2019年12月19日(木) 更新

自己紹介カードとは?就職活動や企業での扱い

就職活動で使うことになる自己紹介カード

就職活動の際に様々な企業説明会へ訪れますが、そんな時に自己紹介カードといった物を企業側に提出することがあります。記入内容は、氏名や住所、連絡先の他に最終学歴、そして取得している免許や資格などです。もしも学生でない場合には、職歴を書く場合もあります。就職活動や転職といった場面では、こういった簡単な履歴書のような自己紹介カードを提出する機会が多くなるでしょう。

自己紹介カードも魅力的に書こう

就職活動をする際には大手の企業ほど、まずは自己紹介カードを記入してもらって、それから適正検査や身体検査を受けて、その第一段階をクリアした人をさらに面接や履歴書で判断する場合があります。そのため、就職活動においては、まずはその第一段階をどうしてもクリアするために、適正検査や就職試験で合格できるのと同じくらいに、自己紹介カードも出来る限り魅力的に書きましょう。

自己紹介カードは読みやすさが大切

誰でも読みやすい物だったらじっくり読むようになります。もしも内容がどんなに良くても、字が読みにくかったり、汚かったりすると、それだけで、企業側にとっては、大勢いる応募者の中からふるい落とす理由になるかもしれません。複写式になっていたとしても、同じ内容だからと面倒臭がらずに、就職してみたい企業ごとに丁寧に1枚ずつ記入していくのもよいでしょう。

自己紹介カードを作成できるよう履歴書を持参しよう

自己紹介カードは、就職試験を受けに行った会場や企業説明会を聞きにいったその会場で記入する場合が多いです。当日にはまだ履歴書を提出する必要がないとしても、最終学歴の年月日や資格や免許を取得した日時をきちんと記入するために、履歴書は持参した方が良いでしょう。面接の時に、自己紹介カードで記入した内容と履歴書の内容と違っていた場合には、多くのリスクを抱えるからです。

自己紹介カード記入の練習をしておこう

自己紹介カードの記入に関しては、就職活動中であれば常に練習しておく事が大切です。いろいろな会社の自己紹介カードはインターネット上からダウンロードできるので、ダウンロードした物のコピーを多めにとっておいて、記入の練習をしておきましょう。そうすると実際に就職説明会の会場に行った時に、自己紹介カードを記入する際にも慌てなくて良くなります。自己紹介カードといえども大切な書類だと思って、対応して下さい。

企業内でも役立つ自己紹介カード

大手の企業となるとその社員数も相当な規模になります。企業の各支店の社員が集合した時なども、混乱が予想されます。そういった時に役立つのが、企業内で用いる自己紹介カードです。これは社内のパーティーや会合、イベント、部活等で大変役立ちます。これが後で人事の評価にも役立つ場合もあるでしょう。自己紹介の場面と同様に自己紹介カードにも出来るだけ魅力的に書けるように努力してください。

シンプルなのが魅力の自己紹介カード

企業内イベントでの自己紹介カードは、シンプルな形式なので余計な個人情報を書く必要がありません。履歴書のように様々な内容をきちんと記入する必要もないので、場合によっては部署と簡単な経歴と氏名、連絡先だけでもOKです。誰でも自由に閲覧できる状態にしておく事で、より社内の人の事を覚えるきっかけとなります。

あなたのマナー力はどのくらい?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、、力試しとしてもおすすめです

自己紹介カードは就職活動や企業内で使う履歴書よりも簡単なもの

就職活動や企業で使う自己紹介カードについてご紹介しました。自己紹介カードは就職活動の企業説明会や、就職後の企業内イベントなどで使うものです。履歴書ほど重みのあるものではありませんが、就職活動においては魅力的に書く必要があります。しっかりと書く準備をしておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【コールスタッフ募集】高時給×インセンティブ×柔軟シフトOK!

    エントリー後、【03-6435-0800】より面談についてお電話いたします。