2016年11月29日(火) 更新

大学病院の一般職に就きたい人が知るべき試験対策と就活方法

大学病院の求人は職種も様々

大学病院に勤務したいという方の為に、その就活の方法を解明してみましょう。大学病院は通常の企業と違います。では、どのようにして動けばいいのでしょうか?まずは、大学病院といえども国立、公立なのか、もしくは私立かで動き方が違ってきます。また医師、看護師など専門職であるか、一般職員であるかで募集要項も異なってきます。自分自身の目指す方向性や、立場や環境などを視野に入れて、就活を進めていくと良いでしょう。ここでは、一般職員に焦点をあて、就活の方法を見ていきましょう。

求人は大学病院や自治体に問い合わせる

まずは大学病院の、求人の探し方について、ご紹介していきます。ここでひとつ、間違ってはいけないのが、どの病院で働こうが「公務員」ではないという点を、念頭に置いておきましょう。
それぞれが国立法人・公立法人・学校法人といった団体で括られています。さらに詳しく見ると、国立は国立大学法人等職員採用試験、公立は各公立大学法人の採用試験、私立は各学校法人の採用試験をそれぞれに、受験しなければいけません。募集要項も管轄の自治体や、大学病院に配布しているものを取り寄せ、就活に役立てることをお勧めします。

大学病院の就活試験突破は簡単ではない

大学病院の試験内容を、さらに掘り下げてみましょう。前述で申し上げた通り、大学病院に勤務している状況は公務員ではありません。しかし、国公立に関しての試験内容は、国家試験二種レベルの内容となっているので、敷居は低くないと思われます。倍率も非常に高いので、付け刃で臨むことは避けておきましょう。まず、一次の教養試験、二次の適性検査、面接で内定となります。学校法人の場合は、必ずしもこの通りではないので、学校のホームページ等の公募状況を、確認しておきましょう。熱意ある方は、何度も受験をして大学職員の椅子を狙っています。それだけ人気の職種ということを、理解して就活を進めましょう。

併願を考えるのも一つの方法

一般職員の応募方法を細かく説明します。やはりこちらも、一次試験を受験するのは、勤務を希望する地域で、国立大学法人等職員採用試験に申し込みをしなければいけません。一次試験に合格すると、Webで合格者リストに公開されます。二次試験からは、他の大学病院の求人と併願することが許されます。ただし、希望する勤務地に限ることが条件となるので、希望の地域に大学の求人が複数出ていれば、併願を考えておくことも一つの手法だと考えられます。個別に大学訪問をしながら就活を行い、二次試験に臨みます。その後、二次試験を通過すると、内定を頂くことが出来ます。

大学病院への就活は情報収集がカギになる

大学病院の求人はそもそも、多くありません。就活をするにあたり、求人を探すところから始めなければいけない点を理解しておきましょう。求人に関する情報は、在学中、もしくは卒業校のキャリアセンター等で、試験概要などを確認して、OGやOBの受験情報を、根気よく収集すると良いでしょう。なぜならば、それだけ離職が低く、内部情報が身近に挙がらないのがこの業界の特徴だからです。少しでも就活に有利になるよう、情報は多く手に持っておきましょう。

大学病院が求める人物像を把握するのが大事

通常の就活と違い、求める人物像は医療従事者に特化した傾向にあると言えるでしょう。大学病院で必要とされている人物像を、十分に研究して就活する必要があります。先進医療を担う中で、探求心や研究の分野にも、興味があることが前提となります。清潔感や常識的な考え方も、チーム医療の他職種との連携から重要視されます。協調性のある人物だと、なお良いでしょう。

大学病院で働くには試験の併願を頭において情報収集に力を入れた就活をしよう

大学病院に就職したい、という熱意を持ち就活に臨むのには、多くの患者様のために働くことを目指す熱意に繋がっていきます。公務員試験に匹敵する、難関試験を突破し、晴れて大学病院に就職してからが、スタートと言えるでしょう。しっかりと業界研究を重ね、専門職員と連携を取りながら働く現場をイメージしながら、就活を行うのが良いと言えます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント