2016年11月29日(火) 更新

マスコミ業界を対象に就活をする際のポイント

マスコミ業界の中でも大手は収入の水準が高い

就活の際にマスコミ業界を目指す理由の1つに、収入の水準が高いことが挙げられます。特に大手の場合は35歳で年収1,000万円を超えることもあり、それを魅力的に感じて就活の対象にすることもあります。マスコミ業界の中でも小さい企業であっても、他の業種と比較すると高い水準の水準を得られます。自己分析をした結果、マスコミ業界が自分には向いていないと判断したのであれば、収入に目が眩んで無理に目指すことのないように注意しましょう。

マスコミ業界では体力や精神力が必要

マスコミ業界では、深夜に及ぶ張り込みなどを行うこともあるため、体力が無ければ働くことは難しいです。基本的に、現場に出向いて取材をすることが多く、必ずしも思っていた通りの結果を得られる訳ではありません。そのため、体力だけではなく精神力も必要であり、更に世の中に情報を伝えることに関して自分の考えを持ち、伝え方を工夫できなければなりません。

マスコミ各社のインターンシップに参加しよう

マスコミの業務内容を身を持って知り、自分に合っているかどうかを判断するために、マスコミ各社が実施しているインターンシップに参加しましょう。企業の職場環境を知れたり、社員と話しをしてマスコミについての理解を深めることが可能です。他の企業の就活スケジュールも考慮して、問題無いのであればできるだけ参加しておきましょう。

視野を広げてマスコミ業界への就職を目指そう

マスコミ業界を対象にして就活をする際には、書籍を読んで視野を広げることが大切です。マスコミ業界の企業の面接官と同じ目線に立つために、マスコミの仕事内容とノウハウを学ぶ必要があります。そうすることで、マスコミ業界の一員になりたいことに関するモチベーションの高さをアピールできます。就活の際には、企業研究を行う前に、業界研究を行うことが大切です

就活の際には企業研究に打ち込もう

マスコミ業界を対象に就活をするのであれば、企業が力を入れている事業や企画に注目し、徹底的に研究をすることが大切です。マスコミ業界は基本的に求人倍率が高く、1000倍以上にも及ぶことがあります。つまり、1000人に1人しかその企業に入社できないということです。企業研究を疎かにしたり、手を抜いてしまえば、当然ながら不採用になるでしょう。

筆記試験の対策を入念に

マスコミ業界の求人倍率は高いので、必ずと言っていいほどに筆記試験が行われます。特、筆記試験ではGABが出題されることが多いので、満点を取る意気込みで対策をしておきましょう。求人倍率が高いということは、それぐらいの意気込みで対策をしなければ筆記試験で不採用になり、面接にすら進めない可能性があるということです。

マスコミ業界での就活は体力・精神力が必要でインターンに参加して企業研究をしよう

マスコミ業界を対象に就活をする際のポイントについて紹介しました。マスコミ業界の求人倍率は1000倍にも上ることがあるため、筆記試験で高得点を取らなければ面接にすら進めない可能性があります。特に、GABは満点を取るぐらいの意気込みで勉強し就活に臨みましょう。また、マスコミ業界で働く人と同じ目線に立つために、書籍などを読んで、マスコミ業界での仕事を理解しましょう。また、就活の際には必ず業界研究と企業研究を行うことが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶東京(立川)会場へのお申込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。