2020年06月24日(水) 更新

我慢強い長所を自己PRでアピールするコツ|面接官に響く内容にするなら知るべきこと【例文あり】

就活生が自己PRでアピールできると思う能力

自己PRでアピールできる能力とはどういったものなのでしょうか?キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:自己PRでアピールできる能力としては何が挙げられますか?また、それを効果的に伝える方法としてどのように伝えるのがいいと思いますか?

就活生の回答

私が自己PRでアピールできる能力だと思うのは、粘り強さ、思考力です。その理由は、入社してからのイメージに影響があるポイントだと思うからです。粘り強さだったら、入社後にどんな困難があったとしても持ち前の粘り強さで乗り越えられそうなイメージがあります。思考力は、単純に頭が切れるイメージがあり、仕事効率の良い印象があります。これらを効率的に伝えていくためには、過去の具体的な経験を交えて伝えることが大事だと思います。例えば、学生時代の経験や部活への取り組み姿勢を具体的に入れていくことでイメージが付きやすいかと思います。

※上記は就活生から取得したアンケート回答を基に、編集部で独自に加筆した代表的な学生の声の一例です。

我慢強いという長所は就活で自己PRにできる

ストレス耐性をアピールできる

就活で自己分析をする中で、自分が我慢強い性格だということに気付いた人も多いのではないでしょうか。我慢強いという性格は、 ストレス耐性をアピールできる長所になります。仕事を始めると、新人の時はとくに、辛い出来事や乗り越えなければならない壁と向き合う可能性が高いです。
ストレス耐性がある人は、会社をすぐに辞めるという考えに至らない場合が多いため、採用担当者に安心感を与えられるでしょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

我慢強いことを自己PRでアピールするには?

①:具体的なエピソードを取り上げる

自己PRでアピールするには、我慢強いことを証明するエピソードを取り上げる必要があります。自分がどんな風に我慢強いのかを伝えるためにも、長所が発揮されたエピソードに具体性を持たせると良いです。我慢強いというアピールをするなら、部活やアルバイトなどで我慢したことがプラスに働いた結果、得た成績などを伝えるといいでしょう。

②:困難を乗り越えた経験で長所を正しく理解してもらう

自己PRするエピソードは、困難を乗り越えた経験を取り上げると採用担当者の印象に残りやすいです。持ち前の我慢強さで困難を乗り越えたということが伝えられれば、アピールしている長所が本物だと証明できます。自分のことを何も知らない採用担当者に、長所を正しく理解してもらうためにも、エピソード選びは慎重におこないましょう。

③:企業に貢献できる長所だとアピールする

自己PRを作成するときに大切なのが、我慢強いという長所が企業に貢献できる性格だと伝えることです。自分が持っている長所が企業のプラスにならない場合、アピールしても意味がありません。我慢強いという長所が、企業で働く上でどのような影響を与えるのかをアピールしましょう。

我慢強いことを自己PRするときの注意点

①:趣味や好きなことのエピソードは取り上げない

我慢強いという長所を自己PRにする際、趣味や好きなことを題材としたエピソードを取り上げてはいけません。趣味や好きなことに関するエピソードでは、我慢強いという長所を十分に引き出せないのです。趣味や好きなことは時間を忘れて続けられるため、我慢よりも楽しさの方が勝ります。大変なことや、辛い出来事があっても逃げ出さない精神力をアピールするためにも、一般的に楽しくはないと判断されるエピソードを取り上げましょう。

②:行動力がないと思われる可能性もある

我慢強いという長所には、短所も隠れています。我慢している状況は、辛いことをじっと耐えて他の行動をとっていないともいえるでしょう。そのため、辛い状況を突破するような行動力がないと面接官に思われる可能性があります。我慢強いことをアピールした上で行動力を示すなど、短所をカバーできるような一文を取り入れるといいでしょう。

③:企業分析をして仕事内容や社風を知っておく

自己PRを作成するときは、企業分析をして仕事内容や社風を知っておくようにしましょう。企業について何も知らないと、長所を活かす業務などを伝えられません。我慢強さは、精神的な忍耐力が必要になる仕事や単純作業などで発揮されます。長所と志望する業務のすり合わせをおこなうためにも、企業分析をしておきましょう。

我慢強い特性をアピールするには?

我慢強いことをアピールする自己PRの例文

我慢強いことをアピールする自己PR

我慢強いという長所をアピールする自己PRの例文をみてみましょう。


  • 私の強みは、どんな困難な状況でも前向きに捉えられる精神力です。私は大学に入学してからの1年間、洋服店で販売のアルバイトをしていました。その販売店にはノルマがあり、アルバイト生も達成する必要がありました。はじめはなかなか売上が伸びずに悩みましたが、洋服の勉強や仕事が始まる1時間前に店に到着するなどの努力を忍耐強く続けました。その結果、半年後にはノルマを達成でき、お客様との顔なじみになれました。貴社においても、困難な状況でも前向きに捉える精神力を活かし、営業職として努力を惜しみません。

我慢強いという長所を自己PRでアピールするなら具体的なエピソードを交えよう

いかがでしたか。我慢強い長所を自己PRでアピールする場合は、具体的なエピソードを交えて企業に貢献できると伝えることが大切です。その場合、趣味や好きなことは我慢強さのアピールにならないので、避けた方がいいでしょう。我慢強いというアピールで人間性を伝えるためにも、困難なことを乗り越えた経験を取り上げるのがおすすめです。
志望する業務と長所をすり合わせるためにも、企業研究を忘れずにしておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント