2016年12月12日(月) 更新

就活浪人をして就活で不利になる理由

就活浪人は就職活動で不利になることが多い

就活浪人をしたということは、就職活動をしていたにも関わらず、どの企業にも採用してもらえなかったということです。そのため、就職浪人をせざるを得なくなった真っ当な理由がなければ、終活で不利になる可能性があります。また、就職活動の途中で挫折したという風に偏見を持たれる可能性もあります。逆に言えば、就職浪人をした真っ当な理由があれば、就活で不利になることはありません。

常に新卒者と比較されてしまうことになる

どれだけ就職活動に力を入れていても、就活浪人をしてしまえば新卒者と比較されてしまうと不利になる理由があります。採用担当者によっては、就職浪人をした人物が余程魅力的な人物でない限り採用しないことがあります。そういった理由からくる不利をぬぐい去ることが、就活浪人をした人物に課せられた課題です。就職浪人をしてしまったのであれば、これからどのようにして就活を進めていくのか考えてから行動に移すことが大切です。

就活浪人をしてしまうと新卒よりも劣っているように見られてしまう

大学受験に失敗して浪人した場合、十分に力を付けて再度受験して合格することで、自分の実力を証明できます。しかし、就活浪人の場合は自分にとってどれだけ重要な理由があったとしても、採用担当者から見れば新卒で入社を目指している人よりも劣って見えてしまいます。どれだけ努力をしてきても、就活浪人をしてしまえば、採用担当者に説得力を与えることはできず不利になります。

就活浪人に対して温厚な企業も存在する

就活浪人に対して、その理由にしっかり耳を傾ける企業も存在します。ただし、これは就活浪人をした理由に耳を傾けているだけで、就活浪人を採用すると言っている訳ではありません。新卒者よりも劣っていると思われることに変わりはありません。しかし、そういった企業に対して納得してもらえる理由を伝えることができれば、採用してもらえる可能性も出てきます。

就活浪人を活かすには浪人中の経験を語る

企業の採用担当者には、就活浪人をした結果、現在何を感じているのかを伝え、反省点を述べましょう。更に、この経験をどのように活かしていきたいのかを伝えます。これができれば、採用してくれる企業が現れるかもしれません。就職浪人をしてしまったことは反省しなければなりませんが、それを次に活かすことが最も大切なことです。

高評価を得るのは難しいので企業研究や業界研究の知識で差をつける

就活浪人は、新卒生よりも経験が多いため、新卒生よりも受け答えや志望動機や自己PRの内容が充実しているのは当たり前だと認識されます。そのため、新卒生に比べると高評価を得づらく不利です。高評価を得るためには、採用担当者が考えている以上の実力差を感じさせる必要があります。企業研究や業界研究をより深く行い、企業や業界について質問された時に、より専門性が高い知識を持っていることをアピールして不利を払拭しましょう。

就活浪人をすると不利になる理由は新卒者と常に比べられるからで自分なりの経験を話して覆す必要がある

就活浪人とは、就職活動を翌年に持ち越した人のことを指します。不利になる理由として採用担当者によっては、余程魅力的な人物でない限り採用しないと決めていることもあります。また、新卒生よりも経験が豊富であるため、受け答えや面接の質問への解答の中身が充実していることが当たり前だと思われてしまいます。採用担当者の想像を超える程の行動や言動をすることで、高評価を得られるでしょう。不利になる理由をしっかりと把握して、就活浪人の道を選択しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

電気代を賢く節約!今よりもお得に使える電気会社をご提案<全国申込可能>

    エントリー後【0120-426-647】から詳細のお電話を差し上げます。