2016年11月29日(火) 更新

証明写真を就職活動で使う際に面接官に好印象を与えるコツ

証明写真は面接官が最初に見るため重要

証明写真は、履歴書に貼り付けることになります。第一選考が書類選考の場合は、証明写真を見て印象が変わるため、選考に大きな影響を与えます。第一選考が面接であっても、面接前に履歴書を確認されて証明写真を見られて第一印象が予め決まっていることが多いです。このように、就職活動において、証明写真は選考や面接の内容を左右する重要なものだということを覚えておきましょう。

書類選考の応募者が多ければ多い程に証明写真で不利になる

就職活動において、書類選考用として証明写真を撮ったところ、印象が少し悪くなるような身だしなみやスーツの着こなしをしてしまったが、妥協して会社に送付してしまった場合は非常に不利になります。また、書類選考の応募者数が多ければ多い程、証明写真から得た印象が悪かった時点で二次選考へは進ませてもらえなくなる可能性が高いです。

面接官に好印象を与えるコツは方の力を抜いて自然な姿勢で証明写真を撮ること

好印象を与えられる証明写真を撮ることができれば、それだけ就職活動を有利に進められます。証明写真を撮る際には、緊張によって、つい肩に力が入ってしまいがちになりますが、しばらく高く肩を上げた後に脱力して肩を落とすことで、自然な姿勢を保ちやすくなります。事前に鏡の前で姿勢を確認してから、証明写真を撮影することが、面接官に好印象を与えるコツになります。

口角を上げて就職活動の証明写真に相応しい表情を作ろう

就職活動の証明写真に相応しい表情を作ることで、面接官に好印象を与えることができます。口角は少しだけ上げて、顎はどの位置が良い表情になるのか鏡を見ながら微調整しましょう。口角が下がってしまうと、やる気が無い印象に見え、顎が前に出ていると偉そうにしているといった悪い印象を与える恐れがあります。スーツや髪型を整えるだけではなく、証明写真を撮る時の姿勢や表情に注意することが、面接官に好印象を抱かせるコツです。

スピード写真を証明写真に使っても面接官に悪印象は与えない

就職活動中は、説明会やエントリーシートの記入など、様々なことでスケジュールが埋まってしまうことがあります。そんな時に重宝するのが街中や駅構内などで見かけるスピード写真機です。スピード写真機で証明写真を撮れば、その場で写真を得られる上に低価格で済ませられます。しかし、姿勢や表情、身だしなみなど全て自分でチェックしなければならないため、証明写真において間違った認識を持っていれば、就職活動が不利になる原因になります。

写真館で取ると姿勢や表情を細かくアドバイスしてもらえるのでおすすめ

就職活動の証明写真は、フォトスタジオで撮影すると良いでしょう。フォトスタジオで証明写真を撮るメリットは、プロのカメラマンがスーツの乱れや髪型、表情や姿勢など細かく指示してくれるため、就職活動を有利に進められる好印象を与えられる証明写真を撮ることができます。スピード写真かフォトスタジオか、どちらの方が良いかは一概には言えませんが、時間があるのであればできるだけフォトスタジオで撮影してもらった方が良いでしょう。

就職活動における証明写真は面接官が第一印象を得る重要なポイントなのでしっかりと撮る

証明写真は、就職活動を有利に進めるかどうかだけではなく、合否にも関わる重要性が高いものです。スーツが着こなせていなかったり、髪型のマナーができていなければ、それだけで面接官に悪印象を抱かせて、不採用になることも考えられます。就職活動の際には、何かと忙しくなるため、証明写真はスピード写真で済ませてしまうと考えることもあるでしょうが、できるだけフォトスタジオで撮り、面接官に好印象を抱かせるのが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント