2019年12月09日(月) 更新

職歴なしのときにアルバイト歴で書く職務経歴書のポイント

職務経歴書は職歴なしならアルバイト歴を書こう

職務経歴書に書くべき経歴は、何も正社員や契約社員、派遣社員としての経歴だけではありません。それはたとえアルバイトの経歴だけだったとしても書くべきなのです。ですから、職歴なしの場合は、アルバイトの経歴を順々に記載していくようにしていきましょう。アルバイトの経歴だって、1つの立派な経歴であることには変わりありません。

アルバイトと分かるように書く

ただし、職歴なしで職務経歴書にアルバイト歴を書く場合、アルバイトと分かるように記載しないとなりません。絶対にそう書かないとならないというルールがあるわけではありませんが、雇用形態についてはどうせ聞かれますから、最初からアルバイトでの勤務と分かるように記載しておいた方が良いです。会社名の後ろに(アルバイト)などと記載しておくと良いでしょう。

仕事に活かせる点を職務経歴書に記載する

職歴なしで職務経歴書にアルバイト歴を記載していく場合、内容はどう書くのか迷うでしょう。内容としては、ただそこでやっていたアルバイトの内容を羅列していくだけでも一応形にはなりますが、そのまま自分のアルバイト内容を羅列するよりも、そのアルバイトの経験から仕事に活きる点があるように内容を書く方が印象は良くなります。

業務内容の書き方・見せ方は大事

その関連性は、直接的なものでなくとも良いのです。たとえば、職歴なしで職務経歴書にアルバイト内容を書くからといって、「コンビニでのレジ、品出し」と書いてもそれが活かせる現場はあまりないように思います。しかし、「コンビニでの接客業務、および客層把握とそれに呼応した商品配置転換」というような書き方をしていけば、マーケティングの仕事やシンプルな接客業に活かせそうですよね。このような言い方や見せ方はすごく大切です。

職歴なしならアルバイトで行っていた工夫をアピールする

職歴なしで職務経歴書にアルバイト歴を書いていく場合、どうしても職務経歴書は内容が薄くなりがちです。ですが、内容が薄いとどうしても書類上での印象も弱くなります。ですから、たとえアルバイト歴しかなくても、出来るだけ内容は濃くするように工夫しないとなりません。内容を濃くするために、アルバイト中に工夫していた点や、そこで得たもののアピールなどを長めに記載していきましょう。

仕事への姿勢を伝える

たくさん書いていくことで、仕事へのやる気や姿勢、新しい仕事への熱意も伝わっていきます。もちろん年齢にもよりますが、アルバイト歴しかないと、どうしても仕事に対してきちんとしていないと思われがちです。ですが、こうしてきちんと内容を濃くして、アルバイトとはいえどもきちんと働いていたとが分かれば、その点もカバーできるでしょう。ですから、職歴なしで職務経歴書にアルバイト歴を書く際には、工夫やそこで学んだものなどを書いていきましょう。

適職診断もできる自己分析マニュアル

自分にどんな職が向いているか考える際にやっておきたいのが、自己分析です。でもいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのか解らず、すぐに行動に移せないことがあります。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

職歴なしの場合の職務経歴書はアルバイト歴を書いて心掛けていた工夫をアピールしよう

職歴なしのときにアルバイト歴で書く職務経歴書のポイントについて紹介しました。職歴なしの職務経歴書でも、こういう書き方をしていけば、アピールにはなります。アルバイトしか経験がないからと、職歴なしとだけ記載して提出するのはすごくもったいないです。アルバイトの経験もこれからの自分にしっかりと活かして、強いアピールが出来る職務経歴書を作成していってください。そして、新しい職歴を勝ち取りましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 20年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

42723 view

おすすめの就活イベント