2016年11月29日(火) 更新

インターンシップで差をつけろ!メディア業界が求める資質

メディア業界でのインターンシップで学べるのは「情報の取扱」

メディア業界において、非常に重要なのは情報の扱い方です。どういった情報をどうやって集め、その情報をどう処理していくのかは、一朝一夕で身に着けられるものではなく、また普段考えているよりもずっと奥深いものとなっています。慎重性と大胆さの両立が求められるため、どのような媒体を扱う企業で、どんなポジションでインターンシップをしたとしても、情報の扱い方を学ぶことが出来るでしょう。

インターンシップではメディアリテラシーを肌で感じる

メディア業界のインターンシップに参加することで、その企業が取り扱う情報の処理方法を知ることが出来ます。実際に取り組むのが、営業系であっても技術系であっても、手にした情報の取り扱い方を学ぶ絶好のチャンスとなっています。どこまでどのように公表し、その情報によってどういった利益を狙っていくのかを知ることで、メディアによる多様な展開を意識していくことが出来ます。

メディア業界で求められるのは臨機応変なスキル

メディア業界において、常に求められているのは臨機応変なスキルです。取り扱っている情報や、担当する媒体、就職するポジションにもよりますが、時代の波を意識し、求められているポイントをしっかり満たしていくためには、その場に応じた行動力と実践力が求められます。メディア業界でインターンシップを行うことによって、そのスキルを実際に発揮している先輩の姿を間近で見ることが出来ますから、自分が目指すものがはっきりしやすいでしょう。

メディア業界のインターンシップに参加する事で行動力と実践力を磨ける

実際に取り組むことになるインターンシップの内容やスケジュールにもよりますが、メディア業界の仕事に参加することによって、臨機応変な行動力と実践力を磨くことが出来ます。課題を与えられ、それをクリアするためには、状況に応じた判断力と、求められた能力や知識を的確に実践していく適応力が大切だからです。もちろん、インターンシップのうちにすべてをクリアすることは難しいでしょう。スキルを身に着けるために、いま何をすべきかを知ることが出来るのも、大きな成果と言えるでしょう。

インターンシップに参加して主体性を身に着ける

映りゆく時代に適応していることが求められるメディア業界において、主体性は非常に重要になってきます。その場の空気を読み、動向を予測した上で、より的確なパフォーマンスを実践していくためには、主体性を欠かしてはいけません。学生のうちにそれらを身に着けるのは難しいですから、インターンシップによって実際の現場を知り、どのような主体性を持ち、どういった場面で発揮していけば良いのかを知ることが出来るのです。

会社の中で自分がどんな役割を求められているのかを感じられる

メディア業界が行うインターンシップに参加することによって、問題を解決するために、自分が出来ること、やるべきことを考える力を身に着けやすくなります。主体的に行動し、誰かと連携して、その場で自分が果たすべき役割を認識する洞察力を身に着けることもできます。どのようなメディアに従事することになったとしても、これらの主体性に沿った行動力や思考力はとても重要です。

メディア業界のインターンシップに参加すると臨機応変な資質や情報のリテラシーを求めていることが分かる

メディア業界への就職志望度が高い学生は、何かしらのインターンシップを経験しておくと、その後の就職活動に役立てやすいでしょう。主体的に考える能力や、求められているものを理解する洞察力、状況に応じた行動力や、チームプレーの大切さも知ることが出来ます。これらのスキルを身に着け、足りないものを理解した上で、高めていくことが重要なのです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 23年卒
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 24年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

43554 view

おすすめの就活イベント