2016年11月29日(火) 更新

金融庁を受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

金融庁の労働環境について①:業務内容

金融庁の労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。金融庁は、日本の行政機関のひとつです。業務内容として、日本の金融の機能安定を確保し、金融の円滑を図ることが挙げられます。そのような業務内容で、暮らしの本質を変える金融庁はこれからも期待が集まっているのです。

金融庁では国の監督で業務を行っている

金融庁では、国の監督で業務を遂行しています。多種多様な業務内容なので、職員にはコミュニケーション能力や現場力・発想力など瞬時に判断できる能力が求められています。しかし、休日制度の充実し、残業時間も比較的少ない金融庁はしっかりとした土台の上で仕事ができるので、達成をより感じやすいといえるでしょう。また、業務に当たる職員は、てきぱきとした行動や思考を培っていける環境でもあるということです。

金融庁の詳しい業務内容を把握しよう

職種は最終的に入省後の面談で決まります金融庁の詳しい業務内容として、以下の項目が挙げられます。金融庁は職種ごとに業務内容が異なりますので、確認しておきましょう。なお、他にも様々な職種があり、機能しています。
◆金融機関の検査:銀行や保険会社、証券会社などの金融機関に対して調査を行い、不正についてチェックする。
◆金融システムの構築:金融制度の企画・立案・法案を行う。
◆金融機関の監督:金融機関の業務が健全に行われているかの確認を行う。
◆公認会計士の監査:公認会計士の監査をし、ことによっては日本公認会計士協会などの立ち入り調査もともに行う。

金融庁の労働環境について②:労働時間・休暇制度

金融庁の労働時間についてご紹介します。休暇制度がしっかりとしている金融庁ですが、実際はどうなのでしょうか。
金融庁の労働時間は、職種によって異なります。基本的には定時で帰れる人が多いそうです。勤務は、原則9時30分から18時15分の労働となっています。始終業時間は職種により異なりますので事前に確認しておきましょう。

金融庁は休暇制度も充実している

金融庁の魅力として、休日制度の充実が挙げられます。週休2日制で、祝日も基本休みとなっています。出張が休日と被った場合は、振休の取得が可能です。
その他、年末年始や年次有給休暇(年間20日間)、夏期休暇、特別休暇などの休暇制度も充実しています。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。申請すれば、基本的に休暇が適用されます。

金融庁の労働環境について③:残業時間

金融庁の労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。金融庁の残業時間も、職種によって異なりますが、決算時期になると残業が増えるようです。金融庁の平均残業時間は、月37.8時間程度とされています。この数字は、あくまで平均ですので、それ以上の人も、それ以下の人もいます。入省前に、自分が配属される職種がどのくらい残業しているのか確認できると良いですね。

金融庁の業務内容は金融制度の企画立案が中心で労働時間は職種によって異なる

金融庁の業務内容と労働環境についてまとめました。就活生は、この業務内容や業界の指針、労働環境を知り、業界にエントリーしましょう。金融庁の業務内容は金融制度の企画・立案が中心で、今後もより良い環境での業務を目指しています。金融庁は、残業が少ないので無理なく働ける環境であるといえます。
このような業務内容や労働時間などの業界研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入省後のミスマッチを防ぐためにも、業界研究を入念に行いましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント