2016年11月29日(火) 更新

証明写真機の設置場所を検索する方法

証明写真機の設置場所を検索する際にはメーカーのサイトにアクセスすれば調べられる

証明写真機の設置場所を検索する際には、メーカーのサイトにアクセスしましょう。「証明写真機」もしくは「自動証明写真機」で検索すると様々なメーカーのサイトが表示されます。メーカーによって展開している地区が異なるため、希望しているメーカーの証明写真機が近くに無い可能性もあります。まず検索するのは、自分が住んでいる周辺にどれだけの種類の証明写真機があるのか、その場所は自分の家から近いかを検索しましょう。

証明写真機は駅や繁華街に多く設置されている

証明写真機は、駅や繁華街などに設置されている傾向があります。検索せずに駅に行っても証明写真機が設置されているのを見つけることがあります。証明写真機にはストロボの光を外に漏れださないようにカーテンが付いているため、人通りが多いところに設置されていても証明写真機を撮るのが恥ずかしいといった事態になりません。近くに駅があるのであれば、とりあえず行ってみてもよいでしょう。

証明写真は履歴書などの規定にあったサイズを選ぶ

証明写真機を利用する際には、撮影前もしくは撮影後に写真のサイズを選択することになります。就職活動やアルバイトへの応募の際に提出する履歴書に貼り付けるのであれば、40mm×30mmを選びましょう。もし、間違えて写真貼付枠よりもサイズが大きくなってしまった場合は、不自然にならないようにカッティングしましょう。逆にサイズが小さくなってしまった場合は違和感が出てしまうので、使わない方が良いでしょう。

証明写真は提出日から3ヵ月以内に撮影したものを使う

履歴書のルールでは、提出日の3ヵ月以内に撮影した証明写真を使用しなければなりません。これは、あまりにも以前の証明写真だと、髪型や体型が変わっていたり、人相が変わっていることがあるためです。また、証明写真は本人であることがわからなければならないので、帽子またはサングラスなど顔の一部または全体を隠すようなものの着用は避けましょう。

背景を選べる証明写真機もある

証明写真機の設置場所を検索する際には、証明写真機の機能を調べておきましょう。証明写真機の種類によっては、背景色にピンクやグリーンといった様々な色を選べる場合があります。ただし、企業に提出する履歴書に貼り付けるのであれば、ブルーやホワイトもしくはグレー系が望ましいので、証明写真機の種類にこだわる必要はないでしょう。

証明写真機は昼間に撮影すると仕上がりが明るくなるのでおすすめ

証明写真機は、夜間ではなくできるだけ昼間に利用しましょう。そうすることで、太陽光が少しだけ証明写真機の中に入ってくるため、仕上がりが明るくなります。屋内に設置されている証明写真機であれば夜間であっても電球の光によって同じような効果が期待できます。どうしても夜間しか時間が空いていない場合は、屋内に設置されている証明写真機を検索すると良いでしょう。

証明写真機の設置場所はメーカーのサイトで検索して多機能のものを選ぼう

証明写真機で証明写真を撮影するのであれば、どれだけ様々な背景色を選べるかといったことや、屋内もしくは屋外のどちらに設置されているのかにポイントを置いて検索しましょう。証明写真機は、それぞれのメーカーサイトで検索できます。履歴書に貼り付ける場合は、写真貼付枠と同じサイズを選び、間違えて撮り直すことにならないように注意しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント