2016年11月29日(火) 更新

京都銀行の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

京都銀行の選考情報①:選考の内容と流れ

ここでは、京都銀行の選考情報をご紹介しています。京都銀行の採用する学生の学歴は決して高学歴にはこだわりません。また採用人数は毎年約200名です。京都銀行の採用選考の内容と流れは以下のようになっています。インターネットからダウンロードしてプリントアウトしたエントリーシートに手書きで記入して提出します。

GDの後に面接がある

志望動機や自己PR、「飾らない銀行とは」などの設問があります。記入したら京都銀行の会社案内の資料に同封されている封筒で郵送します。その後企業説明会に参加して質問会などがあります。書類選考をパスしたら京都銀行のウェブテストを実施します。科目は数学、国語、漢字、英語となっています。その後グループディスカッションがあります。グループディスカッションの後、1次面接と2次面接があります。1次面接ではエントリーシートに沿った質問などがあります。2次面接では少し掘り下げた内容の質問です。面接の翌日に電話で内定通知があります。以上がフローに関する選考情報でした。

京都銀行の選考情報②:地元大学以外の学歴の出身者も多い

次に、学歴についての選考情報です。京都銀行の採用する学生の学歴は決して高学歴にこだわりません。また採用人数は毎年約200名です。長い歴史を持ち、伝統的な産業や最先端の産業が併存する特異な京都という土地に信用されている銀行です。京都銀行では学歴や偏差値ではなく、人物重視の採用選考を行っています。そのため比較的面接に重点が置かれています。ちなみに京都銀行に在籍している社員の出身大学を見てみると、同志社大学、立命館大学、京都大学、龍谷大学、東京大学、大阪大学、一橋大学、広島大学、名古屋大学、金沢大学、関西学院大、京都産業大学、京都精華大学、お茶の水女子大学、和歌山大学、京都教育大学、滋賀県立大学などの出身者がいます。学歴についての選考情報をお伝えしました。

京都銀行の選考情報③:採用人数は200名程度

京都銀行の採用選考は学歴重視ではなく人物重視であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属についての選考情報です。京都銀行では例年200名ほどの採用人数となっています。職種別の採用は行っておらず、全体の採用人数がこの数となります。

採用人数も配属部署も多い

配属先は、銀行のあらゆる営業活動の根幹を占める預金部署、融資のプロフェッショナルである融資部署、お客さまの資金決済にかかわる為替部署、多様なニーズに応える銀行の顔でもあるテラー部署、資産運用などのアドバイザー業務をおこなう個人金融アドバイザー部署、住宅ローンなどで営業を推進する住宅ローン部署などがあります。また勤務先は、京都の本店をはじめ京都、滋賀、大阪、兵庫、奈良、東京、愛知にある各支店などとなっています。ここまで採用人数や配属に関する選考情報をご紹介しました。

京都銀行の選考情報として幅広い大学・学歴の出身者がいて採用人数や業務の種類も多いことを知っておく

京都銀行の選考情報として就活生が知っておくべき学歴や採用人数についてご紹介しました。伝統的な産業から最先端企業まで幅広い顧客層を持つ、特異な京都という土地に根差した地方銀行が京都銀行です。学歴はそれほど問われませんが、採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。選考情報を把握したうえで、選考活動に臨みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント