができるのです。一次選考が始まる前には履歴書を提出してください。

一次選考と二次選考の間にしっかりと練習を重ねておこう

一次選考では適性試験とグループ面接を行い、二次選考では面接官に役員を含んで個人面接を行います。およそ1週間~2週間程度で内々定が出され、すべての選考スケジュールは終了です。一次選考から二次選考までは大きなスパンができるため、一次選考を通過した場合にはしっかりと練習を重ねていきましょう。また、応募する前には学歴や採用人数も一緒に調べておきましょう。学歴の条件や採用人数を事前にチェックしておくことで、採用への道を切り開くことができます。

自分は建設機械業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、建設機械業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。
My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が建設機械業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

クボタの選考情報②:求める学歴は職種によって異なる

事務系か技術系、どちらに進むかで求められる学歴は変わってくるでしょう。事務系であれば特に学歴を気にする必要はないものの、技術系については専門的な知識と多くの実績を積んでいる方を優遇する傾向があるため、学歴で判断することもあるかもしれません。とはいえ、いずれも企業にとって重要なのは、ちゃんとした実績を持っていて、なおかつ即戦力となり得る人材であるかどうかです。単純に学歴ばかりが優秀でも、研究の内容や実績に難があると内定が遠くなる可能性も否めません。

海外出張があるため英語力も求められる

また、クボタで技術系となると、海外出張も視野に入れなければなりません。学歴もそうですが、英語力が身についているかどうかもクボタにとっては大事な判断基準になるでしょう。技術面、そして英語面においても、実績は必要不可欠と言えます。学歴と同時に採用人数についてもチェックしましょう。採用人数が少ないからと言ってやめるのではなくチャレンジする気持ちが大切です。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析による自己理解が必須です。自己分析を疎かにしていると、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。

My analyticsを使えば、質問に答えるだけであなたの強み・弱み・適職を見える化できます。
ぜひ活用して、就活を有利に進めましょう。

クボタの選考情報③:気になる採用人数と配属

【企業全体の採用人数】
クボタは企業全体での採用人数は、毎年およそ100~200名程度です。
技術者の採用が多く、事務系ではおよそ50名、技術系では70名~100名程度を採用しています。

【入社後の配属先】
クボタでは事務系や技術系、財務・経理系のすべてを総合職としてまとめています。そのため、みなさんも入社した時には総合職という形で入社をすることになるでしょう。細かく分けると、事務系は国内・海外営業、技術営業やマーケティング、生産管理などの職種があります。技術系は研究開発から製品の設計と開発、製造関係や品質保証、ITなどの職種があります。

クボタの選考情報では職種によって求める学歴が異なることや採用人数が100名程度であることを把握しておこう

クボタが求める学歴や採用人数、そして選考の流れなどの選考情報は参考になりましたか?技術職では学歴が優れている方が優遇されていることも多々あるものの、実績によっては採用される可能性ももちろんゼロではありません。採用人数も技術系は多いため、率先してチャレンジをすることも大事です。ぜひこちらでご紹介しているクボタの選考情報などを確認して、選考に備えてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 20年卒
  • 18年卒
  • 21年卒
  • 22年卒
  • 23年卒
  • 24年卒
  • 19年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

46160 view

おすすめの就活イベント