2019年12月12日(木) 更新

能力検査の種類と就活における対策方法について

適性検査には性格検査と学力検査の2種類ある

能力検査とは、就活における選考過程の一つです。適性検査には、性格検査と能力(学力)検査の二つに分類されます。能力検査だけが実施されるケースは少なく、総合検査(性格検査+能力検査)、もしくは性格検査のみが実施されるのが一般的です。「採用テスト」「筆記試験」「適性テスト」と呼ぶこともありますが、結局同じです。ある程度対策をしなければ、就活成功へはたどり着きません。

能力検査の結果を就活に活用しよう

就活時能力検査でチェックすることは、人間関係や仕事内容全般に関する適性です。就職活動している人が企業の社風に合っているのか、希望する職種の適性があるのか等について検証されます。能力検査を受けて、就活で自分がどんな仕事に向いているかを知ることによって、就活時の自己アピールも要点を押さえたものになります。能力検査とは就活の効率化だけでなく、就職試験の事前準備としても最適の検査となっています。

就活でよく登場する能力検査①SPI検査②玉手箱③GAB

能力検査には、よく会社の採用試験に使われる3種類があります。
①SPI検査、SPI検査とは、リクルートマネジメントソリューションズ社が作成した就職採用用のテストです。
②玉手箱、日本SHL社が作成した就職採用用のWEBテストです。
③GAB、日本SHL社が作成した、新卒総合職の採用用テストです。 知的能力(言語・計数)とパーソナリティについての測定します。 どれもネットや書籍で対策が行えます。

目的別にマイナーな能力検査も多くある

④CAB、日本SHL社が作成するテストで、SEやプログラマーなどに必要な能力を測る「コンピュータ職適正判断テスト」です。
⑤TG-WEB、ヒューマネージ社作成のWEB版キャリアパーソナリティ適性検査です。 ここ数年の間で実施企業が増えているテストです。
⑥内田クレペリン検査、内田クレペリン検査といい、ドイツ精神医学者のクレペリンが行った研究理論を元に、 内田勇三郎が更に研究して作業検査として確立させた性格検査のことを指します。目的別に就活の能力検査は数多く存在するのです。

対策本やセミナー参加で能力検査対策をしよう

数多くの就活参考書が販売されています。以下の2冊は、その中でも対策に有効な参考書といえるでしょう。 ・「テストセンター対応]これが本当のSPI3だ!【2015年度版】」(SPIノートの会) ・「最新最強のSPIクリア問題集 '15年版」(成美堂出版編集部)大学によっては、SPIの対策セミナーを開催していることがあります。現在は企業の採用試験としてSPIが多く実施されているため、大学も就職率向上に向けて力を入れているようです。 また、大学の他に外部セミナーへ参加する方法もあります。外部のセミナーは有料という場合がほとんどですが、短時間でポイントを教えてもらえる点は就活で効果的といえるでしょう。

能力検査対策には無料テストも活用しよう

無料テストが受けられるインターネットサイトを利用 SPIやWEBテストの対策を行いたいという就活生に、ぜひ活用してもらいたいのが無料テストです。インターネット環境があれば誰でも受けられますので、チェックしておきましょう。

WEBテスト対策の為の問題集をプレゼント

WEBテストの練習をするには、問題を多く解く必要があります。そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

就活生はネットで能力検査の傾向を調べ対策しよう

能力適正検査の対策は、問題の傾向に頭を慣らしておくことです。一般常識だからといって、「何もしなくても解けるだろう」といった考えは非常に甘いですよ!SPI試験問題集をよく見て下さい。国語といっても「同音異義語」や「反意語」に関しては久しぶりに勉強する…という方も多いかと思います。 ましてや算数には皆がつまずく、「旅人算」と「濃度」の問題が組み込まれています。SPIの対策本を繰り返し勉強しましょう!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント