2016年11月29日(火) 更新

就活で役立つ!金融業界を志望する際のポイント

金融業界の競争は激化している

金融業界と言えば、高収入で好待遇というイメージを持たれていることがありますが、仕事内容は激務です。金融業界は、サービス業の位置づけになっており、商品力やサービス力の向上、コストダウンの徹底を企業が競って行っています。そのため、金融業界の企業に勤める社員にはそれだけ高い提案力やコミュニケーション能力などスキルが求められます。

金融業界の企業は利益を積極的に求めている

金融業界の競争が激化しているため、利益を積極的に求めるようになっています。暮らしや産業などを金融機能を用いてサポートするだけでは競争に勝つことができないため、マンションやアパート経営、不動産運用など様々な分野に進出しています。金融業界を対象に就活するのであれば、進出している分野についての知識と、それらの職種に合わせた自己PRと志望動機を考えることが大切です。

金融業界を志望する際は銀行以外の職種を知っておこう

金融業界と言えば銀行員という風に、限定された視野で就活をしても成功することは難しいです。まずは、金融業界にどのような職種があるのかを知りましょう。金融業界の職種では、融資や投資をする企業の経営状況を調査し、その安全性を評価する仕事があります。これは、クレジットカードやキャッシングの審査を行う企業が行っている仕事です。また、同じように分析が必要となる職種に証券アナリストが挙げられます。

資格があっても就活に大きく有利にはならない

金融業界の職種には、個人を対象にして、資産の内容や収入をライフプランに合わせて適切に運用するアドバイスをしたり、金融商品の販売を行うものも存在します。個人資産を扱う専門家として顧客から信頼を得られなければならないため、ファイナンシャルプランナーの資格もしくは知識が必須です。ただし、資格を持っていても就活に大きく有利になるとは限りません。

金融業界に就職してからのことを考えよう

金融業界の中でも銀行は、50代に差し掛かった頃から転籍や出向を命じられ、収入の水準が低下する傾向があります。それでも、30代に1,000万円近い収入を得られることもあり、金融業界の中でも銀行は特に求人倍率が高いことで知られています。将来的に、より多くの収入を得られることが見込まれますが、加齢と共に企業に必要とされなくなっているように感じる可能性があるので、就活の際にはそういったマイナス面についても知っておくことが大切です。

金融業界は基本的にノルマが厳しいので注意

融業界の中でも、営業や金融商品の販売員に関しては、課せられるノルマが非常に厳しいです。また、上司が体育会系気質が強く、性格面で合わないことも考えられます。就活の際には、自己分析をして、そういった職場環境に耐えられるかよく考えましょう。就活に成功して入社することになっても、すぐに転職するようなことになれば、努力をして就職した意味がなくなります。

金融業界への就活を行う際には関連職種を学びノルマなどが厳しいことを知っておこう

就活で役立つ金融業界を志望する際のポイントについて紹介しました。就活の際には、予め金融業界の内情を調べておくことが大切です。金融業界は基本的に高収入ではありますが、50代になれば転籍や出向などによって収入の水準が落ちる傾向にあります。また、競争が激化しているため、厳しいノルマを課せられることが多いです。就活の際には、こういったことを知った上で、自己分析をして、自分にできるかどうかを考えましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント