2016年11月29日(火) 更新

大学1年生でインターンシップに参加することがおすすめの理由

インターンシップとは企業で実際に就業体験すること

大学1年生からでも始められるインターンシップについて見る前に、インターンシップの意味を確認していきましょう。インターンシップとは、企業で実際に就業体験することです。大学やアルバイトでは学べない、貴重な就業体験ができ、専門知識や技術を身につけられます。では、なぜ1年生からの参加がおすすめなのでしょうか?

大学1年生は自由な時間が多いのでインターンを経験するのに最適

一般的なインターンシップは大学3年生からであり、大学1年生には、無縁の存在のように感じられます。したがって、大学1年生は大学の講義に参加したり、サークル活動やゼミ活動、旅行やアルバイトをしたりする人が多いでしょう。しかし、大学3年生になると、卒業研究なども忙しくなるため、意外と時間がなく、就職活動で焦るケースも少なくありません。大工1年生は自由な時間が多いです。そのため、大学1年生の夏・冬の長期休みで挑戦してみるのが最適です。インターンシップへの参加には、様々なメリットがあります。

インターンシップに参加すると職業選択がしやすくなる

大学1年生からインターンシップを経験すると、就活する際の職業選択がしやすくなるメリットがあります。大学1年生のインターンシップは、早い段階から「就業経験」を重ねられるため、仕事がどういうものなのかが就職活動の際にイメージしやすくなるでしょう。また、同学年の学生たちが経験できない社会経験を通じて、専門分野を確立しやすくなります。つまり、社会人としての基盤を早いうちから作れるのです。

大学生活とインターンシップの両立は大事

大学1年生のインターンシップは基本的に長期休みに行われるプログラムが多いです。しかし、中には在学中にインターンシップできるケースもあります。その際は学業との両立も大切です。特に入学したばかりだと、いまいち大学の授業などについていけないことがあるでしょう。そのため、大学1年生でインターンシップする際は時間管理に注意して参加するようにする必要がります。

インターンシップには「キャリア形成」や「有給」タイプがある

大学1年生にとってオススメのインターンシップは、いくつかのタイプに分類できます。まずは「キャリア形成に直結する」タイプです。例えば、金融や広告などの業界で専門的な知識、スキルを身に付けられるインターンシップです。将来のしたい仕事が決まったいるなら、特におすすめのインターンシップだといえます。また、インターンシップには「有給」のタイプもあります。お金をもらいながら社会勉強ができるため、おすすめです。

1年生向けのインターンシップはキャリアセンターなどで探す

大学1年生向けのインターンシップは、どのように探せばいいのでしょうか。大学1年生向けのインターンシップは、企業やNPOが募集しているケースがほとんどです。なかなか見つからないときは、大学のキャリアセンターなどに相談するといいでしょう。また、大学3年生が対象でも、1年生であるのを伝えて申し込みをしてみれば、参加できる可能性もあります。

「大学1年生で参加したのは正解だった」という感想が多い

大学1年生でインターンシップを経験した人は少ないため、いまいち参加した方がいいのかわかならい人もいるでしょう。しかし、大学1年生でインターンシップに参加した人の感想を見てみると、
『大学1年生で参加して後悔したことはない』、『インターンシップの参加は早ければ早いほど良い』、『自分のやりたいことが明確になった』などがあります。
こういった感想からも、大学1年生からインターンシップへの参加は有意義な経験だといえます。迷っている方はぜひ参加を検討してみてください。

大学1年生でインターンシップすると職業選択がしやすい!感想からも参加するのはおすすめ

大学1年生のインターンシップに関することについて見てきました。大学1年生であれば、これから4年間をフル活用して自分の未来を開拓していける可能性があります。大学1年生でインターンシップに参加した人の感想を見ると、前向きな感想が多いです。やりたいことがみつからない、何かに打ち込みたいという人はインターンシップへの参加がおすすめです。早いにこしたことはないでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント