2016年11月29日(火) 更新

失業保険の給付期間に関わる2つの退職理由

退職後の収入を安定させるカギは失業保険

何らかの理由を通じて、それまで勤めていた仕事を辞め、職場から退職しなくてはならなくなった場合、ほぼ全ての方が新たな職や職場を求めて活動を開始します。ただし、すぐに職場復帰できる保証は無く、実際に勤務を再開するまでの間、収入が途絶えてしまうという問題に必ず直面します。この時に最も大きな力となってくれるのが、失業保険の存在です。失業保険に加入しているかどうかで、退職後の収入の安定を決めるカギとなります。

在職中に失業保険に加入していれば給付金を得られる

失業時の生活を安定させられる失業保険。雇用保険という名称が正式なものですが、失業保険という呼び方の方が一般に周知されています。失業保険は失業保険の一種で、在職中に失業保険に加入していた人であれば、退職理由や退職後の期間に応じて失業保険から給付金を受け取る事ができます。一定期間までの時限的な措置ですが、収入の安定が図れる最も頼れる存在です。

失業保険の給付金は給与額や退職理由で変わる

失業保険をもらえる資格を持っていれば、所定の窓口で退職を申請することにより、失業保険から給付金を受け取れます。実際に受け取れる給付金の額については、退職した理由や退職前の給与額によって違いがあるほか、あらかじめ制度によって定められている給付期間の長短によっても違いがあり、これらの点を事前に理解した上で行動できるかどうかで、実際の給付金の総額にも差が生まれます。

期間が長くなるほど給付総額は増加する

失業保険は、1日当たりに受け取る事ができる基本額に、給付金が給付される期間数を掛け合わせることによって総額を求められます。つまり、給付期間が長ければ長いほど、実際に受け取ることができる失業保険の給付金総額も増加します。反対に、給付期間が短ければ短い文だけ給付総額が減ります。

失業保険の給付期間には個人差がある

失業保険は、失業保険に関連した制度によってあらかじめ、その支給条件や支給額、実際に受け取れる給付期間について全て明記されています。ただし、あくまでも条件が明記されているだけなので、実際に受け取る方の個人差によっても給付期間に違いが出てくるのが一般的です。つまり、失業保険の給付額が全ての方で一律というわけではなく、個人差によって給付総額にも違いがあることを理解しておきましょう。

給付期間は自己都合よりも会社都合退職の方が長くなる

失業保険を受け取れる給付期間に、個人差による違いが出てくる条件として、さまざまなものが該当します。中でも一番大きな要素となるのが、退職した理由についてです。例えば、職場を自己都合で退職した場合と、雇用主から解雇を言い渡された場合を比較すると、同じ退職となる反面、解雇による退職に至った方が、給付期間が長く設定されます。また、当然ですが、在職中の失業保険の加入期間によっても給付期間に差が出るという点もポイントです。

失業保険は自己都合よりも会社都合退職の方が期間は伸びて給付額が多くなる

退職後の不安定な収入状況を支えてくれる欠かせない存在となってくれる失業保険は、実際に受け取れる給付金に加えて、失業保険の受給期間にも個人差があります。受給期間に差が出る理由としては、失業保険の加入月数や、職場を退職した理由が解雇などの会社都合か、自主退職による自己都合によるものかで変わります。これらの違いを事前に理解しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント