2016年11月29日(火) 更新

履歴書の通過率を上げて採用されるための書き方と注意点

履歴書を書く際の注意点①:丁寧な字

履歴書を手書きで書く際の注意点として、丁寧な字を書くことです。どんなに字が汚い人でも、丁寧に書いているかどうかは相手には伝わります。初めから字が汚いからといって、殴り書きで書けばまず採用は難しいでしょう。字にはその人の性格が表れます。面接という重要な場面で、字がきたないからときれいに書こうという努力をしない人は、仕事をする時も同じようなことを繰り返してしまうでしょう。採用されたいなら、今の力全てを出して履歴書を丁寧に書きましょう。

履歴書の文字には人柄や個性が見える

履歴書の文字には性格が出ますし、丁寧に書いたか相手にも伝わります。注意点としては、字が汚いからパソコンを使うこともありますが、先方に確認をしてからにしてください。就活者にとってコスパや利便性を考えて、パソコンで履歴書を作る人もいます。しかし手書きの方が相手に気持ちが伝わりやすいものです。まだまだ仕事の現場では手書きが多い場面もたくさんあります。手書きの重要性を重視している会社も多いので、履歴書は手書きで丁寧に書いて、採用されたいという気持ちを伝えましょう。

履歴書を書く際の注意点②:職歴を誤魔化さない

履歴書を書く際の注意点として、自身のマイナス面があっては採用されないと思っても、正確に記入する事です。日本では職歴がたくさんあると、長続きしない人だと思われて、マイナスイメージが強いです。しかし海外では、職歴が多いほどいろいろな経験をしているので、プラスに捉えられ、採用に繋がることが多いです。自分と会社では考え方や見るポイントが違うので、後から虚偽記載だと言って揉めないように、ありのままの自分でアピールしましょう。そのためにも職歴を誤魔化さないという注意点はおさえておきたいポイントです。

履歴書の職歴で性格や生き方が分かる

履歴書を書く際の注意点で職歴を誤魔化す人は多いようです。辞めた理由をいちいち聞かれるのが面倒くさいという理由も多いようです。面接では会社側もできるだけ長く戦力になる人を採用したいと必死になっています。会社によっては、採用に職歴は関係なく、受け答えで合否を決めている会社も多々あります。コミュニケーション能力は現代社会では必須項目なので、採用においては職歴よりも重視している会社は多いのではないでしょうか。職歴が多くてマイナスだと言われても、逆にポジティブに受け答えをすれば、採用に向けた大きなアピールポイントになるでしょう。

履歴書を書く際の注意点③:充実した内容

履歴書を書く際の最大の注意点は、空欄を作らないことです。特に右側によくある項目として、趣味やアピールポイントを記載する項目は、ビッシリと埋める事です。面接で採用をもらうには、自分を売り込むのが一番大切です。履歴書で自分をアピールできなければ、会社で働くというチャンスを失ってしまうでしょう。やる時にはしっかりとやる人を採用したいと思いますよね。

空欄があるとやる気が見られない

面接官の立場に立った時に、履歴書を見て空欄がたくさんあったらその人にやる気を感じられないでしょう。履歴書を書く時の注意点として、空欄を埋めるのは必須です。空欄がたくさんある人とビッシリ書いて埋めてきた人では、後者の方がやる気を感じ、採用したくなるはずです。面接というアピールする場面で、最大限に自分をアピールできない人は採用したくはないでしょう。採用されたいなら、空欄をなくすという注意点はしっかり守っておきたいところです。

履歴書は職歴をごまかさずに記載!丁寧に内容を書く点に注意すれば採用が近づく

履歴書を書く際の注意点を説明しました。注意点をまとめると、面接官の気持ちになって記入するのが大切です。字にはその人の性格が出ますし、記入項目によっても生き方や性格を判断することができます。対面式の面接ではコミュニケーション能力も必要でしょう。面接を完璧にできる人はそうはいませんが、会社に入社したいという意気込みは相手に必ず伝わります。注意点をしっかり確認してから履歴書を作成し、面接というチャンスの場面ではしっかりと自分をアピールして採用に繋げていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】