2016年11月29日(火) 更新

就職浪人した人が就活での面接を成功させる方法

就職浪人は就職活動において不利にならない

結論から言ってしまえば、就職浪人だからといって不利になることはありません。留年した理由を面接で聞いてくる企業は少なく、質問されなければ答える機会もないからです。エントリーシートに経歴を記入しても、そこまで気を配っている面接官もいないため、就職浪人という道を選んでも志望する業界から内定を受ける可能性は十分にあります。成功を掴み取れるかどうかは、面接当日までの準備や戦略が重要となります。

就職浪人を採用する企業は意外と多い

就職浪人であっても、面接を突破し、成功している人は多くいます。企業側も就職浪人であるかどうかは気にしておらず、あくまで人物像やスキルを重視して採用活動を行っています。エントリーシートの内容よりも面接に比重を置く企業は多いことから、前年度で結果を残せなかった人でも成功するチャンスは十分にあります。何がダメで何が良かったのかをしっかりと分析して、魅力的な人物に見えるよう、面接で精一杯アピールすることが成功の秘訣といえます。

就活に成功する人は面接で留年した理由を明確にしている

就職浪人だけでなく普通の就活生にも言えることですが、就職活動で成功する人は話している内容に説得力があります。安易な気持ちで受けて取り繕った言葉を発言しても、面接官はそれを見抜きます。大切なのは発言内容を明確にし、説明力を持って説明できる能力なのです。たとえ就職浪人の理由を質問されても、留年した理由を明確にしていれば、自信をもって説明できます。面接官に好印象を与えることができるため、面接が成功するのです。

就職浪人の理由を隠す場合は慎重に話す

単位を落としたなど、後ろめたい理由で就職浪人をした事実があるならば、どのようにして答えるべきでしょうか。マイナス材料にしかならない理由であれば隠す必要がありますが、前年度の就職活動で失敗したならば、正直に話すことも一手です。失敗を認めて、その後どのように改善してきたのかを具体的に話すことで、「成長性のある人間」という印象を与えることができます。面接官に強烈な印象をアピールできる武器にもなるため、回答を用意しておくといいでしょう。

就職浪人を採用する企業側のポイントはそれまで何をしていたか

企業の採用活動において、どのような人物を求めているのか基準が存在します。多くの企業が人物重視での採用活動を展開しており、この場合は就職浪人した人であっても成功する可能性は十分にあります。他にもスキル重視や、そもそも採用基準には影響しないなど、理由は様々です。大切なのは就職浪人を決意して、翌年度の就職活動までどのようにして過ごしてきたのか。何もしないで過ごしていればその分不利となるため、スキルを身に付けたり自己PRを見つめ直し、準備を怠らないことが成功への近道となります。

就職浪人でもネガティブな考えは捨てて堂々と面接に臨めば成功する

就職浪人だから不利という意識を排除して、堂々とした姿勢で面接に臨むことで印象は大きく変わります。どうしてもネガティブに考えてしまう人が多く、気持ちの面から改善できなければ面接時でもボロが出てしまいがちです。就職浪人を不採用にする面接官は発言から言葉の真偽を見抜くため、本音で話さなければ成功することはないでしょう。真摯な姿勢で応対することで、就職浪人であっても同じラインに立つことができ、成功することができるのです。

就職浪人した人が面接で不利になることはないので理由を明確に話しネガティブな考えを捨てれば成功できる

就職浪人の理由を面接で聞かれることは少ないのが現状ですが、質問された際の準備をしておくとベストです。留年した理由を明確にしておけば印象を操作できるため、内容次第で強力な武器へと変化させることができます。また、就職浪人中は、志望する業界に入るための勉強をするのも大切です。全ては翌年度への準備で、どうしも入りたいがために努力を惜しまなければ、就職浪人でも内定という成功を掴むことは十分にできるのです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント