2016年11月29日(火) 更新

失業保険の受給に必要な活動実績の種類と作り方

失業保険の給付手続きはハローワークでできる

失業保険とは、過去に働いていた人々が離職して職を失った際に、新しい職が見つかるまでにサポートされる給付金です。そもそも失業保険を受給するためには、就職するという気持ち、そして常に就職できるスキルがある状態でありながらも、就職できない状態の人を対象としています。
失業保険の給付金を受け取るためには、ハローワークで案内される手続きをすれば問題ありませんが、「失業認定申請書」について理解する必要があります。

実績が必要な失業認定申請書は応募や面接で埋めていく

この失業認定申請書には、自分の「求職活動」の実績を記載する欄があり、これが正当なものでなければ失業保険を認められません。過去にどのような求職活動を行ったのかを記述する必要があり、たとえば志望する企業に履歴書を送る、採用面接を受けるなど、一般的な就職活動内容の実績であれば、問題なく求職活動として認められます。

求職活動内容の実績を作る2つの方法

失業保険の給付を受けるために、求職活動の実績を「つくる」ということも可能です。求職活動に該当するのは、第1に「企業へ履歴書を送る」「採用面接への応募」が代表的です。第2に「職業講習への参加」です。

企業へ応募する方法は迷惑にならないように注意

募集のある求人へアクションを起こすこと自体が求職活動の実績としてカウントされます。失業保険の給付を受け取るための効率的な方法と思われがちですが、意図的に不採用となるような姿勢でいると、仕事を紹介したハローワークに多大な迷惑がかかるためやめましょう。

職業講習も求職活動の実績扱いになる

第2に、ハローワークで頻繁に開催されているような、就職のためのセミナーを受講することも、立派な求職活動の実績と認められます。履歴書の書き方や面接の心構え、そして自己分析など、就職のために必要なことを勉強できるだけではなく、求職活動に該当する行動なので、非常に効率的な実績作りの行動になります。

資格試験も求職活動の実績に認められる

就職するための武器になる資格も、求職活動に分類されます。○○検定3級のような資格であれば、資格取得は難しくありませんし、なにより求職活動の実績として、失業保険への強みになります。しかしながら、自分が希望している職種とは関係のない資格を目指すのはNGです。

無関係な資格の取得は認められないため注意

失業保険給付のために、なんでも資格試験を受験すればいいというわけではありません。自分の就職したい世界と無関係の資格を持ったとしても、それは就職活動の実績とは認められないのです。
個人の求職活動を判断するハローワークでは、資格に詳しい人が多く、資格試験を受けた意図を聞かれることになりますので、失業保険給付に向けて不利になってしまうケースもあります。しかし、資格が求職活動として認められることには変わりありませんし、なにより就職への成功率が高まります。

失業保険の活動実績は「求人への応募・面接・講習への参加・資格取得」がおすすめ

失業保険給付のために必要な、活動実績作りの方法を紹介しました。
一般的な就職活動である履歴書送付や採用面接受験などをせずに、求職活動を作ることは十分に可能です。失業保険の給付を受け取るためには、いままでに行ってきた就職活動実績をいくつか持たなければなりません。活動内容もひとつではなく複数の実績を持つことで、滞りなく失業認定申請書の確認が終わりますので、是非参考にしてみてください。くれぐれも、ハローワークや企業に迷惑をかけないように気をつけながら行ってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】