2016年12月12日(月) 更新

アラビア語の習得を就職活動でアピールするコツ

アラビア語圏と商売している就職先ならそのスキルを活かせる

アラビア語を就職でアピールするなら、一番良いのはやはりアラビア語が活きるような進路です。アラビア語が活きる就職先といっても、通訳や翻訳家のようにそれを専門に扱うところではありません。もちろんそのレベルで戦えるアラビア語ができればそれでも効果的ですが、なかなかそうもいかないでしょう。なので、アラビア語圏と商売している就職先を選ぶのです。

アラビア語で商談ができれば就活では武器になる

アラビア語の習得を就職でアピールできるところは、石油関連企業などです。石油関連企業への就職であれば、アラビア語を利用してアラビア語圏の企業と取引をする機会もあります。そういうところでは英語などで取引することも多いでしょうが、アラビア語で商談ができれば取引先の印象が良くなることは確実です。なので、そういう企業への就職活動であればアラビア語の習得をアピールしましょう。

習得までの努力をアピールするのが大事

アラビア語を活かして就職していくためには、アラビア語を習得するまでの努力をアピールするという方法も有効です。アラビア語を習得するまでの努力は、決して簡単なものではなかったでしょう。それが就職活動で相手に伝われば、自分が努力出来る人間であることが伝わります。それは、あらゆる企業への就職活動においてアピールポイントになっていくのです。

数字を交えてアピールすると説得力が増す

就職活動でアラビア語を習得するまでの努力をアピールするためには、具体的な努力や苦労をアピールしていかないとなりません。具体的な苦労や努力の内容を交えないと、アラビア語が難しいということすらわかってもらえないので、どのくらい勉強したかなど、数字を交えて具体的にアピールしていってください。そうして就職活動を進めていきましょう。

何故アラビア語を学んだかもアピールになる

アラビア語を学ぶというのは、多くの人がチャレンジする事ではありません。ですから、あえてアラビア語を学ぼうと思った理由を就職活動で伝えて、しっかりとした意思に基づいて行動できる人間だというのをアピールするのが大切です。理由が想像しがたい事において、理路整然と理由を語れたら、それはきっと良い評価になるでしょう。

将来性を踏まえたしっかりとした理由が必要

しかし、そこには当然しっかりとした理由が必要になります。たとえばアラビア語の本が読みたいとか、友達にアラビア語圏の人がいたとか、そういう理由ではなく、もっと掘り下げた深い理由が必要です。就職でアラビア語を活かすためには以下のような例が効果的だと言えます。

「アラビア語を学ぶことによって、○○という理由で将来性があるアラブ地方で将来的にビジネスが出来る可能性が高まるから。」

アラビア語を就職でアピールするには活きる所を狙い習得までの努力を伝えるのがコツ

以上、アラビア語を就職でアピールするためのコツのご紹介でした。なかなかレアな言語であるアラビア語を活かして就職をしていきたいのであれば、こうしたコツを参考にするのが一番です。アラビア語が活きるところを狙うか、アラビア語の習得を工夫してアピールしましょう。そうでないと、アラビア語ができるというせっかくの個性が無駄になってしまいます。せっかくの個性を無駄にしないためにも、是非参考にしてみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 22年卒
  • 24年卒
  • 21年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

41556 view

おすすめの就活イベント