2016年11月29日(火) 更新

就活で業界研究と企業研究をするススメ

業界研究をすることで企業の立ち位置がわかる

就活の際には、企業研究をする前に業界研究をすることで、その業界内での企業の立ち位置を知ることができます。どういった製品でどれだけのシェアを誇っているのかということだけではなく、業界そのものにどういう影響を与えてきたのかがわかります。企業の将来性を知るために必要なことなので、就活の際には必ず業界研究を行いましょう。

業界研究をすることで企業の将来性がわかる

就活の際に業界研究をすることで、企業がこれまでどのように成長してきたのかを把握できます。成長途中なのか、成長しきっているにも関わらず業績を伸ばし続けているのか、はたまた停滞しているのかを知ることで、企業の将来性を知ることができます。転職を前提として就活をする場合を除いて、企業の将来性は必ず知っておきましょう。

業界研究は複数の業界を対象にしよう

就活の際に行う業界研究は、一つの業界のみ研究するのではなく、自分が少しでも興味がある業界は全て研究しましょう。そうすることで、どの業界の企業を対象に就活をするのが最も良いのか考えを固めることができます。また、業界研究をすることで視野が広がり、結果的に入社して良かったと思える企業を探すことができる可能性があります。

業界研究によって業界同士の関係性を把握しよう

複数の業界の研究をすることで、業界同士の関係性を把握することができます。また、志望している企業が、他の業界で事業を起こしており、そちらの方に興味が出ることもあります。業界研究をすることで、今まで知らなかった有益な情報を得ることができ、それによって就活により良い影響を与えることになるでしょう。就活は一生に関わることなので、できる限り業界研究を深く広く行うことが大切です。

企業研究をすることで希望の職種を絞れる

どういった業界を対象に就活をするのか決まっていても、希望の職種が決まっていないことがあります。その際には、より深く業界研究をすることで、就きたい職種が見つかる可能性があります。例えば、機械関係の業界で技術職以外に就きたいと考えている場合、メーカー同士を繋げるために商社に入社したいと思えたり、その補佐をするために事務になりたいと思うことなどが挙げられます。

企業研究を詳しく行うことで就職してから役立つ

就活をして就職してから、別の業界の事業を任されることがあるため、複数の事業を展開している大企業などへの入社を目指すのであれば、できるだけ多くの業界について研究しておくと良いでしょう。そうすることで、別の業界の事業を任されても、新たに勉強する時間を少なくして、スムーズに仕事に取り掛かれるようになれます。

就活では業界研究をする事で立ち位置を確認でき企業研究で事業の詳細を知れるのでオススメ

就活の際には企業研究をすることになりますが、その前に業界研究をしておきましょう。そうすることで、企業の立ち位置や将来性などを知ることができます。また、複数の業界について研究しておくことで、就活の際に選考を受ける業界の候補を増やし、視野を広げることができます。業界研究は、できるだけ広く深く行うことが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 18年卒
  • 24年卒
  • 19年卒
  • 22年卒
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

45944 view

おすすめの就活イベント