2019年10月31日(木) 更新

テストセンターでのSPI受検方法|注意点や制限時間についても解説

SPIの受検方法は3種類

SPIの受験方法は、学生時代までの試験とだいぶ違います。紙を用いた受験方法以外にパソコンを用いたものもあり、それぞれに会場となる場所が違うのが一番の特徴です。

パソコンを用いるものには大まかに3種類の受験方法が存在し、企業はこの中から自社に合うものを選択し、就活生の選考に使用する形のため、選考でもよく使われています。

WEBテスティングと呼ばれる受験方法は自宅や大学のパソコンなど、場所が指定されず好きな場所で受験できる方法です。場所を選ばない分、緊張感を保つことが大事になってきます。

インハウスCBTと呼ばれる受験方法は企業の用意した会場でのパソコンを用いた受験方法です。企業によっては、面接もあわせておこなう場合があります。

テストセンターとはリクルートが運営する会場での受検方法

テストセンターは上記に挙げたパソコンを用いる受験方法ですが、会場はSPIを販売しているリクルート社が運営する、専用の施設での受験となります。

企業からは各自テストセンターの場所が指示され、指定期間内にテストセンターへ向かい、受験をするのが一般的な流れです。

テストセンターを使用する場合のメリットとしては、即座に受験結果が整理されるので、企業がチェックしやすいという点があります。

またそれだけでなく、企業側が検査のための会場を用意しなくてもよいので、人件費などが削減できる点も挙げられます。

就活生にとっても最寄りのテストセンターまで向かうだけで良いので、比較的簡単に受験しやすいようです。その分自分でテストセンターまでの道順を調べる必要があるので、注意が必要です。

テストセンターでSPI3を受けるまでの流れ

テストセンターでSPIを受験するまでは、以下のような流れで進むことが一般的です。

受験の流れ

①選考を受ける企業かメールを受け取る
選考会場や日付などの企業から連絡を見逃さないよう、メールや電話の通知はしっかりと確認しましょう。
特にテストセンターでの受験の場合は、メールを見ていないと最悪受験ができなくなってしまう可能性もあります。
②日程会場予約
企業からのメールには、テストセンターサイトへのリンクが掲載されています。このサイトから個人情報の登録をおこない、その後自分の地域に合わせたテストセンター会場への予約をおこないましょう。
受験時間は、自分の都合の良い時間を選択できます。
③性格検査の受検
受験の予約をおこなった状態でははまだ仮予約状態なので、本予約にするには、事前に性格検査をする必要があります。
性格検査は「予約操作をおこなった日の翌日午前3時まで(操作をおこなった日が土曜の場合翌日午前二時まで)」までに完了しましょう。
④テストセンターでの能力検査受検
本予約を完了すれば、後は受験をするのみです。指定日時に必要な書類と筆記用具を用意して、テストセンターへ向かいましょう。

テストセンターで受検の際の注意点

テストセンターで受験をおこなう場合、事前予約を自分でおこなう形となるためややこしいと感じることもあるかもしれません。

それ以外にも、テストセンターでの受験の際は様々な注意点があるので、これらについてもしっかり確認した上で、受験に臨むようにしましょう。

今回は特に、テストセンターでの受験にあたって重要な注意点を解説したいと思います。この点については忘れてしまうと受験ができなくなってしまうので、事前の確認も忘れないよう心がけてください。

①ピーク時は会場が混むため早めに予約する

テストセンターは本選考の締め切りが近くなる3~4月頃になると、予約する就活生が増えるため、会場が混みやすくなります。リクルートもそのことを踏まえ、ピーク時は受験可能な仮会場を増やすなどの対策をおこなっています。

とはいえ、会場が増えるとしても人が多く来ることになるのは変わりません。このため、ピーク時のギリギリに予約をすると受験そのものができない、ということになりかねません。基本的には早めに会場への予約をおこなうようにしましょう。

企業から案内のメールが合った場合、基本的にはすぐに予約の準備をおこなうのが好ましいと言えます。テストセンターでの受験をする場合は、メールチェックをこまめにするとともに、できるだけ速く企業からのメールに対応することにしましょう。

②顔写真付き本人確認書類と受検票が必要

テストセンターで受験をする場合、顔写真付きの本人確認書類と受験票が必要になります。

受験票は予約を完了すると、マイページに表示されます。この画面か、受験予約の確認メールを事前に印刷しておきましょう。予約確認メールも受験票として使えます。

プリンターがない場合は、紙に記載事項をメモして用意します。記載事項はテストセンターID・カナ氏名・検査名・会場名・電話番号・日程・タームです。

これらの受験票は、必ず紙一枚の表面に収まってなければいけません。受験票内容を受付で書き写す際に手間がかかるため、負担を減らすためにも表面一枚に収めるようにしましょう。

本人確認書類は、顔写真がついていれば特に指定はありませんが、有効期限が切れていないかを確認しましょう。学生証や運転免許証、パスポートなどが有効です。

テストセンターでのSPI3受検の特徴

テストセンターの受験では、他のSPIに見られない特徴がいくつか存在します。

この特徴を知らないままテストセンターで受験に臨んでしまうと、問題を解く前に混乱してしまうこともあるかもしれません。それではせっかく対策をしても、意味がなくなってしまいます。

この特徴は内容によっては実際の検査にも深く関わってくるものもあるので、受験の際はこういった点があるということを頭に入れた上で受験に挑むようにしましょう。

実際に気をつけておくべき特徴は、以下のようなものになります。

制限時間は問題ごとに設定されている

基本的にSPI3は受験時に制限時間が定められている場合があります。そのため、問題への対策の際も「まずは時間を意識して問題を解くようにしましょう」と解説されている場合が多いのです。

そのなかでも、テストセンターでの受験の場合、制限時間が問題ごとに設定されている形になります。問題数も多く出ることになるため、制限時間を問題ごとに意識する必要が出てきます。

この場合事前の問題対策で制限時間を意識するようにしておけば、そこまで不安になることはありません。大体の問題ごとの所要時間を知った上で問題を練習することで、実際の問題をテストセンターでおこなう場合も、制限時間内に落ち着いて回答できるようになるでしょう。

まずは常に時間を意識して問題を解けるように、問題集で対策をしておきましょう。

受検者によって出題される問題は異なる

実はテストセンターで受験をおこなう場合、受験者によって出題される問題はある程度異なるのがほとんどです。

というのも、テストセンターにはそれぞれ個別に受験予約をおこなうことになるので、同じ日に受験する場合でも違う企業の選考でおこなう場合も珍しくはないからです。

企業が調べたい能力によって、SPIの中から出題される問題内容は変わってきます。そのため、違う企業を受験する受験生が同じ日に予約していれば、受験内容も受験する人ごとにある程度変わってくることになるのです。

その分その人ごとに受験する時間も変わってくるので、皆が一様に同じように受験をおこなうとは必ずしも限りません。自分は自分の与えられたSPI試験に集中するよう、心がけましょう。

無料の模試&問題集で対策しよう

SPIの問題に慣れるには、多くの問題を解くことが効果的です。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

難しいテストセンター方式のSPI試験で失敗しないために納得するまで受け直ししよう

難しいテストセンター方式のSPI試験で失敗しないためには、自分で納得できる結果がでるまで何度も受け直しをしてみてください。

そのうちに会場の雰囲気にも慣れ、時間の使い方もうまくいき失敗しないようになり簡単だという意識にもなるはずです。SPI試験は決して難しいものではありません。失敗しないコツを活用して、テストセンターでのSPI試験を突破していきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶東京会場へのお申込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。