2016年11月29日(火) 更新

出版社業界を対象に就活をする際に押さえておくべきポイント

出版社業界の筆記試験では文章力を求められる

就活の際には、筆記試験を受けることになる可能性があります。出版社業界の選考には、必ずと言っていい程に筆記試験が導入されており、その中で高い文章力が求められます。SPIやGABといった筆記試験ではなく、出版社業界が独自に考案した筆記試験が採用されていることもあるため、就活の際に過去問などで対策することは難しいです。

出版社業界の筆記試験の難易度は高い

出版社業界の筆記試験では、普段使わないような言葉の意味や漢字についての問題が出されることがあります。出版社業界を対象に就活をする際には、高い言語力が必要になるので、自分に向いているかどうかよく考えましょう。他の業界を対象に就活をしているのであれば、SPIやGABなどの対策だけで済みますが、出版社業界を対象に就活をするのであれば、それだけ余計な時間がかかることになります。

出版社業界に入社してもキャリアアップは難しい

出版社業界に入社しても、一人のライターもしくは編集者としての立場を得られるだけで、それ以上のキャリアアップは難しいです。複数の雑誌やwebコンテンツを手掛けているのであれば、それぞれのリーダーとしての立場を任せてもらえる可能性はありますが、そうでない場合はキャリアアップは難しいということを覚えておきましょう。

出版者を対象に就活をするのは女性が多い

出版社業界を対象に就活をするのは女性が大半を占めています。これは、将来的なキャリアアップが見込めなかったり、薄給であるためだと考えられます。また、締切が迫れば、それだけ残業が増えることも考えられます。深夜に帰宅することも多くなるので、女性であれば体力に自信が無ければ続けることは難しいでしょう。こういったマイナス面も知った上で、自分にできるかどうか考えましょう。

出版社業界への就活の際には服装に気をつけよう

出版社業界の選考では、スーツが禁止の場合があります。これは、企業によって様々ですが、スーツと私服どちらでも良い場合もあります。私服で選考を受けるのであれば、社会人に相応しい私服を着用しましょう。ジーンズやスニーカーといったカジュアルなものは避けて、シャツにニットを合わせ、チノパンやきれいめなスカートでコーディネートしましょう。

出版社業界の社風によって採用基準が異なる

出版社業界の社風によって、選考の際の服装は変わります。そして、採用基準も様々であり、1つの出版社業界から内定を貰えたとしても、他の出版社業界からは一つも内定を貰えないこともあります。出版社業界は、ある程度の個性を就活生に求めているため、教科書通りのお手本の行動をしていては採用されることは難しいです。まずは、企業説明会に参加して、出版社業界の社風を知っておきましょう。

出版社業界を対象に就活をする場合文章力が求められ筆記試験の難易度は高いので注意

出版社業界を対象に就活をする際に押さえておくべきポイントについて紹介しました。出版社業界を対象に就活をするのであれば、筆記試験の対策が欠かせません。高い文章力と言語力を求められるので、しっかりと対策をしておきましょう。また、出版社業界は選考にスーツではなく私服で来るように指示をすることがあります。出版社業界の社風によって異なるので、就活の際にはまずは企業説明会に参加して、社風を知ることが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント