2016年11月29日(火) 更新

国際インターンシップの内容と参加することで得られるもの

国際インターンシップとは海外での就労体験

国際インターンシップとは、海外の企業やNGOで一定期間就労体験を行うことです。日系企業の海外支店で行われるインターンシップを指す場合もあります。有給の場合と無給の場合があり、仕事内容や期間などは、企業によっても国によっても様々です。日本企業のグローバル化が進み、国際的ビジネスマナーや能力が求められている今、海外インターンシップ参加者は年々増加していると言えるでしょう。

時間のある若いうちに参加するのがおすすめ

国際インターンシップに参加するなら、時間がある、学生や若いうちに参加すると良いでしょう。ときには転職やキャリアアップのために、中高年の働き盛りの人が1年ほど休みをとって行う場合もあります。こういったケースもありますが、社会人になって海外でインターンシップするのは簡単ではありません。もちろんメリットも大きいですが、時間の余裕があるうちに参加してみると良いでしょう。

国際インターンシップの選択肢はプログラムによって様々

国際インターンシップで体験できる仕事は、実に様々です。日本の文化を教える教育分野、ホテルやレストランでの就業、日系企業などでのインターンシップと、選択肢は幅広いと言えます。国やプログラムによっては、発展途上国で行われる国際協力に近いプログラムもあるでしょう。一般的には、ホテルや飲食店などのサービス業が多いと言えます。ただし、プログラムによっては外資系企業や海外のスタートアップ企業などでもインターンシップができるのです。自分の目的にスキル応じて、インターンシップ先を選びましょう。

留学と国際インターンシップを組み合わせたプログラムもある

最近は、留学と国際インターンシップを組み合わせたプログラムも多くあります。語学学校で半年ほど英語力を磨き、それからインターンシップに半年ほど参加するコースがあるのです。こういったコースは、多くのエージェントが提供しています。エージェントを利用すると手数料はかかりますが、あらゆる国際インターンシップのプログラムを知ることができるでしょう。では、国際インターンシップに参加するとどんなことが得られるでしょうか。

参加するとグローバルなビジネス感覚が身に付く

国際インターンシップに参加すると、グローバルなビジネス感覚が身に付けられるでしょう。国際インターンシップに参加すると、ビジネスの現場で仕事をしていかなくてはいけません。やり取りは英語で行われるだけでなく、日本とは違ったビジネスマナーや考え方もあります。海外で実際に仕事をすれば、こうした国際的なビジネス感覚が身に付くでしょう。学生や若いうちからこういった感覚が身に付いていると、企業では即戦力として活躍できます。

就活の際も即戦力として評価されやすい

就職を控えた学生や、転職を考えている人であれば、国際インターンシップを経験しておくといいでしょう。海外の会社や外資系に勤めた経験がなくても、インターンシップを通してビジネス英語や電話対応などを学ぶことができ、企業にとっても即戦力になると判断されるからです。また、海外に飛び込むチャレンジ精神や柔軟性も評価されるでしょう。

国際インターンシップに参加するには高い英語力が必須

国際インターンシップに参加するには、高い英語力が必須となるでしょう。業界や仕事内容により様々かもしれませんが、外国語でビジネスを行うのは簡単ではありません。将来その企業への就職を目指している場合や、有給のインターンシップの場合は、特に高い英語力を要求されます。TOEICで900点以上は必要でしょう。しかし、ホテルやレストランといったホスピタリティ関連の業界や、日系企業の国際インターンシップに参加する場合などは、英語力をそこまで問われない場合もあります。それでも日常会話と電話の受け答え程度はできることが必須です。

様々な体験ができる国際インターンシップ参加するとグローバルなビジネス感覚が身に付く

国際インターシップは海外での就労体験のことであり、参加できる業種も様々なものがあります。企業のグローバル進出や外資系企業の増加により、国際インターンシップで得られたスキルや社会経験は、就職の際やビジネスシーンにおいてますます重要視されるでしょう。国際インターンシップでは、が経験できます。ただし、業界や企業によっては高い英語力が必要となるので、注意しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント